4月 062009
 

カルチャーショック ハーバードvs東大─アメリカ奨学生のみた大学教育─
ベンジャミン・トバクマン,大学教育出版,2008

まず第一に,アメリカ人でこれだけの日本語が書けるのかという衝撃を受けた.多くの日本人学生には無理なのではないかと危惧してしまう.外国語で書くことがではなく,母国語である日本語でさえという意味で.誤解のないように念のため.

著者は米国ハーバード大学卒で,神戸大学と東京大学で学生として過ごした経験を持つ.その経験に基づいて,アメリカを代表するハーバード大学と日本を代表する東京大学との違いを指摘している.要約すると,「東大は全然ダメ.社会のリーダーを育成する一流大学として,ハーバードが断然優れている.」ということになるだろう.ハーバードが優れていることは,こういう本を日本語で書ける学生を確かに排出した事実からもうかがえる.何でもアメリカの真似をさせようとするアメリカ至上主義なアメリカ人や,何でもアメリカの真似をしようとするアメリカ至上主義な日本人は本当に勘弁して欲しいし,アメリカの大学が日本の大学よりも全面的に優れているとは全く思わないが,本書で指摘されている東京大学の欠陥については,当事者は真摯に検討するべきではないのか.的を射た指摘が数多くあると感じた.著者の指摘のいくつかを見ておこう.

「社会のことはどうでもいい」と思う人は,きっぱりとハーバードに断られる.ハーバードに受かりたいならば,取りあえず,ボランティア活動をやってみることをお勧めする.こうして,志願書の「課外活動」という欄に書けるものが増えて受かりやすくなる.それとともに,有意義な経験を積むことだろう.

ハーバードは,学生に社会の役に立って欲しいので,志願者のボランティア活動を重視する.それに,合格者のボランティア活動も支援している.ハーバード大生は大学からもらった手当で,老人ホームに演奏しに行ったり,貧しい生徒をキャンパスに誘って,無料で教えたり,ホームレスが泊まれる宿を管理している.

統一試験では,志願者の受験力しか測れないとハーバードは認めている.実践力があるかどうか,勉強意欲があるかどうか知りたいなら,別の尺度を使わなければいけない.つまり,課外活動として何をやってきたのか,高校の成績はどうだったのか,それも考慮に入れるべきなのだ.積極的に,社会のためになる活動を行わなかった志願者は,満点取れても,門前払いされるわけだ.何よりも点数を優先する学生が将来,賢明なリーダーになるとは思えないからだ.

東大は入学試験を通じて,「頭の良い」学生を求めている.しかし,そのような学生が自分の利益だけでなく,社会のために頑張ってくれるだろうか?

まず,どのような学生に入学して欲しいと意思表示しているかという点についての違いだ.東京大学を筆頭に日本で世間体のよい大学では,「ペーパーテストで点を取る能力」のみが評価される.これは誰もが知っている事実であり,世論もそれで良いとしている.だからこそ,浪人の存在が社会的に許容されるわけだ.一年間,ペーパーテストで少しでも高い点を取れるようになることを目指して,日夜努力するわけだ.そして,その努力を大学が認める.偏狭であっても全く不思議でない,そのような浪人を大量に合格させる,つまり,そのような浪人が東大に相応しい志願者だと判断しているのが現状だ.著者は,「浪人の社会に対する貢献はゼロだ.「浪人制度」はお金持ちに偏っているだけではなく,志願者の社会問題への関心を薄め,大学の創造力も国の国際競争力も弱めることになる」と痛烈に批判している.

本書では,「人間性を押し潰す入学制度」という節を設けて,日本の大学入試制度の問題点を指摘しているが,日本の大学入試制度を批判しているのは外国人ばかりではない.宇沢弘文はその著「日本の教育を考える」(宇沢弘文,岩波書店,1998)において,センター試験も含めて,日本の非人間的な大学入試制度を痛烈に批判している.

続いては,大学での講義についての比較だ.

ハーバードの教授は質問を通じて教えている.学生に問いかけて,考えさせて,発言させて,教えている.しかし,学生から反対されない東大の先生は違う.彼らは答えを通じて教えている.つまり,学生に新しい情報を与えて,教えているのだ.情報を与えることは大変重要だけれど,議論を犠牲にして与えてしまうと,学生は自立的に考えられない.

ハーバードではあり得ない話だ.80%の学生が予習しないことはまずない.発表中に先生のコメントをもらって反応しない学生はまずいないだろう.それから,エアコンの音より小さい声を出して,自分のアイディアよりも要約に時間をかけて説明する学生もいない.先生が勝手に授業をキャンセルして,後で埋め合わせなかったら首になる.

