12月 292009
 

スピリチュアル オーラブック
江原啓之,マガジンハウス,2006

人には,霊体のオーラと幽体のオーラがあるそうだ.江原氏によると,霊体のオーラは人間の本質や人格を表し,幽体のオーラは肉体の健康状態を表すらしい.本書「スピリチュアル オーラブック」では,自分のオーラがどんな色をしているか,そしてそれが何を意味しているかを知ることができるらしい.本当かどうかは私には判断できない.

オーラというと怪しげに聞こえるが,昔の宗教画を見れば,聖人の頭には必ず金色の円盤が描かれている.東洋でも,後光という.要するに,これらが霊体のオーラだ.科学と合理主義に洗脳された現代人には見えにくくなってしまったが,自然に近い生活をしていた昔の人々には普通に感じられたのかもしれない.

最初に書かれているチャートに,Yes,Noで答えていくと,私の霊体のオーラはどうやら赤紫色のようだ.その説明を見ると,「面倒見が良くて情け深い頼れるリーダー」と書いてある.う〜ん,どうだろうか.

ちなみに,私は工学系の研究を生業としている典型的な理系だが,非科学的なことにも極めて柔軟であると思う.周囲が驚くほどに.引き寄せの法則が言うように,イメージしたことは現実になるのだと思うし,「ありがとう」と何度も呟くし,そのように行動したとして特にデメリットがないものであれば何でもやらなければ損じゃないの?と考えるタイプだ.ある意味,徹底的な合理主義者だとも言える.

まあ,そんなわけで,スピリチュアル系の本も読んだりする.

目次

  • 第1のオーラ
  • 第2のオーラCheck!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>