5月 072009
 

先に書いたとおり,長男5歳が昆虫や宇宙(星)に興味を持ちはじめ,道具が悪いために自然への興味を失うようなことがあってはならないと考えて,昆虫観察もできる合焦距離が短い双眼鏡と,子供向けの優良な天体望遠鏡を購入することにした.

今回は,天体望遠鏡の選び方についてメモしておく.

天体望遠鏡選びの鉄則

素人の私が天体望遠鏡の選び方を語ることに全く意味はないので,様々なサイトで勉強したことを,鉄則としてまとめておく.良い天体望遠鏡の選び方は,先に書いた「良い双眼鏡の選び方」と全く同じだと言ってよい.詳細については,後述のリンクが参考になるだろう.

鉄則1: 使用目的(何を見たいのか)を明確にする

鉄則2: 市販品のほとんどは粗悪品,高倍率は高性能でない

鉄則3: 光学系の総合能力が大切,信頼できる製品を選ぶ

鉄則4: 対物レンズ有効径(口径)が大きい天体望遠鏡を選ぶ

鉄則5: 架台と三脚がしっかりしたものを選ぶ

鉄則6: 使わなければ意味がない

子供と一緒に楽しめる天体望遠鏡を選ぶ(1)

月の小さなクレーターまでハッキリ見たい,土星の環を詳しく見たい,木星の縞模様や大赤斑を見たい,などが目的なら,とりあえず,対物レンズ有効径(口径)80mm以上でないと話にならないようだ.その上で,上記の鉄則に従えば,予算から購入候補は絞られてくる.初心者であれば,ビクセンのポルタII A80Mfを買っておけ.これが結論.これなら間違いようがない.実売価格は4〜5万円.ただし,鏡筒,経緯台,三脚を含めた重量は9kgを超える.幼稚園児である長男5歳が扱えるはずもない.大人の初心者向けだ.

もっと軽量の手軽な天体望遠鏡となると,口径が70mmに落ちるが,同じくビクセンのミニポルタA70Lf(5.3kg)やミザールのMT-70R(4.1kg)あたりが有力候補となる.実売価格は2〜3万円.

最初は,このクラスの天体望遠鏡の購入も考えたのだが,幼稚園から小学校低学年くらいの子供に適した道具かと考えてみると,どうもスッキリしない.本当に土星や木星を綺麗に見たいのであれば,天文台で開催される観望会に出掛けたら良いわけで,天体マニアでもないのに,高額な道具を揃える必要はないだろう.子供と一緒に楽しめるという観点からは,普段から目にしている月の,肉眼では見えないクレーターを見て,「おーっ,凄いねぇ!」なんて言えれば十分ではないだろうか.その上,土星の環が見えれば,もう100点満点だ.

このような観点で色々と調べていくうちに,星の手帖社が発売している「組立天体望遠鏡」を発見した.この組立天体望遠鏡は,世界天文年2009日本委員会公認製品で,ガリレオが宇宙を初めて観察したものと同程度の小型望遠鏡を安価に制作してアジアを中心とした各国の子どもに配布し,かつてガリレオが体験した驚きや発見の追体験をめざす「君もガリレオ」プロジェクトにおいて,「君もガリレオ」望遠鏡として採用されている.口径40mmのアクロマートレンズを使用した,15倍と35倍の2種類の倍率の組立天体望遠鏡が販売されており,定価はそれぞれ1,580円と2,880円だ.

この簡易な組立天体望遠鏡でも,月のクレーターを見ることができるらしい.さらに,天体望遠鏡を自分で組み立てるという作業も経験できる.ものづくりの楽しさを知るという観点からも実に興味深い.というわけで,この2種類の組立天体望遠鏡を購入することに決めた.大いに楽しめそうだ.

子供と一緒に楽しめる天体望遠鏡を選ぶ(2)

しかし,「組立天体望遠鏡 35倍」の商品説明には「倍率が35倍で土星の環が分かり,プレアデス星団・アンドロメダ座大銀河・オリオン座大星雲などの天体観察ができる」と書かれているものの,もう少し本格的っぽい天体望遠鏡が欲しいというのも確かだ.流石に口径40mm,焦点距離273mmというのは低スペックだろう.最初に書いた口径80mm以上の半分しかないのだから.

