3月 312009
 

「非常勤職員5年でくび」に反対しストライキ

というタイトルのメールが送られてきた.差出人は,京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシーの二人.時計台前の楠の下でストライキをしているそうだ.京大の時計台や楠というと,福山雅治と柴咲コウが出演していた「ガリレオ」に毎回登場していたのでお馴染みだ.

非常勤職員を「5年でくび」にしようとする、いわゆる5年条項に反対し、これまで1ヵ月以上にわたってテントを張り、泊り込みの抗議活動を行ってきました。この間、大学に対して、団交の開催を申し入れてきましたが、当局はこれを拒み続けました。そればかりか、正当な労働争議行為であるこのテント村を、強制的に撤去するとまで予告してきているのです。

メールによると,5年条項に反対してストライキをしているとのことだ.この5年条項については,次のように書いてあった.

5年条項は、2004年の法人化に伴って創設されたルールです。今後雇う非常勤職員については、通算5年で雇い止めを行う、という規定を大学は作ったのです。1年契約、更新4回まで。2010年度はその最初の5年目にあたる職員がでる、それを予定通りくびにすると発表したのです。つまり毎年毎年、自動的に大量解雇をしていくということです。

この5年条項が大学の教育・研究現場に大きなダメージを与えることは確実だ.世間一般には認識されていないかもしれないが,大学なんて,非常勤の方々に支えられて成り立っている.研究室の運営にしても,いわゆる秘書の人達が,経理を含めたあらゆる事務作業を一手に引き受けてくれている.実際,秘書さんが休むと,研究室の事務が動かなくなる...超煩雑な事務処理をこなせるようになるのは結構大変だ.そのため,少しでも長く勤めて欲しいと願う教員は数多いに違いない.図書とかも同様.いかに多くの非常勤の方々に助けられていることか.

状況を整理しよう.非常勤職員は「5年でくびにするな」と訴えている.常勤職員も「5年でくびにするな」と願っている.さて,一体どこに利害が衝突する要素があるのか? 誰が何のためにやってるんだ? 好い加減にして欲しいものだ.まったく...

自戒: 誰のためにもならないことをするような人間にだけはならないぞ!