7月 082009
 

公式サイトのトップで案内している通り,6月29日(月)午後から7月1日(水)早朝にかけて,全く電子メールを受信できない状態に陥った.つまり,6月30日は丸一日,一通もメールを受け取ることがなかった.普段,一日数百通のメールを受信している者としては,これは画期的な出来事だ.

受信できなくなった原因を手短に言うと,サーバーのメール用ディスク領域が一杯になってしまったということだ.メールは一定期間サーバーに残すものとし,ディスク容量を500MBに指定していた.500MBに特に意味はないのだが,これくらいで十分だろうとの判断だ.実際,これまでは全く問題なかった.

ところが,6月後半,大学のメールサーバーから管理者宛にエラーメッセージが大量に送信されるという状況が断続的に発生した.「送信できませんでした」というエラーメッセージなのだが,自分が送信したものではなく,自分が管理者となっている範囲の関係者全員の送信失敗メールが添付ファイルも含めてすべて送りつけられるという状況だ.その数合計2000通近く.暇な身ではないので,完全に無視してゴミ箱直行だったが,かなりマズイ内容のメールもあったのではないかと想像される.

そして,6月29日(月)午後.サーバーに保存されたメールの容量が500MBに到達し,メールを受信できない状態になったというわけだ.出張などもあってバタバタしていたので,そのまま放置していたのだが,7月1日(水)早朝に対策を施した.具体的には,サーバーから古いメールを削除するとともに,ディスク容量上限を1GBに変更した.

電子メールが来ないとは,なんという平穏な日であったことか.いや,危機的な日であったというべきか...

  One Response to “電子メールの来ない生活: 平穏か危機か”

  1. 携帯電話、メール、パソコン 20年前の学生時代になかったもの。
    これくらいかな、今と違うものって。でも、その当時(1990年ころ)のほうが
    物質的にも、精神的にも豊かだったような気がするのって気のせい?

    メールのように便利なものが、かえってそれて忙しくなるのって皮肉ですね。
    (これが技術進歩なのでしょうか)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>