6月 152009
 

アウシュヴィッツ強制収容所への行き方

ポーランドの古都クラクフ(Cracow)は,アウシュビッツ(Auschwitz)−ビルケナウ(Birkenau)への拠点としても知られている.旅行会社が主催するツアーがいくつかあり,Orbis Travelのツアーだと,約6時間で120PLN(約4000円)となっている.

最初はツアーを利用しようかとも考えたが,クラクフ(Cracow)からアウシュビッツ博物館へのバスがあるとのことで,旅を満喫するためにも,じっくり見学するためにも,自力で行くことにした.

路線バスでアウシュヴィッツ強制収容所へ

滞在中のホテル(Hotel Wyspianski)で朝食を済ませ,朝8:30にホテルを出て,PKSバスターミナルへと向かう.PKSバスターミナルはクラクフ本駅の東側に隣接しており,ホテルからは徒歩圏内だ.

PKSバスターミナル@クラクフ, ポーランド
PKSバスターミナル@クラクフ, ポーランド

チケット売り場で,アウシュビッツ行きのチケットを購入する.片道10PLN(約330円).ガイドブックによると約1時間30分とのことなので,安い.次のバスは9:10にG1乗り場から出発するとのことなので,乗り場付近で待つ.なお,バスの外観はまちまちで統一されていない.

途中,いくつかのバス停でとまりながら,緑豊かな田舎道を走り,ちょうど1時間30分でアウシュビッツ博物館に到着した.

クラクフからアウシュビッツへの路線バス@ポーランド
クラクフからアウシュビッツへの路線バス@ポーランド

アウシュヴィッツ強制収容所の見学

ガイドツアーの申込みなどを行う博物館入口の建物を通り抜け,アウシュビッツ強制収容所に向かう.有刺鉄線に囲まれた強制収容所の内部に入るためには,”ARBEIT MACHT FREI”(働けば自由になる)と書かれた門をくぐる.大量虐殺の事実を知る我々からすると,何とも虚しいスローガンだ.

「働けば自由になる」の門@アウシュビッツ強制収容所
「働けば自由になる」の門@アウシュビッツ強制収容所

有刺鉄線に囲まれたアウシュビッツ強制収容所内には,合計28棟の赤煉瓦造りの囚人棟がある.囚人棟1棟には数百から最大で千人の囚人が収容されていたそうだ.いくつかの囚人棟では,その内部を見学できるようになっており,囚人が持ってきた鞄や身のまわりの品々,強制収容所に関する文書などが展示されている.

展示室の壁に,生きてアウシュビッツ強制収容所を出ることができた囚人の描いた(?)絵が掛けられている.囚人の一日を描いたもので,起床,食事,労働などが描かれているのだが,その中の1つに,長時間の強制労働を終えて囚人棟に戻る場面がある.そこに描かれているのは,強制労働中に死亡した囚人をかついで戻ってくる痩せ細った囚人たちだ.その行列から少し離れたところで,ナチス兵が笑みを浮かべながら行列を見ている.寒気を覚えた.

展示室の外へ出ると,広々とした敷地に,ポプラの木が植えられており,そののどかさが逆に悲しい.

囚人棟とポプラの木@アウシュビッツ強制収容所
囚人棟とポプラの木@アウシュビッツ強制収容所

アウシュビッツ強制収容所の最も奥の方に,囚人を利用した人体実験が行われた10号棟,「死のブロック」と呼ばれる11号棟がある.その2つの囚人棟にはさまれて,「死の壁」がある.ここで,銃殺刑が執行されたらしい.綺麗な花が供えられている.

死の壁@アウシュビッツ強制収容所
死の壁@アウシュビッツ強制収容所

上記の他,敷地中央付近には,集団絞首台が残されている.ここで,最大で12人が一度に絞首刑に処されたそうだ.

集団絞首台@アウシュビッツ強制収容所
集団絞首台@アウシュビッツ強制収容所

再び,「働けば自由になる」の門をくぐり,有刺鉄線の外へ出る.有名なガス室は有刺鉄線の外にある.小さな扉をくぐり,中へ入ると,薄暗い室内に,花が飾られ,ロウソクに火が灯されている.