そこで,さらに,安価かつコストパフォーマンスの高い,本格的っぽい天体望遠鏡がないものかと調べてみると,あった.スターライト・コーポレーションスコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)がそれだ.販売価格は7,980円で,重量は三脚も含めて1.5kgしかない.激安だが,極めて良心的な作りで,世界天文年2009日本委員会が選定した世界天文年セレクションの望遠鏡部門でフレンドリー賞を受賞している.スコープテック・ラプトル50の兄貴分にあたるスコープテック・アトラス60(23,800円)は,先述の定番天体望遠鏡であるビクセンのポルタII A80Mfと共に,同ビギナーズ賞を受賞しており,スターライト・コーポレーションの実力が伺える.

インターネットで色々と調べた限りでは,スコープテック・ラプトル50およびスターライト・コーポレーションの評価は極めて高い.実際,スターライト・コーポレーションのウェブサイトを見ると,天体望遠鏡への熱い想いが伝わってくる.アフターサービスへの取り組みも素晴らしい.ウェブサイトには次のように書かれてある.

弊社では、各商品ページに左のようなマークをつけて、その隣に星の見え方の詳細を書き、星がどのように見えるのかを保証します。

しかし、いくら良い道具でも使いこなせなければ意味がありません。だから弊社は、ご購入後のサポートもお約束します。使いこなせるまで、徹底的にお付き合いします。「うまく組み立てられない」から「土星は今どこに見えるの?」まで、お気軽にご相談ください。とはいうものの、遠い地方からでは、電話代もバカにならない、、、しかし、日本全国どこのお客様も同じようにサポートしたい。そこで考えたのが、フリーダイヤルです。

ご購入後もフリーダイヤルとEメールで、北海道から沖縄まで、無料でサポートいたします。

以上の理由で,スコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)スターライト・コーポレーションから7,980円で購入することに決めた.

念のために繰り返しておくが,幼稚園の年長さんである長男が今後数年間使うとすればという観点から,スコープテック・ラプトル50がベストと判断した.子供が小学生高学年以上なら,スコープテック アトラス60天体望遠鏡セット(屈折式経緯台)(23,800円)やScopetech & Mizar SL-70R 天体望遠鏡セット(29,800円)を選ぶだろう.価格が3〜4倍に跳ね上がるが,このクラスの天体望遠鏡が年齢相応と思われる.

小さな子供に7,980円の望遠鏡を買い与えることについては,1)ガラクタにしかならない数千円の玩具を買い与えることに比べれば遙かに教育的効果が高い,2)大人も童心に返って十分に楽しめる,3)これ以上の価格になると故障が怖くて子供に触らせられない(本末転倒),と考えている.

参考にさせていただいたサイトへのリンク集

最終的に,スコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)を選択するまでに参考にさせていただいたサイトを紹介しよう.

最後に,どうでもよい話かもしれないが,2009年は土星の環がなくなる.というか,地球から見ると環が水平になるので,薄い環が見えにくくなるそうだ.あと,日本の一部で皆既日食が見られる.既に,日食を見るための専用眼鏡を手配した.

5月 072009
 

先に書いたとおり,長男5歳が昆虫や宇宙(星)に興味を持ちはじめ,道具が悪いために自然への興味を失うようなことがあってはならないと考えて,昆虫観察もできる合焦距離が短い双眼鏡と,子供向けの優良な天体望遠鏡を購入することにした.

今回は,双眼鏡の選び方についてメモしておく.

双眼鏡選びの鉄則

素人の私が双眼鏡の選び方を語ることに全く意味はないので,様々なサイトで勉強したことを,鉄則としてまとめておく.詳細については,後述のリンクが参考になるだろう.

鉄則1: 使用目的を明確にする(美術館,スポーツ,星空で同一製品がベストなわけがない)

鉄則2: 低倍率(10倍以下)を選ぶ,ズームは論外

鉄則3: 光学系の総合能力が大切,信頼できる製品を選ぶ

鉄則4: 許容できる大きさ,重さ,価格の範囲内で,対物レンズ有効径(口径)が大きい双眼鏡を選ぶ

鉄則5: 使わなければ意味がない

子供と一緒に楽しめる双眼鏡を選ぶ

オールマイティな双眼鏡としては,倍率が8倍程度,対物レンズ有効径が30mm以上の双眼鏡が良いとされているようだ.まず,このクラスの双眼鏡をザッと眺めてみたのだが,大きすぎるし,重すぎる.気軽に鞄に忍ばせてなんて不可能.双眼鏡初心者で,ものぐさな私にとって,このサイズと重量は,鉄則4と鉄則5に照らして採用不可能と判断した.小さな子供が利用することを考えても,重量500g超では話にならないだろう.

