11月 202009
 

あえて英語公用語論
船橋洋一,文藝春秋,2000

「英語公用語論」というのは良くない命名だ.正しくは,「英語第二公用語論」である.第一と第二では全く意味が異なる.なぜなら,母語・国語である日本語の立場が天と地ほどに異なるからだ.本書の主張は,日本語を第一公用語,英語を第二公用語として,法制化せよということだ.

意思疎通するための道具としての英語がこれだけ世界中に広まった現在,もはや,英語ができないことによる損失は計り知れない.英語ができないよりはできた方がいい.これは誰しも異存ないところだろう.問題は,個々人の立場では,どうやって英語ができるようになるか,教育行政の立場では,どうやって英語ができるようにするか,ということになる.そこで,船橋氏は,英語を第二公用語にしようと主張しているわけだ.

これまでも,これからも,日本では「英語公用語論」が議論を巻き起こすことだろう.初代文部大臣である森有礼の妄想・暴言(日本語はダメな言語だから英語を国語にしよう)は論外として,20世紀にジャパン・アズ・ナンバーワンとまで世界に言わしめた日本が,元々国際社会の蚊帳の外にある政治分野のみならず,経済分野でも存在感をなくしていくとなると,その焦燥感から過激な主張が出てきてもおかしくはない.

船橋氏が問題にするのは,英語ができないことによる情報発信能力と対話力の欠如だ.テレビには,国際的に重要な会議で会話に交ぜてもらえない日本の閣僚の姿が頻繁に流される.テレビに映らないところでは,もっとそういう事態が生じていることだろう.ある総理が某国大統領と,”What are you?”,”I am Hillary’s husband.”,”Me, too.”,”?????”という会話をしたというのは有名な失笑話だ.それにしても,”How are you?”くらい言えんのか.ともかく,それなりの立場にある人は,特に国益にからむような公務に就く人は,英語が操れないと話にならない.

意見が割れるのは,英語力をどこまで多くの人々に要求するかという点だ.英語公用語論者は国民全体の英語力底上げを目指す.穏健派は,そんなのは無理だから少数精鋭でいこうとする.しかし,現在の日本は,少数精鋭にすらなっておらず,国益が損なわれている.国際社会での影の薄さが何よりの証拠だ.

この21世紀,日本人は日本を,アニメだけでなく,文化や伝統や思想や諸々のものを,世界の人々に理解してもらえるように努力しなければならない.訴えかけなければならない.発言しなければ,それは存在しないに等しいことを知らなければならない.世界に向けて日本について発信する努力をしてきた偉人には,「武士道」(”BUSHIDO: The Soul of Japan”)を書いた新渡戸稲造「代表的日本人」(”Representative Men in Japan”)を書いた内村鑑三らが含まれる.今後,このような努力を怠れば,昔は羽振りが良かったらしい極東の不思議な小国として忘れ去られる危険性がないとは言えない.

公用語にすべきだと安直に賛成はしがたいが,真剣に検討すべき課題であることは確かだろう.

先に読んだ「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」(水村美苗,筑摩書房)で,本書「あえて英語公用語論」が度々引用されていたので,読んでみた.

  4 Responses to “あえて英語公用語論”

  1. 「日本が第二次大戦で敗戦したときに英語を敢えて公用語にしなかったのは、アメリカが後の日本の台頭を恐れたからでは?」と真剣に友人と議論したことがありますが、英語公用語化、少なくとも英語教育においては今後何らかの変革を起こさなければならないトピックのひとつですね。
    英語が全てではありませんし、英語ばかりマニアックに追求する気もありません。またインドは英語が公用語になっているとはいえ、実際にはまだまだ英語を話せない人が多いですね。
    が、学術の世界でもビジネスの世界でも、そこには暗黙のヒエラルキーがあり、語弊があるかもしれませんが、各領域における暗黙のヒエラルキーの中で「上」に行く前提条件があるとすれば「英語」かもしれません。そこで頭角をあらわすには英語ではなく、その領域の専門性であるのは当然でありますが、英語ができなければ門前払いを受けるでしょう。最先端、最新の情報は常に英語で発信されます。日本語で発信される情報は所詮「ローカル」です。
    公用語にする必要があるかどうか、その本を読んでいないので分かりませんが、本来の目的は、「英語で意思疎通ができる日本人を増やすこと」であります。その手段の一つが公用語であり、ある種の強制力を働かせることでしょう。個人的には「第二公用語」としている時点で、「あ、何も変わらないだろうな」と思うのですが。インドを見ていると公用語にしていてもまだ英語をしゃべれる人って少ないです。で、しゃべれる人、特にかなり高いレベルで英語を話せる人は全く別のインセンティブ(国際的に活躍したいとか)で英語を勉強しています。
    (いつもお会いしたときはお話していますが)ボクが高校を作るならば、国語(日本語)と古典の授業以外は全部英語でやりたいくらいです。だめでしょうかね?笑

  2. > 国語(日本語)と古典の授業以外は全部英語でやりたい

    本書では,イマージョン教育というのが紹介されています.例えば,米国での事例では,日本語のイマージョンクラスを選択した生徒は,英語以外の科目をすべて日本語で受けます.選択制で,日本語,スペイン語など外国語のほか,普通の英語で授業を受けるクラスもあります.興味深いのは,日本語でのコミュニケーション力がかなり向上するのみならず,日本語で受ける科目の理解度が(英語で授業を受けているクラスと比較して)落ちていないということです.