ガス室@アウシュビッツ強制収容所
ガス室@アウシュビッツ強制収容所

ここ,アウシュヴィッツ強制収容所で百数十万人が虐殺された.爽やかな青空,真っ直ぐ伸びるポプラの木々,緑薫る草花.人間の醜さと自然の美しさの対比に,心が重たくなる...

しかし,これがすべてではない.ここは第一アウシュヴィッツ強制収容所.ここから3kmほど離れたところに,さらに大規模な第二アウシュヴィッツ強制収容所,ビルケナウがある.

6月 152009
 

国際会議”ESCAPE 19″に参加するため,ポーランドの古都クラクフ(Cracow)に滞在している.

5泊6日の滞在に利用しているのは,Hotel Wyspianskiという三つ星ホテルだ.クラクフ本駅の南,中央市場広場の東という便利な立地で,学会会場と旧市街のほぼ中間に位置していることが選択の決め手になった.もちろん,価格も.

空港からホテルまではタクシーを利用した.田舎道を通って30分ほどだったと思うが,料金は70PLN(約2500円)程度.ホテル玄関にホテル名が書かれていないので,「ここなのか?」とキョロキョロしていると,タクシーの運転手が「そこだ,入れ!」と指示してくれた.

Hotel Wyspianskiの外観@Cracow, Poland
Hotel Wyspianskiの外観@クラクフ, ポーランド

宿泊料金は朝食・税金込みで1泊357PLN(約12000円)だ.ヨーロッパのホテルとしては高くないが,ポーランドの物価を考えると,ホテル代は割高だと思う.Hotel Wyspianskiは学会が提携している旅行代理店が斡旋するホテルの1つだが,学会経由で申し込むよりも,ホテルのウェブサイトから予約した方が明らかに安かった.全く意味不明だ.ボッタクリとしか表現しようがない.

Hotel Wyspianskiの客室@Cracow, Poland
Hotel Wyspianskiの客室@クラクフ, ポーランド

2003年に改装したらしく,私が宿泊している客室は綺麗で,設備もまずまずなのだが,なぜか,部屋にゴミ箱がない.とりあえず,テーブルの上にゴミを山積みにしているが,どうも気になる.客室の広さは十分で,ソファーセットまである.ただし,バスタブはなく,シャワーのみ.

Hotel Wyspianskiの客室@Cracow, Poland
Hotel Wyspianskiの客室@クラクフ, ポーランド

朝食はヨーロッパ風で,様々なパンと,ハム,チーズの他,ウィンナー,ソーセージ,パテなど.中でもハムが非常に美味しかった.

ちなみに,同行者はホテル予約サイトを利用して,私より20%程度安く予約したのだが,狭くて古い客室だった.

6月 152009
 

先日,「ポーランド入国には保険加入証明書と資金が必要」と書いた.確かに,ガイドブックにもそう書いてあるし,旅行代理店からもそう言われた.しかし,実際には,どちらも必要なかった.

今回は,パリのシャルル・ド・ゴール(CDG)空港で入国審査を受けて,さらにパリからクラクフまで移動したが,フランスとポーランドは共にシェンゲン協定加盟国なので,フランスの入国審査を受ければ,ポーランドの入国審査は受ける必要がない.実際,クラクフでは入国審査はなかった.つまり,保険加入証明書と資金を見せる機会はない.まあ,備えあれば憂いなしということで,問題はないのだが...

さて,今回のポーランド訪問では,夜遅くにクラクフに到着するのが嫌だったため,早朝(4時過ぎ)にパリCDG空港に到着し,朝一番(と言っても11時)にパリからクラクフへ向かうことにした.つまり,パリCDG空港で6時間以上も待ち時間がある.通常であれば,エールフランスのラウンジでのんびりとすれば良いのだが,今回は,成田→パリがエールフランス(スカイチーム),パリ→クラクフがポーランド航空(スターアライアンス)であるため,ラウンジを利用できない恐れがあった.そうなると,6時間をどうやって潰すかが大問題になる.学会発表用スライドを完成させたいのだが,電源の確保もままならない.

しかし,パリCDG空港はエールフランスの拠点である.ありがたいことに,ターミナル2Cに「到着ラウンジ」があり,パリまでの搭乗券を見せれば,その到着ラウンジを利用できる.おかげで,チーズ,ハム,パン,ジュースなどを朝ご飯にして,一気に学会発表用スライドを完成させることができた.