3月 212009
 

なぜ,学会賞や研究賞の記念講演を,全部まとめて3日目に,同一会場で開催するのか.記念講演が,同じ分野の一般セッションと重複してしまっている.一般セッション参加者は記念講演を聴けないし,記念講演を聴くには通常セッションを無視しないといけない.一体,誰のための記念講演なのか.

このような状態を何年も続けて,誰も問題意識を抱かないわけ?全く信じられない.

受賞記念講演は,当該分野の一般セッションと重複させるべきではない.むしろ,一般セッションに組み込む方がよい.

それができないルールになっているなら,ルールを変えればいい.誰のためのルールなのか.それを考えれば答えは出るだろう.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>