12月 172009
 

教育高度化に向けて,インタラクティブホワイトボード以外に,クリッカー(オーディエンス・レスポンス・アナライザー)も導入する計画がある.計画があるといっても,私が買いましょうと旗を振って,誰も文句を言わないので,それが承認されるというだけのことだが.ともかく,自分が作りたい教育環境が実現できるのは有り難い.教育環境といっても,これらはただの道具であるから,中身が問題であることは言うまでもない.

クリッカーあるいはオーディエンス・レスポンス・アナライザーというのは,受講生に対してリアルタイムにアンケート調査ができるシステムだと思えばいい.例えば,講演会や講義で,予め受講生に小さな端末を配布しておく.その端末にはいくつかのボタンがある.講演者はパソコンと液晶プロジェクターを使ってプレゼンするわけだが,そのパソコンにコントローラを導入しておく.講演者が質問し,受講生が端末のボタンを押して答える.その結果がリアルタイムにパソコンで集計されて,液晶プロジェクターで表示されるわけだ.ある会社の方に来てもらいデモをしてもらったが,なるほど,非常に面白い.

実は,このクリッカーあるいはオーディエンス・レスポンス・アナライザーについては,既に「講義やセミナー用の便利ツール」に書いてある.そのときは興味を惹かれただけであったが,今は,それを購入するだけの予算がある.有り難い.

さて,インタラクティブホワイトボードと同様,多くの会社が似たようなシステムを販売しているので,機種選定をしなければならない.これが大変だ.

来年度の講義は,「インタラクティブ・ホワイトボード」+「オーディエンス・レスポンス・アナライザー(クリッカー)」で一気にハイテク化される.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>