7月 162009
 

日曜日の学会主催ツアーの第三弾.スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)トプカプ宮殿とハレムに続いて,アヤソフィア博物館を訪問した.

アヤソフィアは今でこそ博物館だが,元々はコンスタンティヌス帝によって建設された教会にまで遡る.西暦325年のことだ.その後,537年に大聖堂が完成し,ビザンツ帝国が滅びる1453年まで,ギリシア正教の大本山として興隆を極めた.1453年にコンスタンティノープルが陥落した際,スルタンによって聖堂はジャーミィに改築されている.

皇帝の威信をかけて,技術の粋を結集して建築されたアヤソフィアは,ビザンツ建築の最高傑作と言われるそうだ.確かに,凄い建物だ.

アヤソフィア博物館@イスタンブール, トルコ
アヤソフィア博物館@イスタンブール, トルコ

アヤソフィア博物館の内部も非常に広いが,観光客で大変混雑している.

アヤソフィア博物館の内部@イスタンブール, トルコ
アヤソフィア博物館の内部@イスタンブール, トルコ

頭上,遙か上に大ドームがある.その名の通り,直径31mもあるドームだ.今回は,ちょうど半分だけ工事中だった.

アヤソフィア博物館のドーム天井@イスタンブール, トルコ
アヤソフィア博物館のドーム天井@イスタンブール, トルコ

アヤソフィア博物館の最大の見所は,モザイク画らしい.洗礼者ヨハネ,聖母マリア,そしてイエス・キリストなどのモザイク画が残されているが,いずれも1700年代に漆喰で塗りつぶされ,その後長期にわたって埋もれていたらしい.1931年に壁の中のモザイク画が発見され,ビザンツ帝国の遺跡としてアヤソフィアが注目されることとなる.

アヤソフィア博物館のモザイク画@イスタンブール, トルコ
アヤソフィア博物館のモザイク画@イスタンブール, トルコ

一日で,スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)トプカプ宮殿とハレム,そして,アヤソフィア博物館と3つの歴史的建造物を訪問したら,もう大満足だ.イスタンブールを満喫した気になれる.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>