東大の先生は学生のために教えようとしているのに,実は,自分のためにしか教えていないと言える.東大の組織は「先生は神聖な存在だ」という前提で動いているので,当然ながら学生の発言を,アメリカの大学ほど重視していない.残念ながら,学生が活発に参加できていなければ,授業は単なる時間の無駄となる.

日本の大学の講義が劣悪なことは周知の事実である.今更感が漂う指摘だが,それでも良くならないというのが凄い.教育の質を保証するための認証制度もあるが,認証を得るための書類作成に莫大な人的資源を注ぎ込むことになり,それで教員は疲労困憊という,本末転倒なことになっているように見える.教員だけの問題ではなく,学生も酷い.しかし,その酷い学生を量産しているのは日本の教育制度なので,やはり,教育の再興が望まれる.

大学の教員も学生も本書を読んで,正すべきところは正していけば良い.

そのとき,いきなり周囲を変えようなどと思わなくてもいい.まず,自分が変わることだ.自分が変化すれば,その結果として,環境も変化する.そのことを心に留めておこう.

  6 Responses to “カルチャーショック ハーバードvs東大─アメリカ奨学生のみた大学教育─”

  1. こんにちは
    シリコンバレーで起業してらっしゃる方のブログに,同じようなテーマ
    についての記事があったので紹介します.

    [渡辺千賀]テクノロジー・ベンチャー・シリコンバレーの暮らし
    大学入試で評価するコトの日米格差
    http://www.chikawatanabe.com/blog/2006/11/post_6.html

    リアルなアメリカの様子が伝わるエントリがたくさんあり,とてもために
    なるブログです.おすすめです.

  2. nkmrさん,ブログの紹介ありがとうございます.拝見しました.外国で一旗揚げようという人達のパワーは凄いですね.

    「ペーパーテストで点を取る能力」しか評価しない日本の入試制度は最適ではないと信じますが,一方で,アメリカの入試制度も,この本の著者が絶賛するほどのものではないでしょうね.アメリカの受験生は,ボランティア活動という名の,受験に有利に働く活動に,自己中心的な動機から取り組んでいるだけとも言えますから.

    これは,心理学でいう統制であり,デシ博士のいう内発的動機づけを低下させる方法にあたるのではないかと思います.受験を有利にするためのボランティア,税制で促進される多額の寄付.それほど褒めるに値するとは思えません.もちろん,日本の大学運営者や政治家には,そういう統制の活用すら実現する能力がないようなので,そういう意味でアメリカは凄いと思います.

    ボランティアに関しては,敬虔なキリスト教徒(原理主義者は除く)の方々の態度は素晴らしいです.頭が下がります.アメリカに一年ほど滞在した際に大変お世話になった米国人一家がまさに敬虔なキリスト教徒でしたが,本当に素晴らしい人達です.純粋にボランティアに携わっておられる方々は,日本にも米国にもいるでしょう.

    なお,日本の大学における教授方法には改善の余地がありまくりというのは確かです.日本の国力というものを考えると,今後さらに問題視されると思います.

  3. [...] Chase Your Dream ! ? カルチャーショック ハーバードvs東大アメリカ … [...]

  4. アメリカの「名門」大学留学を提唱しているmantisと申します。
    数年間アメリカの大学を観察して思ったのは、日本の大学のUndergraduateについてもUS News&World Reportのようなランキングが必要だということです。日本の大学のUndergraduateの評価についての議論は極めて抽象的であり散文的であり、主観的です。高校生が進学先を決めるにあたって参考にできるものが存在しません。また往々にして、UndergraduateとGraduateを区別しない議論が横行しています。

    現在あるのは予備校が模擬試験のデータを基に作成した偏差値ランキングですが、それだと入学希望者のランキングに過ぎません。「在籍している学生」に関するデータをもとにしたランキングは日本には存在しません。大学の教育の質に関するランキングがないのです。

    US Newsのランキングをご覧いただければお分かりいただけると思いますが、「基礎的」データが使用されています。教員一人当たりの学生数、20名未満のクラスの割合、50名以上のクラスの割合、親友製が2年目にも在籍している割合、5年以内で卒業する学生の割合、高校の成績が学年10%以内であった者の割合、SATの成績などです。

    学生の質貴研究所で取り組みをご検討していただけないでしょうか?

  5. 荒っぽく言うと,日本は,どの分野にしても,事実(数字)に基づいて議論しない傾向にあると思います.感情が先立つというか...

    でも,流れとしては,きちんと情報を開示していく方向に動いていると思います.願わくは,それで教員の事務作業負担を増やさずに,もっと教育と研究に専念できるようにして欲しいですが.

  6. 排出したというのは深読みポイントでしょうか?

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>