12月 172009
 

日本の難点
宮台真司,幻冬舎,2009

私が理解できた範囲では,「そりゃそうだ」とか,「なるほど」と思えるところも多かった.しかし,理解できなかったところも少なくない.それは,著者の宮台氏に言わせれば,私が馬鹿だということになるのだろう.「本書はこれ以上はあり得ないというほど,噛み砕いて書かれています」と書いてあるのだから.確かに,社会学の知識をほとんど何も持ち合わせていないので,そう見なされても仕方がない.ということは,本書は社会学に心得のある人達向けに書かれた本だということになる.専門用語っぽい(分からないので判断できない)カタカナ語がたくさん登場する.

共感するのは,昨今のメディアが大衆に媚びており,弱者の味方を装って人気を取ろうとしか考えておらず,ポピュリズム臭が酷く,望ましい社会の実現を妨害するようなことばかりしているということ.政治も全く同じだということ.諸外国に比べて,政治家やメディアのレベルが低いこと(これは民度が低いということ).環境問題は政治問題であり,日本は大失敗をやらかしているということ.農業政策を抜本的に変えないと日本の安全保障が立ち行かないこと.早期教育は意味ないんじゃないかということ.その他諸々...

よくわからないのは,宮台氏の昔はナンパ師でした自慢とか,難しい書き方とか...

以上から,本書で取り扱われている話題の広さはわかるだろう.社会学者が現代社会をどのように眺め,どのように解釈し,どのように関わっているのかを知るという意味で,本書「日本の難点」を読んだらいいと思う.本書がベストかどうかは知らないが,何かしらの気付きは得られるだろう.

目次

  • 人間関係はどうなるのか――(コミュニケーション論・メディア論)
  • 教育をどうするのか――(若者論・教育論)
  • 「幸福」とはどういうことなのか――(幸福論)
  • アメリカはどうなっているのか――(米国論)
  • 日本をどうするのか――(日本論)
12月 172009
 

教育高度化に向けて,インタラクティブホワイトボード以外に,クリッカー(オーディエンス・レスポンス・アナライザー)も導入する計画がある.計画があるといっても,私が買いましょうと旗を振って,誰も文句を言わないので,それが承認されるというだけのことだが.ともかく,自分が作りたい教育環境が実現できるのは有り難い.教育環境といっても,これらはただの道具であるから,中身が問題であることは言うまでもない.

クリッカーあるいはオーディエンス・レスポンス・アナライザーというのは,受講生に対してリアルタイムにアンケート調査ができるシステムだと思えばいい.例えば,講演会や講義で,予め受講生に小さな端末を配布しておく.その端末にはいくつかのボタンがある.講演者はパソコンと液晶プロジェクターを使ってプレゼンするわけだが,そのパソコンにコントローラを導入しておく.講演者が質問し,受講生が端末のボタンを押して答える.その結果がリアルタイムにパソコンで集計されて,液晶プロジェクターで表示されるわけだ.ある会社の方に来てもらいデモをしてもらったが,なるほど,非常に面白い.

実は,このクリッカーあるいはオーディエンス・レスポンス・アナライザーについては,既に「講義やセミナー用の便利ツール」に書いてある.そのときは興味を惹かれただけであったが,今は,それを購入するだけの予算がある.有り難い.

さて,インタラクティブホワイトボードと同様,多くの会社が似たようなシステムを販売しているので,機種選定をしなければならない.これが大変だ.

来年度の講義は,「インタラクティブ・ホワイトボード」+「オーディエンス・レスポンス・アナライザー(クリッカー)」で一気にハイテク化される.