そこで,倍率が8倍程度,対物レンズ有効径が20mm台の双眼鏡を候補とすることにした.ペンタックスのタンクロー(小型,210g),ニコンのトラベライトEX(全天候防水型,355g)やスポーツスターEX(広角視界,280g),キヤノンの防振双眼鏡8×25 IS(手ブレ補正機構,490g)などが評判も良さそうだ.

キヤノンの防振双眼鏡は,ユーザの評価が非常に高く,高倍率で手振れに悩まされることは確実なため,とても魅力的だ.しかし,490gという重量と2.5万円を超える価格は,鉄則4と鉄則5に反する.また,他の機種に関しては,広角であったり,防水であったり,小型軽量であったりと,それぞれに魅力があるのだが,「だから持ち歩くか?」と自問してみると,「?」となってしまう.

「だから持ち歩く」と言える何かが欲しい.そんな想いで行き着いたのが,PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)だ.驚くべきは,その短焦点距離で,なんと50cm.他の候補がのきなみ250cm以上であるから,その差は歴然としている.そもそも,自然に興味を持った長男5歳と一緒に使いたいというのが購入動機で,長男が昆虫を観察したいと言っていることを考えると,近距離での昆虫観察もできるPENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)は実に素晴らしい.鉄則1に照らして,これしかないという双眼鏡だ.重量も290gとコンパクト機として標準的で,価格も約1万円と妥当なレベル.ユーザの評判も非常に良い.

以上の理由で,PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)を,最安値10,800円にてAmazonで購入した.

PENTAX Papilio 6.5×21の仕様

製品名 Papilio6.5×21
倍率 6.5倍
対物レンズ有効径 21mm
実視界 7.5°
見掛け視界 49°
1000m先での視界 131m
焦点調整範囲 約0.5m〜∞
本体サイズ 114×110mm
厚み 55mm
質量(重さ) 290g

参考にさせていただいたサイトへのリンク集

最終的に,昆虫観察もできる双眼鏡として,近距離双眼鏡PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)を選択するまでに参考にさせていただいたサイトを紹介しよう.

双眼鏡は天体観望(星空を眺めたり,星雲や星団を見たり)の道具としても人気があるが,この場合は口径50mm超が候補となるなど,今回の購入目的から大きく外れてしまうため,関連サイトは除外してある.普段使い用の双眼鏡が欲しいときの参考サイトを挙げておく.

双眼鏡の選び方(初心者向け)

まず,倍率について,「手持ちで使用する双眼鏡の倍率は10倍以下にすべきだ.初心者には5〜8倍程度が向いている.」と書かれている.その理由は以下の通り.「倍率が高いと見える範囲が狭くなるのと,対物レンズから取り入れる光の量に比べて倍率が高いと倍率の二乗で暗くなってしまうのだ.またちょっとでも手が動くと見ている対象が大きく動いてしまい,時には視野からいなくなってしまう.高倍率にはこのような欠点がある.」

その上で,あれにもこれにも利用したいという場合,比較的万能な双眼鏡として,8×30,8×32クラスの双眼鏡が薦められている.「初めて双眼鏡を購入するのに向いている万能型の道具だ」とのことだ.

さらに,超高級機,高級機,中級機,割安機に分類して,個別の双眼鏡が推奨されている.数多くの双眼鏡を所有しているマニアの視点から,初心者向けに書かれているので,双眼鏡を選ぶ際には一読の価値がある,

双眼鏡愛好会・初心者のための双眼鏡の選び方

「初めての双眼鏡が粗悪品だと,双眼鏡という品に絶望すら感じてしまいます.少し覗いただけで頭が痛くなり,見た目も肉眼のほうがマシだった.そんな双眼鏡も少なくありません.むしろ,そんな双眼鏡のほうが大勢を占めているといってもいいほどです.そんな道具では,双眼鏡の楽しさなんて絶対に分かりません.」

絶対に買ってはいけない双眼鏡として,安物双眼鏡(数千円のはダメ),高倍率の双眼鏡(手持ちなら10倍以上はダメ),ギラギラ色付きレンズ双眼鏡,ズーム双眼鏡,怪しいブランド双眼鏡が挙げられ,「要するに,一流ブランドで倍率の低い双眼鏡を選べば問題がない」とまとめられている.

