2月 202009
 

MBA戦略立案トレーニング
原田勉,東洋経済新報社,2003

「ビジネススクールの経営戦略コースさながらの分析ツール解説とケース演習」とのことだ.もちろん実際にビジネススクールに通ったことはないが,MBA,MOT,論理的思考関連の書籍を読んでいると,欧米のMBAやMOTのコースでは,講義はそこそこにして,とにかくケース演習をこれでもかというほど繰り返すと書いてある.確かに,本を読んだり,講義を聴いたりするだけでは,実践力は身に付かない.実際に,自分で考えること,ツールを使用することが重要だ.MBAやMOTのコースが目指すのは,その分野の研究者を養成することではなく,実際に作業できる人を量産することが目的であるから,演習が中心になるのは当然だろう.

本書で取り上げられているのは,わずかに5テーマのみ.各テーマに分析ツールが対応しており,順に,ポートフォリオ分析(PPMマトリクス),4C分析(顧客価値の分析),ビジネスシステム分析,戦略グループ・マップと業界構造分析,SWOT分析となっている.簡単な解説の後,テーマ毎に1つ例題があり,さらに演習問題が付いている.例題で分析のコツや手順を把握してから,自分で演習問題を解きなさいということだ.この演習問題をキチッとこなせば,力が付くことだろう.

文字も大きくて,分かりやすく書かれているので,非常に読みやすいし,実際すぐに読める.時間がかかるのは,演習だ.

目次

  • 資源分配としての経営戦略を考える − ポートフォリオ分析
  • 事業コンセプトをデザインする
  • 自社の強みと弱みを分析する − ビジネスシステム分析
  • 外部環境を分析する − 戦略グループ・マップ,業界構造分析
  • 戦略オプションを立案・選択する − SWOT分析
2月 202009
 

化学工学専攻の修士論文発表会および工業化学科プロセス工学コースの卒業研究発表会が終了した.

プロセスシステム工学研究室の学生の発表は素晴らしかったね.学生であれだけ上手に堂々と発表できれば何も言うことはない.よく頑張った!

発表会は3日間続くが,プロセスシステム工学研究室の発表の前日,最後に飛ばした檄の内容をメモしておこう.

修士の研究発表を見ていて気になったことを書いておきます.人の振り見て我が振り直せ.明日の発表,頑張ってね.

  1. 聴衆にケツを向けるな!
    終始スクリーンに向かって話している学生がいた.プレゼン態度としては最低.
  2. スライド探す必要があるのか?
    質疑応答では,きちんと質問を聞いてから対応すればいい.意味もなくスライドを移動させる奴がいる.
  3. やっぱり,ポインターを使うのは難しいか.
    ポインターで指すべき時に指すべき所を指している学生はあまりいないね.スライドを作成して,原稿を頭に入れるだけで精一杯かな.もちろん緊張もあるが,それを補うのが練習だ.だから50回やれと書いている(ウェブに).