9月 142009
 

危機的状況に陥っている日本航空(JAL)が,デルタ航空との資本提携交渉を進めているとの報道があった.

「何故,デルタ?」

だって,日本航空(JAL)が親密にしてきたのは米国系航空会社ではアメリカン航空(AA)だから.そう思っていたら,やはり,アメリカン航空も資本提携に手を挙げているらしい.それに加えて,エールフランス−KLMとも資本提携交渉をしているとか.まあ,これまでの経緯から考えて,エールフランスは頷ける.

それでも,デルタにしろ,エールフランス−KLMにしろ,いずれもスカイチームだ.ということは,日本航空(JAL)はワンワールドからスカイチームへ移籍するのだろうか.もしそうなら,「マイルを貯めるクレジットカード: フライング・ブルーVISAからANAカードへ」に書いたように,スカイチームからスターアライアンスへ乗り換えなくても良いのだけれど...

でも,まあ,来年からは全日空(ANA)にしよう.ちなみに,先週の研究室沖縄旅行はANAだった.マイルは貯められないけれど...

9月 142009
 

神曲 天国篇
ダンテ(著),平川祐弘(訳),河出書房新社,2009

いよいよ,「神曲」三部作の最後を飾る「神曲 天国篇」だ.神曲の著者であるダンテ・アリギエーリは,「地獄編」において,詩人ウェルギリウスを先達として旅した地獄について記し,「煉獄篇」において,天国に入ることを許された死者の魂が犯した罪を悔い改め浄化される場所である煉獄の様子を記している.煉獄山の頂上にある地上楽園で,ここまで導いてくれたウェルギリウスの姿が消え,ダンテは愛する淑女ベアトリーチェに会う.このベアトリーチェに導かれて天国を旅した記録が本書「神曲 天国篇」である.

天国においても,ダンテは一つ一つ高みへと登っていく.天国の最下層である月天から,水星天,金星天,太陽天,火星天,木星天,土星天,そして,聖ペトロら諸聖人が列する恒星天を経て,諸天の一切を動かす根源となる原動天,最後に第十天である至高天.ここに至って,ダンテは神を見る.

それにしても,何と高慢な著作であることか.自分は神を見る資格があるほどに聖らかであると宣言しているわけだ.自分が嫌いな者は地獄に落とし,好きな者は天国に上げるというのが神曲の地獄編,煉獄篇,天国篇において貫かれている姿勢だ.キリスト者として,これでいいのか?

正直,地獄編煉獄篇に比べて,天国篇は面白くない.当時の都市国家フィレンツェの内紛にまつわる話は基本的に罵詈雑言ばかりで興味がわかない.次から次へと紹介される聖人は,私には到底理解できない神学論ばかりを口にするので,読む気が失せる.それでも,折角ここまで読んだのだからと,最後まで読み通した.

天国篇に共感できないのは,私には地獄の方が似合っているからだろうか...

目次

  • 第一歌から第三十三歌まで
  • 詩篇
9月 142009
 

Windows VistaにMicrosoft Word 2007を破壊された.

メインPCであるVAIO type Zでの出来事だ.いつものように,Microsoft Word 2007を含め,いくつものソフトウェアを立ち上げたまま,カバーを閉じて,休止モードにした.翌日開いてみると,勝手にシャットダウンされている.どうやらMicrosoft Updateをかけたようだ.まあ,勝手にシャットダウンされることはこれまでにもあったので,気にせずに起動する.ここまでは問題なかったのだが,Word 2007が動かない.最悪...

再起動してもダメなので,仕方なく,Office 2007を再インストールする.ところが,それでもダメ.何でやねん!

PowerpointやExcelは動くので,問題はWordだけだ.原因を特定するため,新しくアカウントを作成して,そちらでWordを立ち上げてみる.すると,遅い気はするが,問題なく動いた.ということは,自分のアカウントに関連づけられている何らかの設定ファイルを破壊されたのだろう.というわけで,気付く限り,AppData下にあるWord関連のファイルを入れ替えてみるが,やっぱりダメ.Wordが立ち上がらない.

トホホ...

9月 142009
 

道の駅嘉手納を後にして,沖縄本島を東向きに横断し,海中道路を目指す.海中道路と言っても,海に潜るわけではない.本島と小さな島とを結ぶ,浅瀬を走る道路と橋のことだ.

嘉手納基地方面から丘陵地を越えて海岸線に出ると,遠くに海中道路が見えてくる.確かに,海上に道路がある.沖縄本島と小島の中間地点付近に何か建物も見える.

海中道路は非常に立派な道で,交通量もそれほど多くはないため,爽快なドライブを楽しむことができる.アメリカのキーウェストへと続くセブンマイルブリッジを彷彿とさせる.もちろん距離は比べものにならないが,海の綺麗さでは負けていない.

海の上を走る海中道路@沖縄
海の上を走る海中道路@沖縄

海の上を走る海中道路@沖縄
海の上を走る海中道路@沖縄

海中道路の途中に見えた建物は,海の駅だった.土産物が充実しているほか,綺麗な海を眺めながら食事もできる.

海中道路にある海の駅あやはし館@沖縄
海中道路にある海の駅あやはし館@沖縄