6月 092009
 

最近,長男5歳と長女3歳と私との間で,クイズを出し合うのが流行っている.出題するときに決まって,「ジャジャン!問題です!」という.

クイズのジャンルは多岐にわたり,ポケモン,幼稚園での出来事,算数,古典など実に様々だ.いくつか,人気のクイズを紹介しておこう.

算数の問題

子供達が,出すのも出されるのも非常に気に入っているのが,算数の問題だ.例えば,こんな感じだ.

長男:「パパ〜,問題です.ジャジャン! 1000+10は?」

パパ:「1010」

長男:「じゃあ,100+100は?」

パパ:「200」

長女:「パパ〜.○○ちゃんに,6+5は?って聞いて!」

パパ:「ジャジャン!問題です! 6+5は?」

長女:「11!!」(注:これだけ答えを覚えている)

パパ:「ピンポン!じゃあ,3+3は?」

長女:「う〜ん」

長男:「6!」

長女:「6!」

パパ:「ピンポン!」

長女は必ず長男の答えを繰り返す.足し算ばかりでは面白くないので,最近は,問題を少しひねるようになってきた.

パパ:「ジャジャン!問題です! ヤンヤンマが8匹います.2匹がメガヤンマに進化しました.ヤンヤンマは何匹になったでしょうか?」

長男:「う〜ん.6匹!」

長女:「6匹!」

パパ:「ピンポン!」

面白いのは,計算問題を文章題にすると,問題の中身は全く同じであっても,解答に要する時間が明らかに長くなることだ.

古典

もう1つ人気なのが,論語だ.これは,子供は問題を出されるだけ.

パパ:「ジャジャン!問題です! 故きを温ねて新しきを知れば?」

長女:「以て師と為るべし!」

パパ:「ピンポン!」

パパ:「ジャジャン!問題です! 学びて思はざれば則ち罔く,思ひて学ばざれば?」

長男:「則ち殆し!」

パパ:「ピンポン!」

パパ:「ジャジャン!問題です! 吾日に吾が身を?」

長男:「三省す!」

パパ:「ピンポン!」

本当に驚かされるのは,子供達の記憶力だ.1ヶ月前くらいに一度か二度だけ聞かせたような章句でも答える.