9月 132009
 

真栄田岬でのシュノーケリングを終えた後,研究室メンバーはマリンスポーツチーム11名と観光チーム4名とに分かれた.沖縄が初めてで,ひめゆりの塔を見ておきたかったこと,近日中にハワイに行く予定があることから,私は観光チームを選んだ.結果的に,スタッフが観光チーム,学生がマリンスポーツチームと綺麗に分かれた.学生たちは,パラセーリングを楽しんだらしい.

観光チームは,アメリカ空軍嘉手納基地を一望できる道の駅,海の上を走れる海中道路,沖縄戦について学べる平和祈念資料館,そしてひめゆりの塔があるひめゆり平和祈念資料館を経由し,沖縄最南端の喜屋武岬(きゃんみさき)まで一気に南下した.

最初の目的地は,道の駅嘉手納.道の駅の4階が展望台になっており,アメリカ空軍嘉手納基地を一望できる.とんでもなく広い.

道の駅からアメリカ空軍嘉手納基地を一望@沖縄
道の駅からアメリカ空軍嘉手納基地を一望@沖縄

展望台にはカメラ小僧が何人かいて,凄いレンズを付けたカメラをテーブルにおいて,日陰でボーッとしていた.お目当ての航空機が来るのを待っているのだろう.

展望台の自動販売機では,さんぴん花茶が売られていた.さんぴん花茶あるいはさんぴん茶とはジャスミンティーのことだ.沖縄ではどこにでも売っているし,ホテルの部屋に置いてあるのもさんぴん茶だ.

さんぴん花茶ことジャスミンティー@沖縄
さんぴん花茶ことジャスミンティー@沖縄

しばらくアメリカ空軍嘉手納基地を眺めた後,下のレストランで昼食を取った.注文したのは,ソーキ煮込み定食.ソーキとは,豚のあばら肉(スペアリブ)だ.ボリューム満点で,ソーキはとても柔らかく煮込まれていた.

ソーキ煮込み定食@道の駅嘉手納, 沖縄
ソーキ煮込み定食@道の駅嘉手納, 沖縄