さらに,10mm台,20mm台,30mm台,40mm台,50mm台,70mmクラスと,対物レンズ有効径(口径)ごとに選択ポイントや推奨機が紹介されている.その他,双眼鏡入門など基本知識を学ぶこともできる.キヤノンの防振双眼鏡ISが絶賛されている.

ニコンの双眼鏡 – Viva Nikon binoculars!

ニコンの双眼鏡に焦点をあてたサイトだが,双眼鏡の用語で基礎知識を身に付けられることに加えて,他メーカーも含めて複数の双眼鏡について分かりやすく説明されている.「一芸に秀でた双眼鏡としては,このパピリオを忘れてはならないだろう」として,PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)が紹介されている.近距離双眼鏡の決定版とのことだ.その他では,キヤノンの防振双眼鏡ISが絶賛されている.

5月 072009
 

子供の自然への興味を大切に

長男5歳が,昆虫や宇宙(星)に興味を持ち,図書館や幼稚園で図鑑を借りてくるようになった.先日,「カブトムシが餌を食べるところを見たいから虫眼鏡が欲しい」と言うので,全く時季外れではあるが,近所のホームセンター(コーナン)とスーパー(イズミヤ)まで買いに出掛け,コーナンにはろくな虫眼鏡がなかったため,イズミヤの文房具店で1000円ほどの虫眼鏡を購入した.倍率2.3倍くらいの普通の虫眼鏡で,制止している文字を大きくしたいくらいの用途なら良いが,昆虫を観察するなどに使うのは無謀だと感じた.ピントが合いにくいし,とにかく視野が狭く,見ていると疲れる.

折角,自然に興味を持ったのに,道具が悪いために,その興味を失うようなことがあってはならない.そう考えて,昆虫観察もできる合焦距離が短い双眼鏡と,子供向けの優良な天体望遠鏡を購入することにした.

高級な双眼鏡や望遠鏡を買うつもりは全くないが,その一方で,安くて質の悪いものを買うつもりも全くない.

豚インフルエンザ感染の疑いが晴れるまで,一週間の自宅待機(就業禁止)を命じられた機会に,双眼鏡と望遠鏡について勉強し,選択し,購入した.

自然観察に強い近距離双眼鏡

まず,双眼鏡はPENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)を選択した.

最短ピント距離が約50 cmと,通常の市販双眼鏡の約2mとは別次元であることが最大の魅力.10,800円にて,最安値のAmazonで購入した.実は2台目の購入.

安くて良質な天体望遠鏡

次に,天体望遠鏡はスターライト・コーポレーションスコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)を選択.

激安だが,極めて良心的な作りで,世界天文年2009日本委員会が選定した世界天文年セレクションの望遠鏡部門でフレンドリー賞を受賞している.購入価格は7,980円.

このスコープテック・ラプトル50に加えて,星の手帖社が発売している「組立天体望遠鏡」も購入した.こちらは,世界天文年2009日本委員会公認製品で,ガリレオが宇宙を初めて観察したものと同程度の小型望遠鏡を安価に制作してアジアを中心とした各国の子どもに配布し,かつてガリレオが体験した驚きや発見の追体験をめざす「君もガリレオ」プロジェクトにおいて,「君もガリレオ」望遠鏡として採用されている.倍率は15倍と35倍の2種類があり,いずれも口径40mmのアクロマートレンズを使用.定価はそれぞれ1,580円と2,880円だ.

良い双眼鏡と天体望遠鏡の選び方

なぜ,PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)とスコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)を選んだのか.次回以降の記事で説明しよう.当然,購入目的や予算によって,何を選ぶべきか(選んではならないか)は変わる.しかし,価格に見合った製品を購入するためには,知っておくべき基本がある.