9月 152009
 

2009年5月にグランドオープンしたばかりの真新しいサザンビーチホテル&リゾートに宿泊するわけだが,ホテルの周囲にはビーチを除いて何もない.ホテル内のレストランで食事をするよりは,居酒屋みたいなところでワイワイガヤガヤと安く楽しく食事をしたいので,沖縄本島最南端の喜屋武岬(きゃんみさき)からサザンビーチホテル&リゾートへとスバル・インプレッサで移動しながら,適当な店を探す.

もう港の対岸にホテルが見えてくるというところまで来たとき,交差点の角に「味どころ 田舎家」を発見した.ここから先,ホテルまでは全く何もない.間違いなく,ホテルに最も近い食事処だ.ただ,店の雰囲気が全くわからないので,車を停めて,偵察に行く.店内に入り,出てきた女将さんにメニューを見せてもらう.寿司や刺身の他に,沖縄郷土料理も色々とあるようだ.カウンターの大きなカニを指しながら,「ゴーヤチャンブルーとか沖縄の料理も,お勧めも,珍しいものもありますよ」と教えてもらった.メニューも豊富で,値段も手頃だ.良さそうなので,15名入れることを確認して車に戻る.

別行動でマリンスポーツを楽しんだはずの学生たちに連絡を取って,夕食の予定について尋ねると,まだ店は決まっていないらしい.それならということで,田舎屋に電話して,15名で予約する.

問題は,どうやってホテルから田舎屋まで移動するかだ.ホテルに最寄りとは言うものの,港の対岸にある田舎屋まで2kmはありそうだ.駐車場はあるとのことなので,車で行ってもよいが,そうするとドライバーがお酒を飲めない.それではあまりに可哀想なので,みんなで歩くか.あるいは,タクシーを使うか.私は徒歩派だったのだが,お酒を飲まないという学生が1名いたので,車で15名をピストン輸送し,最後に飲まない彼が車で店に行くことになった.

田舎屋@糸満, 沖縄
田舎屋@糸満, 沖縄

田舎屋では,座敷にテーブル3つを並べて用意していてくれた.まずは,オリオンビールの生で乾杯.少数の例外を除いて.人数が多いので,とりあえず,刺身の盛り合わせだけ先に頼んでおく.

料理はテーブルごとに注文することにして,ゴーヤチャンブルー,ソーメンチャンブルー,豚肉などの沖縄料理に加えて,天麩羅,焼き鳥などをガンガン注文する.前日のように注文してから1時間待たされることもなく,手際よく料理が出てくる.どれも美味しかったが,学生に評判が良かったのは,エビのウニ焼きだ.

田舎屋の苦いゴーヤチャンブルー@糸満, 沖縄
田舎屋の苦いゴーヤチャンブルー@糸満, 沖縄

田舎屋のソーメンチャンブルー@糸満, 沖縄
田舎屋のソーメンチャンブルー@糸満, 沖縄

田舎屋で人気だったエビのウニ焼き@糸満, 沖縄
田舎屋で人気だったエビのウニ焼き@糸満, 沖縄

ビールや焼酎を飲み,一通り食べたなというところで,女将さんに「あのカニを出してもらえますか」と伝える.カニは大きなハサミを見せつけながらカウンターのケース内に鎮座しているのだが,メニューにはない.壁に貼られたお勧めにもない.値段もわからない.そもそも名前も知らない.偵察に訪れたときに見掛けただけだ.そう言えば,値段も聞かずに注文したな...

しばらくすると,白い大皿に蒸したカニが盛られてやってきた.テーブルから「おーっ!」と歓声が上がり,5名がカニに手を伸ばすと,途端に静寂が訪れた.

田舎屋のノコギリガサミ@糸満, 沖縄
田舎屋のノコギリガサミ@糸満, 沖縄@沖縄

こっそりと注文したカニであったが,カニを見付けるやいなや,隣のテーブルでも,さらにその隣のテーブルでも,「あのカニを下さい!」と言って注文している.誰も,何というカニかも,いくらなのかも把握していない.無茶苦茶だ.

折角だからとカニについて尋ねてみると,奧から大将が出てきてくれて,そのカニはノコギリガサミという名前であること,沖縄近海で捕れるカニであることなどを教えてくれた.ちなみに気になる価格は,一杯4000円だった.1人800円になる計算だが,十分に楽しめた.

もう飲めません,食べられませんという状態になり,会計をお願いする.1人4000円程度.いやぁ,本当に値打ちがあった.サザンビーチホテル&リゾートに宿泊する人には是非お勧めしたい.

味どころ 田舎家

場所: 沖縄県糸満市西崎1-11-1
電話: 098-994-2658
営業時間: 17:00〜翌1:00
定休日: 月曜日

リンク: 食べログYAHOO!グルメ

味どころ 田舎家 (魚介料理・海鮮料理 / )
★★★★ 4.0

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>