5月 072009
 

子供の自然への興味を大切に

長男5歳が,昆虫や宇宙(星)に興味を持ち,図書館や幼稚園で図鑑を借りてくるようになった.先日,「カブトムシが餌を食べるところを見たいから虫眼鏡が欲しい」と言うので,全く時季外れではあるが,近所のホームセンター(コーナン)とスーパー(イズミヤ)まで買いに出掛け,コーナンにはろくな虫眼鏡がなかったため,イズミヤの文房具店で1000円ほどの虫眼鏡を購入した.倍率2.3倍くらいの普通の虫眼鏡で,制止している文字を大きくしたいくらいの用途なら良いが,昆虫を観察するなどに使うのは無謀だと感じた.ピントが合いにくいし,とにかく視野が狭く,見ていると疲れる.

折角,自然に興味を持ったのに,道具が悪いために,その興味を失うようなことがあってはならない.そう考えて,昆虫観察もできる合焦距離が短い双眼鏡と,子供向けの優良な天体望遠鏡を購入することにした.

高級な双眼鏡や望遠鏡を買うつもりは全くないが,その一方で,安くて質の悪いものを買うつもりも全くない.

豚インフルエンザ感染の疑いが晴れるまで,一週間の自宅待機(就業禁止)を命じられた機会に,双眼鏡と望遠鏡について勉強し,選択し,購入した.

自然観察に強い近距離双眼鏡

まず,双眼鏡はPENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)を選択した.

最短ピント距離が約50 cmと,通常の市販双眼鏡の約2mとは別次元であることが最大の魅力.10,800円にて,最安値のAmazonで購入した.実は2台目の購入.

安くて良質な天体望遠鏡

次に,天体望遠鏡はスターライト・コーポレーションスコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)を選択.

激安だが,極めて良心的な作りで,世界天文年2009日本委員会が選定した世界天文年セレクションの望遠鏡部門でフレンドリー賞を受賞している.購入価格は7,980円.

このスコープテック・ラプトル50に加えて,星の手帖社が発売している「組立天体望遠鏡」も購入した.こちらは,世界天文年2009日本委員会公認製品で,ガリレオが宇宙を初めて観察したものと同程度の小型望遠鏡を安価に制作してアジアを中心とした各国の子どもに配布し,かつてガリレオが体験した驚きや発見の追体験をめざす「君もガリレオ」プロジェクトにおいて,「君もガリレオ」望遠鏡として採用されている.倍率は15倍と35倍の2種類があり,いずれも口径40mmのアクロマートレンズを使用.定価はそれぞれ1,580円と2,880円だ.

良い双眼鏡と天体望遠鏡の選び方

なぜ,PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)とスコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)を選んだのか.次回以降の記事で説明しよう.当然,購入目的や予算によって,何を選ぶべきか(選んではならないか)は変わる.しかし,価格に見合った製品を購入するためには,知っておくべき基本がある.

  One Response to “良い双眼鏡と天体望遠鏡を選択/評価/購入”

  1. [...] « 組立天体望遠鏡って凄いぞ Trackbackno comment untillnow [...]

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>