7月 182009
 

イスタンブールでの最後の晩餐は,かなり歩き疲れていたので,宿泊しているFerman Hotelの近くで済ませることにした.ホテルを出て少し歩くと,屋上のテラスがレストラン&カフェになっているホテルを見付けた.というか,この付近のホテルは,屋上のテラスで食事できるところが多い.

目に留まったのは,交差点に建つThe Best Western Hotel Obeliskだ.ホテルの外に出ていたメニューを見ていると,店員が「スルタンアフメット・ジャーミィも見えるし,マルマラ海も見えるよ」とアピールしてきた.ライトアップされたスルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)を見ようと言っていたので,それならということで,ホテル屋上のObelisk Terraceで食事をすることにした.

エレベーターで最上階まで行き,そこから階段で屋上に出る.まだ客は誰もいない.スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)がよく見える場所を選んで,そこに4人用のテーブルをセットしてもらう.

ちょうど,スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)の後ろに,夕日が沈んでいく.幻想的と言えるほど,とても美しい.

Obelisk Terraceからスルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)を臨む@イスタンブール, トルコ
Obelisk Terraceからスルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)を臨む@イスタンブール, トルコ

後ろを振り返れば,マルマラ海も見える.さらに,テラスの別の場所からは,アヤソフィア博物館も綺麗に見える.

Obelisk Terraceからアヤソフィア博物館を臨む@イスタンブール, トルコ
Obelisk Terraceからアヤソフィア博物館を臨む@イスタンブール, トルコ

食事は,どれにすべきか非常に迷ったので,ミックス・グリルにした.これでもかというほど,たくさんの種類の肉料理が盛られており,お腹一杯になった.

Obelisk Terraceのミックス・グリル@イスタンブール, トルコ
Obelisk Terraceのミックス・グリル@イスタンブール, トルコ

食事の途中には,スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)のライトアップが始まり,また違った美しさを見せてくれた.

ライトアップされたスルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)を臨む@イスタンブール, トルコ
ライトアップされたスルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)を臨む@イスタンブール, トルコ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>