9月 152009
 

美しい海中道路を後にして,沖縄本島南端の糸満市に向かう.目的地は,沖縄県平和祈念資料館ひめゆりの塔だ.

広大なサトウキビ畑が広がる緑豊かな地域を南へ南へと進む.南風原町,八重瀬町,糸満市はまさに「ひめゆりの塔をめぐる人々の手記」(仲宗根政善,角川書店)の舞台であり,車窓から見えるのどかな風景にも心が痛む.

県営平和祈念公園内にある沖縄県平和祈念資料館は,10万人以上もの一般市民が殺された沖縄戦の悲惨な実態を伝承するために設立された施設である.その設立理念には次のように記されている.

”沖縄のこころ”とは、人間の尊厳を何よりも重く見て、戦争につながる一切の行為を否定し、平和を求め、人間性の発露である文化をこよなく愛する心であります。

私たちは、戦争の犠牲になった多くの霊を弔い、沖縄戦の歴史的教訓を正しく次代に伝え、全世界の人びとに私たちのこころを訴え、もって恒久平和の樹立に寄与するため、ここに県民個々の戦争体験を結集して、沖縄県平和祈念資料館を設立いたします。

非常に立派な沖縄県平和祈念資料館
非常に立派な沖縄県平和祈念資料館

沖縄県平和祈念資料館の正面入口
沖縄県平和祈念資料館の正面入口

沖縄県平和祈念資料館は驚くほど立派な建物で,沖縄戦に関する資料も大変充実している.正直なところ,あまり期待はしていなかったのだが,時間を割いて訪れるに値する施設だ.

滞在中に修学旅行生には出会わなかったが,大学生くらいのグループは多く,沖縄に来ても,遊びだけでなく,自国の暗い過去にも目を向けようとする姿を好ましく感じた.

沖縄県平和祈念資料館の展望台からは,県営平和祈念公園や険しく美しい海岸線を一望できる.

沖縄県平和祈念資料館から望む県営平和祈念公園
沖縄県平和祈念資料館から望む県営平和祈念公園

沖縄県平和祈念資料館から望む険しく美しい海岸線
沖縄県平和祈念資料館から望む険しく美しい海岸線

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>