10月 312009
 

約2年間,私が代表を務めさせていただいた研究会が最終回を迎えることになった.どちらかと言えば,参加者全員の利便性を考慮して,これまで東京で開催することが多かったが,最後の研究会は京都で開催することとし,研究会の締めとして,祇園で懇親会を催すことにした.なんだかんだと言っても,やはり「祇園」というのはブランドであり,京都を訪れる機会のない方々には,花見小路なども京都情緒のある景色であろう.

一ヶ月くらい前に店を予約した.この研究会は産学連携の研究会であり,全国各地の企業側メンバーと大学側メンバーを合わせて,懇親会参加者は20名程度.この人数を収容できて,一人8000円以内くらいで,できれば京都らしさのある,美味しい料理を食べられるところというのが条件だ.職業柄,懇親会の設定をする機会は多いので,自分が行ってみたいレストランのリストと,いつものように各所のクチコミなどを参考にしつつ,今回は,祇園花見小路にある”Restaurant Francais Abbesses“というフレンチのレストランに決めた.当然のように京町家を改装した店で,京野菜をふんだんに使ったフランス料理がポイントだ.

Abbesses(アベス)は,祇園花見小路沿いの建物の3階にある.花見小路から裏路地に入ったところにある格子を開け,エレベーターで3階へ.入口が奥まったところにあるため,注意しておかないと見過ごすかもしれない.

貸し切りではなかったものの,カウンター席以外のテーブル席すべてを占拠していたので,ほぼ貸し切り状態だった.5250円のディナーコースを注文し,後は各自で好きなドリンクを飲んだ.私はキールロワイヤル.研究室のコンパで学生に連れられて行くような店では,まずメニューにない.というわけで,飲む機会も少ないのだが,好きだ.最初の前菜は野菜たっぷりの鯖の料理だった.京野菜フレンチを謳うAbbesses(アベス)らしい.以降,メインディッシュのホロホロ鳥に至るまで,野菜がふんだんに使われており,かつ美味しかった.デザートは少なくとも4種類あって,私がいたテーブルでは,4人全員違うデザートをいただいた.自分で選ぶのではなく,店側で選んでサーブしてくれる.私が食べたデザートは,「かぼちゃのプリンとココナッツのブランマンジェ キャラメルアイス添え」だった.

また行ってみたい店だ.

メンバーの皆様,お疲れ様でした.2年間ありがとうございました.今後は,研究会で開発した技術を完成させ,産業応用を推し進めていくことになりますので,引き続き,よろしくお願いいたします.

Restaurant Francais Abbesses (アベス)

場所: 京都府京都市東山区祇園町南側570-232
電話: 075-533-2501
営業時間: 11:30〜14:00(L.O) 18:00〜21:00(L.O)
定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)

リンク: 食べログぐるなび

Restaurant Francais 祇園Abbesses (フレンチ / 四条、河原町、三条)
★★★★ 4.0