5月 072009
 

先に書いたとおり,長男5歳が昆虫や宇宙(星)に興味を持ちはじめ,道具が悪いために自然への興味を失うようなことがあってはならないと考えて,昆虫観察もできる合焦距離が短い双眼鏡と,子供向けの優良な天体望遠鏡を購入することにした.

今回は,双眼鏡の選び方についてメモしておく.

双眼鏡選びの鉄則

素人の私が双眼鏡の選び方を語ることに全く意味はないので,様々なサイトで勉強したことを,鉄則としてまとめておく.詳細については,後述のリンクが参考になるだろう.

鉄則1: 使用目的を明確にする(美術館,スポーツ,星空で同一製品がベストなわけがない)

鉄則2: 低倍率(10倍以下)を選ぶ,ズームは論外

鉄則3: 光学系の総合能力が大切,信頼できる製品を選ぶ

鉄則4: 許容できる大きさ,重さ,価格の範囲内で,対物レンズ有効径(口径)が大きい双眼鏡を選ぶ

鉄則5: 使わなければ意味がない

子供と一緒に楽しめる双眼鏡を選ぶ

オールマイティな双眼鏡としては,倍率が8倍程度,対物レンズ有効径が30mm以上の双眼鏡が良いとされているようだ.まず,このクラスの双眼鏡をザッと眺めてみたのだが,大きすぎるし,重すぎる.気軽に鞄に忍ばせてなんて不可能.双眼鏡初心者で,ものぐさな私にとって,このサイズと重量は,鉄則4と鉄則5に照らして採用不可能と判断した.小さな子供が利用することを考えても,重量500g超では話にならないだろう.

そこで,倍率が8倍程度,対物レンズ有効径が20mm台の双眼鏡を候補とすることにした.ペンタックスのタンクロー(小型,210g),ニコンのトラベライトEX(全天候防水型,355g)やスポーツスターEX(広角視界,280g),キヤノンの防振双眼鏡8×25 IS(手ブレ補正機構,490g)などが評判も良さそうだ.

キヤノンの防振双眼鏡は,ユーザの評価が非常に高く,高倍率で手振れに悩まされることは確実なため,とても魅力的だ.しかし,490gという重量と2.5万円を超える価格は,鉄則4と鉄則5に反する.また,他の機種に関しては,広角であったり,防水であったり,小型軽量であったりと,それぞれに魅力があるのだが,「だから持ち歩くか?」と自問してみると,「?」となってしまう.

「だから持ち歩く」と言える何かが欲しい.そんな想いで行き着いたのが,PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)だ.驚くべきは,その短焦点距離で,なんと50cm.他の候補がのきなみ250cm以上であるから,その差は歴然としている.そもそも,自然に興味を持った長男5歳と一緒に使いたいというのが購入動機で,長男が昆虫を観察したいと言っていることを考えると,近距離での昆虫観察もできるPENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)は実に素晴らしい.鉄則1に照らして,これしかないという双眼鏡だ.重量も290gとコンパクト機として標準的で,価格も約1万円と妥当なレベル.ユーザの評判も非常に良い.

以上の理由で,PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)を,最安値10,800円にてAmazonで購入した.

PENTAX Papilio 6.5×21の仕様

製品名 Papilio6.5×21
倍率 6.5倍
対物レンズ有効径 21mm
実視界 7.5°
見掛け視界 49°
1000m先での視界 131m
焦点調整範囲 約0.5m〜∞
本体サイズ 114×110mm
厚み 55mm
質量(重さ) 290g

参考にさせていただいたサイトへのリンク集

最終的に,昆虫観察もできる双眼鏡として,近距離双眼鏡PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)を選択するまでに参考にさせていただいたサイトを紹介しよう.

双眼鏡は天体観望(星空を眺めたり,星雲や星団を見たり)の道具としても人気があるが,この場合は口径50mm超が候補となるなど,今回の購入目的から大きく外れてしまうため,関連サイトは除外してある.普段使い用の双眼鏡が欲しいときの参考サイトを挙げておく.

双眼鏡の選び方(初心者向け)

まず,倍率について,「手持ちで使用する双眼鏡の倍率は10倍以下にすべきだ.初心者には5〜8倍程度が向いている.」と書かれている.その理由は以下の通り.「倍率が高いと見える範囲が狭くなるのと,対物レンズから取り入れる光の量に比べて倍率が高いと倍率の二乗で暗くなってしまうのだ.またちょっとでも手が動くと見ている対象が大きく動いてしまい,時には視野からいなくなってしまう.高倍率にはこのような欠点がある.」

その上で,あれにもこれにも利用したいという場合,比較的万能な双眼鏡として,8×30,8×32クラスの双眼鏡が薦められている.「初めて双眼鏡を購入するのに向いている万能型の道具だ」とのことだ.

さらに,超高級機,高級機,中級機,割安機に分類して,個別の双眼鏡が推奨されている.数多くの双眼鏡を所有しているマニアの視点から,初心者向けに書かれているので,双眼鏡を選ぶ際には一読の価値がある,

双眼鏡愛好会・初心者のための双眼鏡の選び方

「初めての双眼鏡が粗悪品だと,双眼鏡という品に絶望すら感じてしまいます.少し覗いただけで頭が痛くなり,見た目も肉眼のほうがマシだった.そんな双眼鏡も少なくありません.むしろ,そんな双眼鏡のほうが大勢を占めているといってもいいほどです.そんな道具では,双眼鏡の楽しさなんて絶対に分かりません.」

絶対に買ってはいけない双眼鏡として,安物双眼鏡(数千円のはダメ),高倍率の双眼鏡(手持ちなら10倍以上はダメ),ギラギラ色付きレンズ双眼鏡,ズーム双眼鏡,怪しいブランド双眼鏡が挙げられ,「要するに,一流ブランドで倍率の低い双眼鏡を選べば問題がない」とまとめられている.

さらに,10mm台,20mm台,30mm台,40mm台,50mm台,70mmクラスと,対物レンズ有効径(口径)ごとに選択ポイントや推奨機が紹介されている.その他,双眼鏡入門など基本知識を学ぶこともできる.キヤノンの防振双眼鏡ISが絶賛されている.

ニコンの双眼鏡 – Viva Nikon binoculars!

ニコンの双眼鏡に焦点をあてたサイトだが,双眼鏡の用語で基礎知識を身に付けられることに加えて,他メーカーも含めて複数の双眼鏡について分かりやすく説明されている.「一芸に秀でた双眼鏡としては,このパピリオを忘れてはならないだろう」として,PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)が紹介されている.近距離双眼鏡の決定版とのことだ.その他では,キヤノンの防振双眼鏡ISが絶賛されている.

  One Response to “良い双眼鏡の選び方”

  1. [...] 素人の私が天体望遠鏡の選び方を語ることに全く意味はないので,様々なサイトで勉強したことを,鉄則としてまとめておく.良い天体望遠鏡の選び方は,先に書いた「良い双眼鏡の選び方」と全く同じだと言ってよい.詳細については,後述のリンクが参考になるだろう. [...]

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>