3月 082009
 

土曜日のことだ.ダイニングテーブルで猛烈に仕事をしていると,長女3歳が近寄ってきた.

「パパ,早く片付けて.結婚遅くなったら嫌やし.」

テーブルの横にある7段飾りの雛壇のことを言っているのだ.広島へ出張していたため,雛祭は終わったのに,まだ雛壇を片付けていなかった.

パパ:「そうやなぁ.結婚遅くなったら困るから,明日片付けようか.」

長女:「うん.」

パパ:「○○ちゃん,結婚したいの?」

長女:「うん.」

パパ:「○○ちゃんは誰と結婚したいの?」

長女:「う〜ん.パパと!」

長男:「○○ちゃん,パパとは結婚できひんで!なぁ,パパ!」

パパ:「そうやなぁ.ママにパパと結婚していいか聞いてみ.」

長女:「ママ〜,パパと結婚していい?」

ママ:「ママにじゃんけんで勝ったらね.」

長男:「あかんで〜!パパ先に死ぬやん!なぁ,パパ!」

パパ:「そうやけど,そんなに早く殺さなくてもいいんと違うか?」

子供の発想は本当に面白い.