8月 052009
 

昨年11月に特別講演をさせていただいたSONAR研究会にて,再び,講演させていただいた.幸いにも,出席者からの評判が良く,首を切られずに済んだというわけだ.

SONAR研究会とは,横河電機とオラクルの資本が入った,ワイ・ディ・シーという会社が開発・販売しているYDC SONARというデータウェアハウス&解析ソフトのユーザミーティングである.7月9日に東京・代々木で第3回SONAR研究会が開催された.出席者は,製造業にて主に品質向上に取り組まれている方々で,54社・110名と開催レポートには記されている.企画段階では100名が目標&定員だったようなので,この不況下にもかかわらず,盛況であった.

正直なところ,2回目となる今回の特別講演については,講演内容をどうするかで随分と悩んだ.講演タイトルは早々と決まっていたのだが,中身をどうするかが問題だった.なぜ悩んだかについては,「講演の難しさ,成功と性向:独り言モードで」に詳しく書いてあるので,長々と繰り返すことはしないが,要するに,多変量統計的プロセス管理(MSPC)について解説するために,数式をどこまで見せるかということだ.製品品質がキーワードではあるものの,所属する産業も,受けてきた教育も,興味や関心もバラバラの100名を超える聴衆の満足を最大化するためには,どうすべきなのかということだ.

悩みに悩んだ末,90分の特別講演のために,80枚のスライドを用意した.量的には妥当なところだろう.結局,多変量統計的プロセス管理(MSPC)の核となる主成分分析(PCA)の説明については,必要十分な数式を示し,その他の部分では数式を見せないことにした.その意図は,

主成分分析(PCA)を理解できない人は,多変量統計的プロセス管理(MSPC)も理解できません.このため,多変量統計的プロセス管理を使いこなすことができずに,たとえ適用しても失敗するでしょう.だから,主成分分析だけは数式が嫌いでも勉強しないといけません.そして,主成分分析を理解するためには,線形代数,その中でも固有値問題がわかっていれば十分です.是非,勉強して下さいね.

ということを伝え,実際に勉強する気になってもらいたいということだ.

昨日,SONAR研究会のアンケート結果を見せていただいた.私の特別講演に対する感想を読むと,「○○を勉強する気になりました」というコメントが結構多い.予想以上にかなり多かった.また,「非常にわかりやすかった」というコメントも多く,危惧していた数式についても拒絶反応を引き起こすことはなかったようだ.ほぼ完全に,ミッションクリアと言ってよいだろう.手抜きをせずに,相当時間をかけて講演内容を考え,スライドを推敲しただけに,素直に嬉しい.

さらに,「興味を持てた」,「面白かった」,「工夫されていた」というコメントがいくつかあった.いやぁ,今回はかなり事前準備に時間を費やしましたからね.おかげで,柄にもなく,芸能通になりましたよ...

8月 052009
 

さっき,天体望遠鏡の鏡筒がポケモンシールだらけと書いて,日曜日のことを思い出した.

8月最初の日曜日,彼女と長男6歳は朝から映画館にお出掛け.そう,ポケモンの最新作映画「アルセウス 超克の時空へ」を観るためだ.事前に座席指定しておく念の入れよう.私と長女3歳はお留守番.2人で図書館と買い物に出掛けた.

映画から戻ってきた長男は,ポケモンバトリオゼロ・スペシャルパック「アルセウス」とポケモンカードゲームDpt「アルセウス」をプレゼントにもらってご満悦だ.そればかりか,ちゃっかりと,「ポケモンカードゲーム 映画公開記念スペシャルパック2009」と「ポケモンカードゲーム 映画公開記念ランダムパック2009」も買ってもらっていた.サトシのピカチューM LV.Xとか,ヒカリのポッチャマMとか,タケシのグレッグルMとかがあって大喜び.だが,散財しすぎでは...

ポケモンカードゲームについては,「ポケモンカードゲームをプレゼント」,「ポケモンカードを追加」,「ポケモンカードを強烈に追加」に書いてきたとおりだが,7月の誕生日にはカード以外のポケモンのおもちゃが欲しいと言いだし,完全に策略にはまっている状態だ.

長女とは,小さな女の子向けのシールとちょっと大きめの男の子向けの文房具を買いに行った.うちの長男長女用ではなく,アフリカの子供たちのだ.それぞれ9月と10月が誕生日だというので,ちょっとしたプレゼント.ワールド・ビジョン・ジャパンの取り組みだ.

8月 052009
 

それにしても,夏だというのに冴えない天気が続く.7月末に海水浴に行ったのだが,何とか海で遊べたものの,雨が降ったり止んだりの天気だった.今,テレビのニュースでも天候不順で農作物の生育が遅れていると言っているが,問題は深刻だろう.

さて,数日前,長男6歳が「月が出てるよ!」というので,久しぶりに,天体望遠鏡双眼鏡で月を観察した.かなり満月に近づきつつあるが,まだクレーターがハッキリと見えた.長男は大喜びだ.「組立天体望遠鏡って凄いぞ」にも書いたとおり,我が家では星の手帖社の15倍の組立天体望遠鏡を愛用している.その鏡筒はポケモンシールで埋め尽くされている.これは本当にお勧めだ.子供と一緒に大人も楽しめる.何と言っても,定価1,580円.子供にガラクタを買い与えるくらいなら,迷わず組立天体望遠鏡にしましょう.

また,双眼鏡は近距離双眼鏡PENTAX Papilio 6.5×21(ペンタックス・パピリオ 6.5倍 21mm)を愛用している.こちらも気に入っている.やはり,焦点距離が短いのは面白い.

もちろん,どちらもハワイに持って行くよ!

ところで,月と言えば,皆既日食は見た?

私も楽しみにしていたが,なんと日食の時間はちょうど前期試験の試験監督にあたり,見られず.折角,日食グラスまで準備したのに...ただ,当日は曇りのため,彼女曰く,日食グラスは不要だったとか.