3月 302009
 

昔から,大学の講義はろくなものではないと言われてきた.やる気のない教授が原因だ.最近では,FD(Faculty Development,大学教員の教育能力向上)が叫ばれている.しかし今,二流教員が御祓箱(おはらいばこ)になる日が近付いてきている.

世界一流の講義を「YouTube EDU」で検索,閲覧できるからだ.

「あの先生の講義に出るくらいなら,TouTube見てた方がよくない?」

「だよね!」

ということだ.講義に出てきた学生がノートパソコンで「YouTube EDU」を見ているかもしれない.もしそうだとしたら,学生を批判する前に,自分の講義を見直そう.

YouTube、全米大学の講義ビデオを集めた「YouTube EDU」を開設

Google傘下のビデオ共有サービス「YouTube」は米国時間2009年3月26日、サイト内に全米の大学の動画コンテンツを集めたサイト「YouTube EDU」を開設した。講義の録画や学校紹介など、各大学が公式に投稿した多量の動画を閲覧/検索できるようにしている。

マサチューセッツ工科大学、イェール大学、スタンフォード大学など、全米の100以上の大学の講義チャンネルの動画を1つのサイトに集約した。大学別の動画一覧や、再生回数が多い動画、チャンネル登録が多い動画を検索できるほか、同サイト内だけを対象とする検索も可能である。

日経BP社,2009年3月30日)

えっ,「YouTube EDU」は英語だから,日本語しかできない学生には日本語のできる教員が必要だって? 確かにその通り.素晴らしいニッチ戦略だ.言葉の壁は,関税障壁なんかよりも遙かに高い.

しかし,日本国内でも二流教員はうかうかしていられない.いまや,多くの大学でオープンコースウェアとして講義が公開されている.オープンコースウェアは,元々,マサチューセッツ工科大学(MIT)が始めたものだが,確実に広がりつつある.さらに,大学によっては,講義資料の公開のみならず,講義そのものを配信しつつある.例えば,Podcastでの配信がそうだ.iPodがあれば,誰でも無料で講義を受けられる.

当然ながら,京都大学もオープンコースウェアに取り組んでいる.2008年には,Google傘下のYouTubeとコンテンツパートナーシップを結び,「YouTube 京都大学オープンコースウェア」を公開した.YouTubeとの提携は,国立大学としては日本で最初だったらしい.なかなか,やるじゃん.

えっ,いまどきの出来の悪い学生は自分でオープンコースウェアなんて見に行かないって? 確かにその通りかも.世の中のニーズは多様ってことか.まだまだ,二流教員にも活路はあるかな.

さて,今後,日本の大学教育はどのようになるのか.英語で講義をやれという圧力が強まりつつあるが,英語の下手な教員が英語の分からない学生に英語で講義をするのは大変に決まってる.自分で講義なんてしないで,代わりに「YouTube EDU」を学生に見せるなんてことになるかもね.