2月 122010
 

自分のウェブサイトに掲載されるamazonの広告を眺めていて,「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」なんていうタイトルの本が目に留まった.少女マンガ的?,2次元オタク向け?の表紙でありながら,ドラッカーだ.なんだか興味を引かれたので,図書館で予約しようとしたら,すでに50件近くの予約があった.人気があるようだ.サルでも分かるドラッカーみたいなものか!?

2月 122010
 

長男6歳が読書に目覚めたようだ.我が家は早期教育なんてものに全く興味がないので,いわゆる勉強は何も教えていない.この4月から小学生になるわけだが,ひらがなやカタカナを書けるようになれとも,計算ができるようになれとも言わない.通っている幼稚園も,そんなことよりも,絵を描いたり,工作したり,自然の中で遊んだりを大切にしてくれている.

それでも毎晩,寝るときには彼女が読み聞かせをしていて,希に早く帰宅した日や休日には,私も読み聞かせをしている.

まあ,そんな環境なわけだが,彼女や私が家で本を読んでいるのを見て,自分も読みたいと思うらしい.先日,彼女が本を読んでいると,その本を覗き込んで,「○○くんも,そんな凄い本読めるようになりたいなぁ」と言ったそうだ.それで彼女は,本を買ってあげると約束したらしい.ちょうど,幼稚園で借りてきた「エルマーと16ぴきのりゅう」を独り黙々と読んでいるところだったので,シリーズ一作目の「エルマーのぼうけん」を買うことになった.

今日(休日だが),仕事から帰宅すると,長男が嬉しそうに「エルマーのぼうけん」を手にして,「もう30ページまで読んだで!」と教えてくれた.

「エルマーのぼうけん」シリーズは,幼年童話の傑作として高い評価を得ているだけのことはあって,子供の興味を引くのだろう.

ちなみに,長男だけに本を買って,長女4歳に何も買わないというわけにはいかない.そんなことをすると,長女が荒れ狂って酷いことになる.そんなわけで,長女はフレッシュプリキュアの本を買ってもらっていた.既に「フレッシュプリキュア」は最終回を迎え,この前の日曜日からは「ハートキャッチプリキュア」になっているのだが...ところで今回のフレッシュプリキュアからハートキャッチプリキュアへの交代で,ターゲット年齢が一気に下がりましたよね!?