1月 082010
 

西オーストラリアのパース近郊にメインキャンパスがあるカーティン工科大学(Curtin University of Technology)を訪問した.パースの市街地(City)からはTransperthのバス72か75で20〜30分ほどかかる.

CityのAdelaide Terrace(アデレイド通)沿いのバス停で乗車し,スワン川を渡ると,後はカーティン工科大学まで住宅街を走る.似たような景色が続くので,どこをどう走っているのかよくわからない.それでも,カーティン工科大学のバス停はバスターミナルになっているので,降り損ねることはない.

カーティン工科大学(Curtin University of Technology)のバスターミナル@パース,オーストラリア
カーティン工科大学(Curtin University of Technology)のバスターミナル@パース,オーストラリア

バス停に面して,カーティン工科大学(Curtin University of Technology)のキャンパス入口がある.ただし,正門ではなく,裏門のようだ.ちょうど夏休みのため,学生はほとんどいない.広いキャンパスは閑散としている.

Curtin University of Technologyのバス停に直結したキャンパス入口
Curtin University of Technologyのバス停に直結したキャンパス入口

キャンパス内に入ると,まるで公園のようだ.日本のゴミゴミした窮屈なキャンパスとはまるで違う.美しい青空の下,広々とした緑豊かなキャンパスで,本当に羨ましいかぎりだ.

まるで公園のようなCurtin University of Technologyのキャンパス
まるで公園のようなCurtin University of Technologyのキャンパス

キャンパスを突き抜けて,バスターミナルの反対側まで行くと,大学の正面に出る.ここも広い公園のようになっている.芝生に寝転がってボーッとしていたい衝動にかられる.

Curtin University of Technologyのキャンパス正面
Curtin University of Technologyのキャンパス正面

キャンパス内を散策していると,カーティン工科大学(Curtin University of Technology)の自動車を見付けた.大学の名前とロゴがデカデカと書かれた,宣伝用車両だ.

Curtin University of Technologyの宣伝用車両
Curtin University of Technologyの宣伝用車両

さて,今回の訪問先は,カーティン工科大学(Curtin University of Technology)の化学工学専攻(Dept. of Chemical Engineering)だ.プロセスシステム工学分野の教授はMoses Tadeで,彼は現在,工学部長を務めている.今回はランチディスカッションを設定してもらい,昼食前に,京都大学や化学工学専攻,さらに私自身の研究内容について紹介した.ランチディスカッションのアレンジは,化学工学専攻長のH Ming Ang先生にしていただいた.オーストラリアと日本では,大学のシステムが随分と異なるため,そのあたりの話でも盛り上がった.オーストラリアは資源国であるため,同じプロセスシステム工学分野でも,随分と研究対象が異なる.これも実に興味深い.

化学工学専攻の入っている建物@Curtin University of Technology
化学工学専攻の入っている建物@Curtin University of Technology

化学工学専攻の入っている建物の横では,新しい建物を建設している最中だった.Engineering Pavilionとかいう名称の建物で,工学系の産学連携などの拠点とするらしい.Ang先生によると,金融危機の際に,オーストラリア政府の景気刺激策として建設が決まったそうだ.工事の看板にはデザイナーの名前も記載されていて,なんだか格好良さげな建物になるようだ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>