1月 302010
 

本日,JR品川駅に隣接する品川インターシティ内の京都大学東京オフィスで日本学術振興会第143委員会の研究会があった.京都大学東京オフィスは27階にあり,ラウンジなどからの展望は素晴らしい.それにしても,京大も凄い場所を借りたものだ.どれだけの維持費を使っているのだろうか...

さて,その会議が終わり,京都へ戻るために品川駅へ行くと,緑の窓口に大行列ができていた.新横浜と小田原の間で架線が切れたらしく,昼過ぎから新幹線が動いていない.モニターには,14時台の列車が表示されたままだ.その場で,新幹線が動き出したとの情報が流れる.問題は,指定席を予約している「のぞみ」が運休せずに走るか,走ったとして指定席は有効か,いつ走るか,ということだ.全く情報がないので,改札口付近の駅員さんに尋ねる(正確には尋ねてもらう).その結果,予約した指定席は有効で,2〜3時間遅れでの運行になるだろうとのことだった.

しばらくは全席自由席に変更とのことだったが,東京駅は新幹線に乗りたい人達で大混雑になっているに違いない.当然,品川から乗れるはずもない.そこで,その場にいた京都&名古屋組5名で,ご飯を食べて待つことにした.1時間少しして改札口に戻ると,18時前後の新幹線が発着していた.ところが,指定券を取った「のぞみ」が表示されていない.はぁ?って感じ.隣のモニターを見ると,その「のぞみ」が運休する新幹線のリストに載っている.適当臭い駅員さんの発言のために,時間をロスすることになったようだ.運休になるなら,のんびり食事してないで,他の方法を探すって...

結局,混乱に乗じて,空いた指定席に座って京都まで帰ってきた.約2時間遅れ.まあ,仕方がない.またしても,3時間ほど車内に閉じ込められた人達がいるであろうことを思えば,楽しく食事して無事に帰れたのだから,そのことに感謝しよう.

品川から京都へ戻る車内で不思議に思ったことがある.別の列車の指定券を持っていたこともあるが,私なんかはサッサと空いている指定席に座ったのに対して,新横浜を過ぎても立っている乗客が少なくなかった.空いている座席があるのに.図々しく座ったらいいと思うし,JRも座ってもいいと言ってあげればいいのに.というのも,そもそも発券システムが過去の指定券を発券できないために,大幅に遅れている列車の指定席はガラガラなのだから.システムの不備で乗客を犠牲にしなくてもよいと思う.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>