5月 022009
 

ノースウェスト航空NW25便にて,デトロイト空港から成田空港へ到着した.

到着前に,乗客全員に調査票が配付され,記入を求められる.記入するのは,氏名,国籍,性別,生年月日,パスポート番号,到着月日,便名,座席番号,滞在した国名,連絡先,発熱や咳などの症状の有無,など.旅行者は旅程を詳細に報告する必要がある.ちなみに,調査表には豚インフルエンザ(swine flu)とは一言も書かれていない.あくまでも,インフルエンザ一般を想定した調査票になっている.

成田空港のゲートに到着後も座席に座っているように求められ,しばらく待つと,完全装備の検疫官が多数,飛行機に乗り込み,乗客全員を一人ずつ検査していく.体温を測定しているのだろう.

検疫官による豚インフルエンザ感染検査@成田空港
検疫官による豚インフルエンザ感染検査@成田空港

検査後,機内で乗客全員にマスクが配付された.昨日利用したワシントンのリーガン・ナショナル空港,本日利用したプロヴィデンス空港とデトロイト空港でも,マスクをしている人は見掛けなかった.ところが,日本に到着すると状況は一変.多くの人達がマスクをしている.実に不思議だ.

それでも,グロトンのCVSでマスクが売り切れていたくらいだから,確かに米国でも需要は高まっているに違いない.USA TODAYにも,3Mかどこかがマスクの増産を開始したと書いてあった.

検疫官によるマスク配付@成田空港
検疫官によるマスク配付@成田空港

インフルエンザだから,潜伏期間は1週間くらいだろうか.そうであれば,かなり高い確率で空港での検査は通り抜けてしまうことが予想される.このため,調査票を提出した乗客に対して,地域の保健所から健康状態の確認があるそうだ.

さて,今回の新型インフルエンザは「豚インフルエンザ(swine flu)」と呼ばれているが,これは誤解を招くとして,名称変更が試みられている.ホワイトハウスなどアメリカでは「H1N1型インフルエンザ」,その他では「北アメリカインフルエンザ」,イスラエルでは「メキシコインフルエンザ」などと呼んでいるそうだ.

確かに,「豚インフルエンザ(swine flu)」という呼称は誤解を招く.誰しも,「豚が悪い」と思うだろう.豚肉は買わないし,食べない.さらに行き過ぎると,鳥インフルエンザのときのように,飼育されている豚を処分するという話にまで発展しかねない.実際,エジプトでは処分したとか.科学的には意味がないにもかかわらずだ.まさに風評被害とでも呼べるような状況にある.苦境に立たされている養豚業界は,「北アメリカインフルエンザ」でも「メキシコインフルエンザ」でも歓迎するという声明を出しているそうだ.一方,メキシコ政府は,「メキシコインフルエンザ」という呼び方をしないようにと,イスラエルに申し入れたらしい.経済に多大な悪影響が出ることは必至のため,メキシコ政府も苦しいところだ.

WHOが豚インフルエンザのレベルをパンデミック(Level 6)の1つ下(Level 5)まで引き上げたというニュースが,USA TODAYの一面にあった.香港インフルエンザ以来といわれる今回のインフルエンザの流行だが,早期の事態収拾が望まれる.

ちなみに,この機に乗じて販売される怪しげなマスクを買ったりするくらいなら,石鹸での手洗いとうがいをこまめにすることだ.それが一番の予防策になる.

5月 022009
 

ロードアイランド州プロヴィデンスの空港に到着した.ここからコネチカット州グロトンまではタクシーを利用する.およそ60 マイルの道のりだ.I95を南下して約1時間かかる.当初はレンタカーを利用するつもりだったが,N氏が所属する会社の規定によりレンタカー利用が認められないとのことで,タクシーになった.

黄色い車体の空港タクシーを使うが,長距離のため,Flat Rate(均一料金)が適用される.ドライバーが会社に確認したところ,150ドルとのことだ.グロトンにはほとんど行ったことがないというドライバーが取り出したのは,ポータブル・カーナビゲーション・システム.フロントガラスに取り付けて使用するタイプだ.携帯電話タイプの音声だけのナビゲーションではなく,ちゃんとディスプレイ表示もしてくれる.ドライバーが行き先の住所を入力すると,ナビゲーションが始まった.いや,それは結構なことだが,カーナビの取り付けを走行中にしないでもらいたい.

宿泊するHampton Inn Groton/Mysticには午後4時頃に到着した.ホテルはインターステートの出口近くにあり,隣にApplebee’sというレストランがある他は,徒歩圏内には何もなさそうだ.

チェックインをしていると,ちょうど,ファイザー(Pfizer)のGlobal Research & Developmentに勤めるM氏から電話がかかってきた.「今からオフィスを出てホテルに行きます.5分か10分でつきます.」とのことだ.荷物を部屋に入れて,ロビーでM氏を待つ.

久しぶりに再会したM氏に,グロトンの街を案内してもらい,その後,日本食レストランで食事をした.直近1週間ほどの睡眠不足のためか,ビールを飲んで酔っぱらった私は,ウトウトと眠っていたので,製薬業界のM氏とN氏が専門的な話で盛り上がっていた.N氏によると「非常に有益な情報交換ができました」とのことだったので,はるばるグロトンまで来た甲斐があったのだろう.もちろん情報交換の内容は秘密だが,QbD(Quality by Design)やPAT(Process Analytical Technology)関連だ.

夕食後,ドラッグストアのCVSに寄っていただいた.日本で大騒ぎになっているらしい豚インフルエンザ(swine flu)対策として,「帰国便ではマスクをして」という彼女からの要望に応えるためだ.ところが,店内にマスクが見あたらない.店員に確認すると,なんと売り切れ(sold out)だという.空港でも,街でも,レストランでも,マスクをしている人なんて一人も見掛けたことがないのに!?

実際,新聞やニュースでは豚インフルエンザ(swine flu)が取り上げられているが,そしてマスクをした市民の写真や映像が映し出されているが,バルチモア,ワシントン,そしてグロトンと,マスクをしている人は全く見掛けなかったし,豚インフルエンザ(swine flu)の話題を耳にすることもなかった.

さて,グロトンの近くには海軍基地があり,潜水艦がうようよしているそうだ.このため,メインストリート沿いにいくつか店がある.洋服,雑貨,玩具など.海軍グッズを扱うマニアックな店もあり,思わず最初に入ってしまった.

そして,いよいよ米国滞在の最終日.タクシーでグロトンからプロヴィデンスに戻る.今回はホテルにタクシーを手配してもらったのだが,このタクシー会社のFlat Rateは110ドルだった.空港タクシーは割高のようだ.