12月 072009
 

先週,工学研究科(大学院)と工学部(大学)の教育シンポジウムに参加した.第一回に参加したときのことは,「第一回工学部教育シンポジウム@京都大学」に書いてある.今回は5回目だったかな.シンポジウムの冒頭,工学研究科長が某大学ランキングにおける京都大学の教育への低評価を嘆いておられたことは,「東洋経済の本当に強い大学ランキングは本当に意味のある大学ランキングか」に書いたとおりだ.

さて,今回のシンポジウムでは,博士課程に在学する学生へのアンケート調査結果が,担当した学生から紹介された.経済的負担のことや,就職のことなど,様々な結果が報告されたが,ここでは,英語論文の執筆について取り上げておこう.

大学で教員をしていれば,あるいは学生であっても,英語で論文を書く機会はあるだろう.少なくとも,研究重視の大学で理工学系であれば,日本人向けのサービスという意味を除けば,日本語で論文を書いてみても仕方がない状況ではないだろうか.今や国際語は英語なのだから.

当然,研究室の戦力である博士課程学生も英語で論文を書く.上記のアンケート調査には,その英語論文の仕上げをどうしているかという設問があった.教授のチェックや添削業者に発注などが多かったように思うが,コメントが傑作だった.

教授の英語が正しいかどうかわからないので,何とかして欲しい

いや,全くその通りだろう.実際,私も,正しい英語を書いているという自信はない.論文はすべてアメリカ人に添削してもらっている.幸い,何年も添削をしてもらっているおかげで,真っ赤になって返却されてくることはなくなったが,それでも,「文法的に間違ってはいないが,普通,英語でそういう表現はしない」なんていうのはわからない.前置詞や冠詞の用法も難しい.

このような状況をふまえて,調査結果を報告してくれた学生の提案は,「大学で英語論文を添削してくれる人を雇用したらどうですか」というものだ.この提案には大いに賛成する.添削業者に外注しているような研究室は相当な金額を支払っているはずだからだ.その費用を集めれば,大学で雇用することもできなくはないだろう.例えば,1日に論文2報で計20ページを添削するとしよう.1年に250日添削すると,合計5000ページになる.1ページ2000円とすれば,添削費用は1千万円だ.問題は,こんな条件で請け負ってくれる人がいるのかという点だが...