4月 182009
 

先日,「研究・技術・自分のマネジメント」をテーマとする講義を開講すると書いたところ,肝心の学生ではなく,むしろ社会人の方々から反響があった.参考までに公開した資料を読み,自分の考え方が正しいかどうかを尋ねてくれた人や,続きの公開を望むという人など様々だ.

今週は,「ハイブリッドカーに乗るべきか」について学生に議論してもらった.事前に,みずからの賛否を明確にし,理論武装してくるようにと受講者に促したところ,講義開始時点での賛否は半々だった.この事実からも,ハイブリッドカーも含めて,環境関連の問題が本当に難しいことがわかる.

講義では,私はファシリテータ役を務め,学生に議論をしてもらいながら,論理的に考えるためのコツや注意すべき点を指摘した.90分では議論を尽くせたとは言えないが,全員が納得できる一応の結論を得た.

講義ノート(学生には配付していない)を公開しておこう.