    近年,大学院講義の英語化が議論されますが,「そんなことしたら学生の理解度が落ちる」という教授達の主張は必ずしも鵜呑みにできないということです.少なくとも,科学技術の分野で英語ができなければ,国際的に活躍できるはずがないわけで,学生に「国際的に活躍する研究者・技術者になれ!」と発破をかけながら,一方で英語での講義すらできないというのでは,言行不一致と糾弾されても仕方ないようにも思えます.この点については,今後,ますます議論が白熱してくるでしょう.というのも,そもそも,大学院の講義の役割から議論しなおさないといけない状況にあると思いますので.

    ちなみに,戦後,米国に占領された沖縄では,かなり徹底した英語教育を実施しようと占領軍が目論んだようです.しかし,住民の反対でできなかったとか.もしそうだとすると,米国があえて英語を公用語にしなかったわけではなさそうです.真相はわかりませんが...

    私としては,もちろん英語が大事であることは認めた上で,自分なりの思想を持つこと,自分なりの思想をきちんと述べられること,他人の思想を理解しようとすること,を学生には求めたいところです.まずは,日本語でこれらができないようだと,英語が話せたところで,中身のない奴ということで一蹴されてしまいかねませんから.だから,本を読めということになるわけですが...

  3. 英語のことをいろいろ考えると、やはり必要性というところに突き当たるような気
    がします。日本の学生と韓国の学生を比べると、韓国の学生の英語力が圧倒
    的に高いですが、この理由は、元々英語教育熱が高い等ありますが、英語の
    原書がハングル文字で翻訳されているものが圧倒的に少ないので原書を読ま
    ざるをえないそうです。先日、フィンランドに行く機会がありましたが、フィンラン
    ドの子供が英語にふれていくのは、フィンランド語の放送で面白いものがない。
    英語の番組は面白いものがあるので、それを見るために英語を必死になって
    覚えるというか、自然に覚える。そうだよなぁ、と思いました。

    日本では、文部科学省が「英語を使える日本人の育成」で国民全体を英検3
    級にとか、企業で就職するには、TOEIC***点必要とかいっても、結局、英
    語力なくても日本ではなんとかいけるのが、日本の強みというか弱みというの
    でしょうか、そんな感じなのかなという気がします。

    まぁ、いざそのような状況になった時に困らないように、子供には(自分を含めて)
    英語を勉強させていますが(笑)。

  4. 確かにポイントはそこでしょう.非西洋諸国の中で,素晴らしい国語を持っている希有な国が日本です.その他の国々では,ローカル言語と,植民地時代に強制された西洋語しかなく,国民を束ねられる国語がない.そこで,公用語としての英語が道具として重宝されることになる.日本では英語を有り難がる理由がなく,西洋語の本が多く翻訳されているため,原著を読む必然性もない.高等教育も同じで,ほとんどの科目を日本語の教科書で学ぶことができるため,英語の教科書を使わなければならない状況にはない.

    しかし,研究者や技術者であれば,論文は英語で読むしかなく.発表や議論も英語でするしかない.研究者や技術者でなくとも,国際的に活躍するということは,すなわち少なくとも英語ができることを意味する.

    デジタル・デバイドという言葉があるが,本当に差ができるのは,パソコンを使えるかどうかではなくて,母国語の情報に加えて,英語の情報を利用できるかどうかだと言われる.パソコンを使えたところで,ゴミみたいな情報と戯れているだけでは,何の御利益もない.

    英語を公用語にするかどうかなんて難しい話の前に,各テレビ局に,一定の割合で英語番組(英語学習番組ではなく)を放送することを義務づけてしまえばいい.低俗な番組をあれだけ公共電波で垂れ流す余裕があるのだから,その一部を英語番組にしても何の問題もないでしょう.衛星放送やケーブルテレビでCNNでもBBCでも見ればいいというのはダメ.低俗番組を減らしたいので.

    まあ,「自分の身は自分で守れ」が原則です.外国語ができるかできないかで大きな差が生まれうることは明らかであり,勉強する気があれば誰でも勉強できるのですから.こう言われてもピンとこないなら,イソップのアリとキリギリスでも読めというところです.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>