12月 292009
 

理系のための人生設計ガイド
坪田一男,講談社,2008

京大生協の店舗で本棚を眺めていたときに,ふと目に留まったので,いつものように図書館で借りてみた.山中教授の帯がインパクトがあったからのように思う.

著者の坪田氏は慶應義塾大学医学部教授.本書「理系のための人生設計ガイド」は,まさにタイトルの通り,理系の大学院生や若手研究者を対象に,人生設計の大切さと方法を,具体例を交えて解説したものだ.内容はありきたりではない.経済的自立のために本職(大学教員の給料)以外でお金を稼ぐ方法や,会社・学会・NPO法人の設立の仕方など,並の大学教授には書けないようなことが書いてある.もちろん,そればかりでなく,科研費申請書の書き方から教授選挙のポイントまで,大学教員の関心事もしっかり書いてある.理系と一口に言っても,医学部は特殊なので,そういう意味でのバイアスはかかっていると思うが,それでも理系なら若いうちに一読する価値はある.

私自身に経験がない部分は評価しようがないが,全体としては極めてまともな主張がなされている.自己分析をしろ,お金にも気を配れ,仲間を作れ,とにかく業績をあげろ,表現力を高めろ,時間を有効に使え,等々.

本書を読んで動機づけられたら,もっと深い本を読むといいだろう.例えば,自己分析や時間管理なら,「経営者の条件」(ピーター・ドラッカー,ダイヤモンド社).お金のことなら,「宇宙を味方にしてお金に愛される法則」(ボブ・プロクター,きこ書房).ちょっと違うか...仲間を作ることなら,「人を動かす」(デール・カーネギー,創元社).表現力なら,「話し方入門」(デール・カーネギー,創元社)

今,この本を読んで,自分自身がやらねばと思ったことは,1)本を書くこと,2)積極的に人に会うこと,3)会社設立を真面目に考えることだ.本を書くのは,自分を社会に対して売り込むと共に収入を増やすため.人に会うのは優れた人と縁を結ぶため.会社設立を考えるのは,いつも間にか染みついたリスク回避思考を払拭するため.

本書の素晴らしい点は,坪田氏の前向きな姿勢そのものにある.「ごきげん」主義なのだそうだ.

とにかく,「将来のことは考えてません」などという戯けた理系は,すぐに読むといい.

目次

  • 設計1 基礎知識編-成功のためには「人生設計」が必要だ
  • 設計2 自己分析編-「自分年表」で人生を仮説にする
  • 設計3 経済編-研究者こそ経済的自立が必要だ
  • 設計4 友人・知人編-人的ネットワークを増やすには
  • 設計5 海外ネットワーク編-世界で認められる研究者になる
  • 設計6 ポスト編-母校の教授になるために
  • 設計7 業績向上編-ノーベル賞を狙う気持ちで研究する
  • 設計8 表現編-表現力をつけて社会にアピールする
  • 設計9 インフラ編-会社、学会、NPOを用意する
  • 設計10 時間編-人生設計とは「時間をどう使うか」である
  • 設計11 トラブル編-理系の弱点「危機管理能力」を備えよう
12月 292009
 

スピリチュアル オーラブック
江原啓之,マガジンハウス,2006

人には,霊体のオーラと幽体のオーラがあるそうだ.江原氏によると,霊体のオーラは人間の本質や人格を表し,幽体のオーラは肉体の健康状態を表すらしい.本書「スピリチュアル オーラブック」では,自分のオーラがどんな色をしているか,そしてそれが何を意味しているかを知ることができるらしい.本当かどうかは私には判断できない.

オーラというと怪しげに聞こえるが,昔の宗教画を見れば,聖人の頭には必ず金色の円盤が描かれている.東洋でも,後光という.要するに,これらが霊体のオーラだ.科学と合理主義に洗脳された現代人には見えにくくなってしまったが,自然に近い生活をしていた昔の人々には普通に感じられたのかもしれない.

最初に書かれているチャートに,Yes,Noで答えていくと,私の霊体のオーラはどうやら赤紫色のようだ.その説明を見ると,「面倒見が良くて情け深い頼れるリーダー」と書いてある.う〜ん,どうだろうか.

ちなみに,私は工学系の研究を生業としている典型的な理系だが,非科学的なことにも極めて柔軟であると思う.周囲が驚くほどに.引き寄せの法則が言うように,イメージしたことは現実になるのだと思うし,「ありがとう」と何度も呟くし,そのように行動したとして特にデメリットがないものであれば何でもやらなければ損じゃないの?と考えるタイプだ.ある意味,徹底的な合理主義者だとも言える.

まあ,そんなわけで,スピリチュアル系の本も読んだりする.

目次

  • 第1のオーラ
  • 第2のオーラCheck!