5月 092009
 

社会復帰への道

他人事ではなかった豚インフルエンザ」に書いたとおり,京都大学から,帰国日を含めて一週間の就業禁止を命じられた.5月1日(金)に帰国したので,5月7日(木)まで自宅待機となる.幸い,GW期間中のため,実質的な就業禁止は最終日の1日だけだが,基礎情報処理演習化学工学特論第一「研究・技術・自分のマネジメント」の計3コマが休講になった.

アメリカから成田空港に到着した帰国便の機内でアナウンスがあった通り,京都市の保健所から自宅に経過確認のための電話がある.最初に電話があったのは,火曜日(帰国後3日目)だったと思う.帰国者が大量にいることもあり,翌日から電話確認できるような体制にはなっていないのだろう.最初の電話では,自覚症状の有無に加えて,渡航日程や目的,家族構成,勤務先などについて詳しく聞かれた.2日目以降は,朝夕の体温のみ報告している.電子体温計で計測しているので,バラツキが激しい.保健所からの電話は,毎日16:30頃にかかってくる.帰国後10日間確認するとのことなので,あと2日だ.

自宅待機を命じられていなかったら,恐らく,GW期間中もせっせと研究室に行っていただろう.今年は,豚インフルエンザのおかげで,子供達とゆっくりと過ごすことができた.

子供との休日

帰国翌日の土曜日は,アメリカ滞在中に対応せずにいた要件(メールを含めて)を片付けるのに費やした.

日曜日は,祭りがあるから子供達を連れておいでと実家から連絡があり,車で出掛けた.長男5歳と長女3歳は半被を着せてもらい,御輿と一緒に町内を練り歩いたり,ビンゴゲームをしたり,ちらし寿司を食べさせてもらったりした.

厄介なのはビンゴゲームだ.長女がミッキーマウス柄の箱をもらったのに,長男は何ももらえなかった.長男はそれが悲しくて仕方ない.

神社の祭りに参加した長男と長女
神社の祭りに参加した長男と長女

月曜日は,彼女が出掛けたこともあり,長男は自転車,長女は三輪車にのって遊んだ.いつの間にか,長男は補助輪なしで上手に自転車に乗れるようになっていた.最近,ポケモンカードゲームに加えて,人生ゲームに長男がはまっている.いずれも正規のルールは理解できていないため,物凄く簡略化したルールで楽しんでいる.ただ,うちの人生ゲームはアメリカ在住中に購入したもので,当然ながら英語版だ.どこに止まっても,「何これ〜?」となる.

火曜日は,大文字山に登った.朝9時頃に家を出て,観光客で賑わう銀閣寺界隈を抜け,大文字山に登る.大人が歩けば,銀閣寺から大の字まで,数十分だろう.ところが,事あるごとに立ち止まる子供達と一緒だと1時間以上かかり,11時頃に大の字に到着した.早速,お弁当を食べる.大文字山からは京都市街を一望できる.写真は,吉田山,京都大学吉田キャンパス,御所の方向を眺めたものだ.

大文字山から京都市内を一望
大文字山から京都市内を一望

5月にもかかわらず,虫取り網と虫かご,それに最近買った虫眼鏡を持っての登山だった.長男が虫を捕まえたくて仕方がないのだ.何も捕まえられないと思っていたのだが,かなぶんを捕まえることができた.下山後,巨峰ソフトクリームを食べて,帰宅した.

水曜日には,一日遅れで,端午の節句の柏餅を食べた.長男が新聞で大きな兜を作りたいというので,一緒に作った.

端午の節句の兜と柏餅
端午の節句の兜と柏餅

幼稚園では,長男も長女も頭にかぶれる鯉を作ったようだ.それをかぶって記念撮影.

幼稚園で作成した鯉
幼稚園で作成した鯉

さらに水曜日には,スターライト・コーポレーションのスコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)が届いた.残念ながら,天気が良くなかったので,まだ望遠鏡での天体観測はしていない.

スコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット
スコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット

昨日,寝る前に,昆虫観察にも使える双眼鏡として購入したPENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)で,ほぼ満月の月を見た.6.5倍ではあるが,肉眼で見る月とは全然違う.長男と長女と,月の模様は何に見えるかについて意見交換したところ,長男5歳は「そりゃ,カニやなぁ!」,長女3歳は恐らく意味も分からずに「カメさんや!」と言う.私もカニ派だ.ウサギの餅つきと聞かされてきた日本人には奇異かもしれないが,西洋では月の模様をカニや美女と認識するそうだ.最近,長男が気に入っている本「月を見よう」(藤井旭,あかね書房)にそう書いてあった.

新型インフルエンザについては,国内でも感染者が出ることは仕方ない(現実的に防ぎようがない)ので,いかに感染拡大を抑制できるかがポイントだろう.非常に難しい課題だと思う.

  2 Responses to “豚インフルエンザその後”

  1. こんばんは。
    無事に帰国されよかったですね。
    ところで
    奥様、ユニコーンは如何でしたか?
    きっとオール・スタンディングなんでしょうね。
    もうおばちゃんは椅子の無いライブはしんどうてあきません。

  2. 凄くよかったみたいです.コンサート以降,家でも車でもユニコーンの音楽だらけで,子供達が「これ飽きた〜!」と言ってます.ただ,かつて経験したことがないほど後ろの方だったとも言ってました.双眼鏡持って行けば良かったと.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>