12月 142009
 

最適研究会2009: 想いを活かす仕事とは?」に続き,昨日書いた「最適研究会+最適飲み会: 文字通り最高の講演会と懇親会.京大PSE研の凄さを感じさせてくれた.」の詳細報告.参加できなかった人達向けだ.

最先端ロボットには何ができないか?〜発想転換のすゝめ〜

立命館大学チェアプロフェッサー兼マンマシンシナジーエフェクタズ株式会社代表取締役社長である金岡君の講演.学部時代にはプロセスシステム工学研究室でデータ解析の研究をしていたが,どうしてもロボットの研究がしたいと,機械系の大学院に進学した.化学工学出身でありながら,ロボット研究の第一線で活躍する異色の研究者だ.マンマシンシナジーエフェクタ(人間機械相乗効果器)という概念を唱え,ベンチャー企業社長としても活躍している.

金岡君の講演は,「真理を知ることはできるのか?」という問いから始まった.我々が経験していることは実際に起こっているのか,さらに言えば,我々の世界は本物か,というのは,昔から人類(の一部)が考えてきた問題だ.キアヌ・リープス主演の”MATRIX”という映画を見たことがある人は多いだろう.モーフィアスがネオに言う”What is the real?”という,あの問いだ.そう言えば,全く本題に関係ないが,今年ハワイに家族旅行で行ったとき,キアヌ・リーブスの別荘を見た

科学とは何か

科学は真理を探究していると主張するが,真理は明らかにされうるのだろうか.これは,科学哲学の問いだ.講演では,「構造主義科学論の冒険」(池田清彦)を紹介してもらった.

このブログでも「科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐる」(戸田山和久)などを紹介しているので,興味があれば読んでみるといいだろう.こちらは初心者向けだ.

さて,上述の問いに対しては,科学は現実に対するモデルを提供しようとすると答えることができる.モデルというのは,現実に起こっている現象を概ね正しく表現できるものだ.現実そのものではないが,それによって我々は目的を達することができるようなものだ.つまり,役に立つ現実の捉え方だと言えよう.そうすると,現実世界で生きる我々にとっては,現実をどのように捉えるのかが重要であり,その捉え方が役に立つかどうかが問題となる.金岡君が例に挙げてくれたのは,すべてが光速に近い速さで動く星があって,そこに知的生命体が住んでいるとして,彼らがニュートン力学を考えだし,利用することはあるだろうか,という問いだ.アインシュタインの相対性理論が示すとおり,光速に近い世界の現象をニュートン力学は正しく説明できない.つまり,その知的生命体にとって,ニュートン力学は全く役に立たない代物であり,その星でニュートン力学が一時期であっても科学界を支配することなどありえないだろう.我々にとっては,現実の現象を概ね正しく表現できており,何かと役に立つという意味で,ニュートン力学は1つの意味のある捉え方である.

いくつかの思考実験

このような前提を置いた上で,思考実験として,人脈は大事か,理系離れを防ぐには,エコ技術とは,ロボットには何ができないか,について考えてみることを求められた.身近な社会的な話題から入り,徐々にロボットに話題を移す戦略だ.まず,ロボット以前の思考実験について,途中経過は一切省いて,金岡君のコメントを見ておこう.

まず,人脈について.「利用する・される」という関係程度の人脈であれば,そんなものは必要ない.必要なのは,「応援する・される」という関係の人脈だ.ベンチャー企業を立ち上げた彼らしい.次に,理系離れについて.理系が搾取される構造を打破し,理系が生み出す価値をお金として正当に評価させなければならない.興味を持ってもらいましょうなんて政策では根本的な解決にはならないということだ.そして,エコ技術について.小さな国家の国力を大きく維持することが必要である.注意してもらいたいのは,以上すべてについて,全く同一のフレームワークで検討しているという点だ.つまり,問題をどのように捉えるかが大切であり,役に立つような捉え方をしなければいけないということだ.そして,もう1つ.金岡君が強調したのは,発想の転換だ.

ASIMOは歩いているのか?

これらの準備運動をふまえて,最後のロボットについての話題に移る.ロボットについて考えるときの鍵は,「ロボットには何ができるか?」ではなく,「ロボットには何ができないか?」だという.そのための視座を与えてくれるのが,「自動」と「自律」の違いである.例えば,ホンダのASIMO.歩いたり芸をしたりしているのを見たことがある人は多いはずだ.では,あのASIMOは歩いているのか.金岡君は言う.あれは歩いているように見えるだけであって,決して歩いているのではない.このように動作すれば歩いているように見えるという動作をしているだけで,歩こうと思って歩いているわけでも,自分が歩いていると思っているわけでもない.そのことを象徴する例として示してくれたのが,ASIMOが階段を上がろうとして転倒する事故の動画だ.YouTUBEで誰でも見ることができる.階段を転げ落ちて壊れてしまうのだが,身動きできなくなったのに,「このように階段を上れます」みたいなことを話している.いや,正確には,話しているような印象を与えるプログラムを自動的に実行している.

この問題は非常に奥が深い.人間とは何か,自由意志は存在するのか,というところまで行ってしまう.このブログを読んでいる人達は,自分の意志で読んでいると信じているだろう.何の根拠もなしに.いや,本当に根拠なんてないのだ.ベンジャミン・リベットが示したように,我々が何かを感じるとき,その感覚が脳で知覚されるまでには0.5秒かかる.「いや,触った瞬間に触ったとわかる!」と反論する人もいるだろうが,そうではない.脳のメカニズムがそのように思わせるようになっているだけなのだ.それだけではない.知覚が遅れているばかりでなく,人間が何か行為するとき,意識的にその行為を決定する以前に既に無意識に意志決定がなされているというのだ.これが何を意味するかわかるだろうか.恐ろしいことに,人間には自由意志がないかもしれないということだ.プログラミングされた通りに動いているだけ,自由意志を持って動いているように見える動きをしているだけかもしれないということだ.階段で転倒したASIMOと何が違うのか.興味があれば,「マインド・タイム 脳と意識の時間」(ベンジャミン・リベット)を読むといいだろう.

