6月 082009
 

学歴としては最高位になる博士後期課程を修了した学生の就職はどのようになっているのか.たまたま,京都大学キャリアサポートセンターの資料を手にする機会があったので,ちょっとメモしておく.

平成19年度より,博士後期課程学生およびポストドクター(ポスドク)のキャリア支援を目的として,京都大学若手研究者キャリアパス多様化促進計画が実施されている.そこでの調査結果によると,35歳以上のポスドクは275/1183人で全体の約23%になる.ポスドクは,一般に一年契約の不安定な就業形態であるから,そのほとんどは大学などの研究機関での正規雇用を目指していると思われる.22歳で学部卒業,24歳で修士課程(博士前期課程)修了,そして27歳で博士後期課程を修了し,博士の学位を取得した後,大学や企業で正規雇用される者もいれば,ポスドクになる者もいる.ポスドクになること自体は全く問題ではない.博士になった時点ではまだ研究者として卵からかえった状態なので,もう少し力がつくまでポスドクという立場でいるのは国際的には普通だ.そして,自分を売り込み,Assistant Professor(助教授)などになる.その後,さらにテニュア(終身在職権)の獲得を目指して,教育と研究で成果をあげる必要があるわけだが,ともかく,ポスドクから正規雇用へというキャリアパスは一般的である.それでも,30代後半になってもポスドクという不安定な身分にあるのは,精神的にも大変ではないだろうか.

マックス・ウェーバーもその著書「職業としての学問」で述べているとおり,大学でポストに就けるかどうかは,僥倖に恵まれるかどうか(つまり運)に依存し,能力的に優れているかどうかは全く関係ないとは言わないまでも,能力が十分条件でないのは確かだ.だから,ずっとポスドクでいる人が研究能力的に劣るということはない.それでも,産業界で中高年の転職が困難を極めるのと同様,大学でもポスドクが正規職に就くには若いうちが良いだろう.

一方,2007年度において,京都大学博士後期課程終了者の就職率は74.3%となっている.就職以外の項目を見ると,進学や帰国などの理由の他に,割合は少ないものの,研修員,聴講生,無職など,おいおい大丈夫かというものが並んでいる.就職先については,大学や公的研究機関が圧倒的多数であり,民間企業への就職は多くない.これがキャリア支援が必要な実態を表している.

興味深いのは,カウンセリング相談者集計という資料だ.2007年8月から2009年3月までの分野別相談者数をまとめた資料だが,全体の52%が生物・バイオ系,21%がその他の理系,27%が人文系となっており,生物・バイオ系学生の相談数が顕著に多い.近年,バイオ関連研究には多額の予算がつくため,日本のみならず多くの国でバイオ関連研究に取り組む研究者が増加しており,流行の研究分野ということで多くの学生が興味を持つのだろうが,就職という観点からは,かなり見込みが甘いと言えるだろう.産業界にそれだけの人的ニーズがない.必要なのは,ほんの一握りの優秀な研究者だけだろう.人員余剰の現状がカウンセリング相談者数に現れているものと受け止められる.資料には書かれていないが,敢えて生物・バイオ系がその他の理系と分離して記載されているのは,そうした背景があることを意識してのことだろう.

ちなみに,京都大学学生の進路・就職状況は「進路・就職状況−京都大学」にまとめられている.進路の区分など,大雑把すぎて,あまり役に立ちそうにない資料だが...

6月 082009
 

この日曜日は,長男がケーブルカーに乗りたいと言っていたこともあり,鞍馬寺へ出掛けた.おにぎりを持って,市バスで出町柳駅まで行き,さらに叡山電車で鞍馬まで.長男5歳と長女3歳は先頭車両の先頭で,ずーっと前を見ていた.たまたま乗ったのがパノラマカーだったからか,乗客は多く,外国人の一団もいた.京都観光で貴船・鞍馬方面に足を伸ばすとは,なかなか通ではないだろうか.

鞍馬駅を出ると,物凄く大きな天狗がお出迎え.

鞍馬天狗@叡山電車鞍馬駅
鞍馬天狗@叡山電車鞍馬駅

土産物屋や漬物屋を横目に見ながら200mほど歩くと,鞍馬寺の仁王門に到着.階段を少しあがって,ケーブルカーに乗る.

ケーブルカー@鞍馬寺
ケーブルカー@鞍馬寺

ケーブルカーを降りたら,どんどん階段をあがって,本殿金堂へ.鞍馬弘教総本山である鞍馬寺の本尊は,毘沙門天,千手観世音,護法魔王尊の三身一体であり,尊天と呼ばれる.

本殿金堂@鞍馬寺
本殿金堂@鞍馬寺

本殿金堂の正面には,大きな石が祀られている.経塚遺跡の蓋だったとか.子供達2人は石ころ遊びに夢中だ.

本殿金堂正面の大石@鞍馬寺
本殿金堂正面の大石@鞍馬寺

その大きな石の近くのベンチでおにぎりを食べた後,山道を奥の院へと進む.本殿金堂から奥の院魔王殿までは約1kmの道程だ.

本殿金堂から奥の院魔王殿へ@鞍馬寺
本殿金堂から奥の院魔王殿へ@鞍馬寺

本殿金堂から奥の院魔王殿へ向かう途中に,大杉権現社がある.大杉権現社を囲む杉林は,瞑想するためのエリアになっているらしい.

大杉権現社@鞍馬寺
大杉権現社@鞍馬寺

地盤が固いため,その杉林では木の根が地表に露出している.そこで,赤い黄金虫(?)を長男が見付けた.

赤い黄金虫(?)を見付けた長男@大杉権現社
赤い黄金虫(?)を見付けた長男@大杉権現社

鞍馬山は自然保護地区であり,動物・植物・鉱物などの採取は禁じられているため,赤い黄金虫(?)を捕まえたいという長男と長女を制止し,写真を撮るだけならいいと教える.

長男が撮影した赤い黄金虫(?)@大杉権現社
長男が撮影した赤い黄金虫(?)@大杉権現社

さらに山道を進み,奥の院魔王殿へ.凄い名前だが,650万年前に金星から地球に降り立ったという魔王尊が祀られている.奥の院魔王殿の周囲には大きな石灰岩が多く,そこに刀で傷つけられたような痕があり,牛若丸の剣道修行の跡であるという伝説になっている.そう,このあたりが牛若丸が鞍馬天狗に学んだところだ.

奥の院魔王殿@鞍馬寺
奥の院魔王殿@鞍馬寺

ここから叡山電車の鞍馬駅へ引き返しても良かったのだが,折角,奥の院魔王殿まで来たのだからということで,貴船方面に抜けることにした.貴船までひたすら山道を下る.

鞍馬から貴船へ
鞍馬から貴船へ

川床料理で有名な貴船まで来れば,後は叡山電車の貴船駅まで2kmの道程だ.川沿いをのんびりと歩く.午後3時過ぎになっていた.

今回は,鞍馬から貴船へ山を越えたが,こちらが正解だと思った.というのも,貴船と奥の院魔王殿の間の山道が細くて急で,登るのは辛そうだからだ.鞍馬側から色々と見物しながら山を登り,貴船へ向かって山を下る方が楽そうだ.