僕がガンダムを作る

人間が自律しているかどうかすら怪しいのに,その人間が自律ロボットをつくるだって?

現在の技術では,自律ロボットはつくれない.どうやってつくればいいかを誰も知らない.これが現実だ.実際,自律ロボットを制作しようとする試みは,大量の資金を注ぎ込みながらも,ことごとく失敗する.今,我々にとって大切なのは,見せかけだけのロボットを制作することではなく,人間にとって本当に役に立つロボットとは何なのかを考え,そのようなロボットの実現に向けて努力することではないか.このような立場から,金岡君が考えるロボットとは,人間みたいなことができるロボットなどではなく,人間の弱い部分を補ってくれるロボットだ.つまり,生身の人間では到底できないようなことを,人間の判断の下で,できるようにしてくれるロボットだ.

現在の技術では,鉄腕アトムのような自律ロボットを製作できる見込みはない.しかし,人間の判断で,人間が動かすロボットであれば,製作できるだけの技術が誕生してきている.そう,ガンダムは本当に作れるというわけだ.講演では,APPLESEEDとマクロスFを例に,人間が操縦するロボット(モビルスーツ)の映像を見て,この動きができるロボットを作るんだと熱く語ってもらった.

研究への情熱.新しいものを作り出すことへの執念.そして,その行動を裏付けるための哲学.素晴らしい講演を聴かせてもらった.

NHK講座の紹介

最後に,金岡君への感謝の気持ちを込めて,彼の宣伝をしておこう.1月23日に立命館大学びわこくさつキャンパスにて,NHKカルチャー講座が開催される.講座のタイトルは「ガンダムは実現するか?〜最新ロボット工学と近未来のロボット〜」で,講師はもちろん,金岡君だ.刺激を受けたい人は是非参加してみよう.「加納のブログを見た」と言っても割引はないけれど...

12月 142009
 

最適飲み会から帰った後,酔っぱらいながら書いたのが,昨日の「最適研究会+最適飲み会: 文字通り最高の講演会と懇親会.京大PSE研の凄さを感じさせてくれた.」だ.読み返してみると,折角の最適研究会について少ししか書けていないので,ここで補足しておこう.

想いを活かす仕事とは?

辻君(株式会社アクセル)の講演.新卒でJPモルガンに就職してからは,エクイティデリバティブ商品を開発する業務に従事.金融商品に関する知識を持たない参加者がほとんどなので,非常に平易に説明してもらった.要するに,金持ちにリスクを取らせるのが会社の商売であり,そのための商品開発が彼の仕事だったというわけだ.リーマンショック後,彼1人だけを残してグループ全員が解雇,他のグループと統合,その後,香港への業務集約のために,彼も退職勧告を受けた.不況のどん底で,就職活動をする羽目になったわけだ.金融やコンサルティング業界を中心に,いくつかの企業から内定をもらい,最終的に現在のアクセルに転職を決めた.

元々,化学工学専攻出身でありながら,外資金融に就職しようとしたのは,日本のメーカーに比べて,Chanceがあると見込んだからだ.工学系学生が金融業やコンサルティング業に就職することを否定する人達は多いが,1)そこで働いている人達の方が魅力的です,2)そこの待遇の方が遙かに魅力的です,という2つの主張に打ち勝つだけの魅力を提示できないなら,否定しても仕方がないだろう.よく2)だけを取り上げて,仕事は金だけじゃないという人がいるが,そんなことは当然分かっているわけで,問題は1)である.まあ,これは私の考えなので,話を講演に戻そう.

社会企業家との出会い

希望に胸をふくらませての新卒就職から退職勧告に至るまで,外資系金融会社において様々な経験をし,そして転職しなければならない状況になった彼の指針は,「Chance! Challenge! Change!」であったという.「自らチャンスを見つけ出し,チャレンジして,自分と周囲を変える!」ということだ.確かに外資金融はChanceに恵まれているようだ.しかし,Changeに目を向けたとき,世界を良い方向へ変えたいという想いを実現する場ではないように思われる.

この「世界を良い方向へ変えたい」という想いがどこから生まれてきたのか.辻君は一冊の本との出会いを紹介してくれた.その本とは,「“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事」(小暮真久)だ.著者は,テーブル・フォー・ツー(TFT)というNPO法人を立ち上げたマッキンゼー出身の社会企業家で,TFTでは,社員食堂でカロリーを抑えた食事を提供し,その食事代の一部(20円:開発途上国の1食分に相当)をアフリカの学校給食支援に充てるという運動を展開している.この仕事のやり方に感銘を受けたというわけだ.実際,小暮氏に連絡して,会って話をさせてもらったという.この行動力を学生達にも見習って欲しい.

日本を背負っているくらいの想いで仕事をしろ

このような新しい視点を得て,転職先に選んだのが,コンサルティング会社であるアクセルだ.「知的資本経営は社会を変える」という信念のもと,「知的資本経営の価値を説き,共に実践することで,知識社会への変革をリードする」を経営理念とする.職場ではいつも上司から,「日本を背負っているくらいの想いで仕事をしろ!」といわれているそうだ.あなたの上司はいつもなんと言っているだろう?

講演の締め括りに辻君が持ってきたのは,森鴎外だ.「舞姫」などで文人としてよく知られているが,軍医として,陸軍省医務局長(人事権をもつ軍医のトップ)まで務めた人物である.