2月 232010
 

聖なる予言
ジェームズ・レッドフィールド(James Redfield),山川紘矢(訳),山川亜希子(訳),角川書店,1996

人類の未来を予言する九つの知恵について書かれた写本が,南米ペルーの古代遺跡で発見された.しかし,教会を中心とする強大な勢力が,この写本を完全に隠滅しようとする.一体,九つの知恵とは何なのか.この写本をめぐる冒険フィクションが本書「聖なる予言」だ.実によく書けている.

主人公は,ペルーで出会う人々や次々と起こる事件から,一つずつ知恵を学んでゆく.それは,人間が霊的に成長するための知恵だ.第九の知恵まで辿り着いたとき,彼は知恵の全貌を次のようにまとめている.

写本の知恵の一つひとつが私の心の中で融け合って,一つの意識となった.第一の知恵で明らかにされたように,私の人生の不思議な展開の仕方に気づいていた.そして第二の知恵が指摘するように,文化全体がこの不思議を感じ始め,私たちは新しい世界観を構築しつつあることを知った.第三と第四の知恵は,この宇宙は実は大きなエネルギー体であり,人間が対立をくり返しているのは,エネルギーが不足し,何とかそのエネルギーを他人から奪い取ろうとしているからだと,私に示してくれた.第五の知恵は,エネルギーをより高い次元から受け取ることによって,私たちはこの闘争を終わらせることができることを,明らかにしていた.この能力は私にとってもうほとんど習慣になっていた.第六の知恵は,私たちは何回もくり返している古いドラマを清算し,本当の自分を発見できると教えていたが,これも私の心に永久に刻みこまれていた.そして,第七の知恵によって,本当の自分の進化がスタートしたのだった.それはその時々に起こってくる問題と,霊感とその答えを通して進んでゆくのだ.この魔法のような流れに乗ることこそ,本当の幸福を得る秘密だった.そして,相手の最も良い点を引き出すという,人との新しいかかわり方を教えている第八の知恵は,この不思議な流れを保ち,答えを得るための大切な鍵だった.すべての知恵が一つの意識に統合した.それは,注意力と期待が高まったような感覚だった.残っているのは第九の知恵だった.それは私たちの進化の行方を明らかにしていた.

偶然の一致,エネルギー,そして幸福.フィクションの形で著者が語っているのは,20世紀終わりから存在感を増しつつある知恵,これからの千年紀の中心になるとされる知恵についてだ.端的に言えば,人間は何をするために生まれてくるのかを明らかにしようとするものだ.もちろん,引き寄せの法則などはその知恵の言い換えだ.では,地球上に物質的な肉体を持って生まれてきた我々は何をしないといけないのか.当然ながら,上記の知恵を身に付けなければならないということになるのだが,本書「聖なる予言」では,それらの知恵を具体的に解説している.冒険物語という仮面をかぶって.

偶然の一致が私たちを何か新しいものに導いてゆく時,私たちは成長し,より完全な人間となり,より高い波動の中に生きるのです.

第三の知恵を忘れないでね.宇宙はエネルギーよ.エネルギーは私たちの期待に反応します.人々もまた,そのエネルギー宇宙の一部でしょう.だから,私たちが質問を持っている時は,必ず誰か答えを持った人が現れるのよ.

自分の生活を振り返ってみると,いかに不注意に,ただ漫然と過ごしているかに気付かされる.大切なメッセージをいくつも見逃してきたのだろうなと思う.もっともっと意識的に生きる必要がありそうだ.大切なのは,自分の問いに集中することであるらしい.

それに気づくためには,観察者の立場に自分を置く必要があります.何か考えが浮かんだら,なぜと思わなければなりません.なぜ,この考えが今浮かんだのか? これは自分の人生の問題にどう関係しているのか?

エネルギーを充たし,自分の状況や問題に自分を集中させる.すると,直感という形で,どこへ行けばよいか,何をすればよいか導きを受け取ることができる.次に偶然の一致が次々に起きて,私たちをその方向へと動かしてゆく.

こういう考え方を受け入れがたいと感じる人も多いことだろう.いやむしろ,そういう人達が多数派ではないかと思う.それは,これまでの人生において既に洗脳されているからだ.イスラム原理主義とかキリスト教原理主義とかを見ていると痛々しいが,誰だって何らかの思い込みで頑なになって生きているだろう.その是非について議論するつもりはないが,お金儲けしたいとか,経済成長しないといけないとか,そういうのもすべて思い込みだ.もちろん,スピリチュアル系の考え方がいいと思うのだって,そうだ.その頑なさから解放されるためにはどうしたらよいか.その点についても本書「聖なる予言」に書かれている.

第二の知恵は,歴史的時間に対する我々の意識を,拡大させます.単に自分の一生からだけでなく,千年紀全体の見地に立って文化を観察する方法を,私たちに教えてくれます.それによって,私たちに自分の思い込みを気づかせ,そこから解放します.あなたはさっき,この長い歴史を体験しました.あなたは今,”より長い今”を生きています.今,人間世界を見た時,あなたははっきりと,この捉われ,つまり,経済発展への強固な思い込みに,気がつかなくてはなりません.(中略)誰もそれが悪いとは言っていません.実のところ,写本も,思い込みは必要な発展段階,すなわち,人間進化の一段階だと言っています.しかし今,我々はすでに,この世に十分長く,沈殿してきました.いまや,思い込みから目覚め,本来の疑問を再び考える時なのです.

人類が思い込みから解放されて,本来考えるべきことを考え,やるべきことをやるとどうなるのか.本書「聖なる予言」では次のように書かれている.

一旦,覚醒した者が臨界多数に達し,写本の知恵が世界的な規模で広がり始めると,人類はまず,真剣に自己反省をする時期を経験します.私たちは自然がいかに美しく霊的であるか,理解します.(中略)多くの人々が今の職業から別の職業へと,移ってゆきます.なぜならば,自分は何者か,自分は何をすべきか明確な霊感を得はじめると,人々はしばしば,自分が間違った職業についていることを発見し,成長し続けるために違う種類の仕事に移るからです.(中略)次の文化的変化は,生産の自動化です.自動化を行う人たち,すなわち技術者にとっては,これは経済をより効率化するために必要だと感じられるでしょう.しかし,彼らの霊感がみがかれてくると,自動化が実際に行っているのは,すべての人々の時間を自由にして,各自が他の事柄を追求できるようにすることだと,わかるようになります.

ここまでは,まあ,想像がつく未来像だ.衝撃的なのは,その後だ.さらに人間が進化すると何が起こるのか.

今,私たちはエネルギーを増加させて,意識的に偶然の一致を体験できます.これは進化をより速く推し進め,波動をより高めてゆきます.私たちの使命は,エネルギーレベルをあげ続けることです.そしてエネルギーレベルがあがるに従って,私たち体の原子の振動レベルがあがります.それは,私たちがどんどん軽くなり,より純粋に霊的になるということです.第九の知恵は,人間が波動をあげ続けると,驚くべきことが起こり始めると言っています.人々があるレベルに達すると,そのグループ全体が突然,それよりも低いレベルで振動している人々からは,見えなくなってしまうのです.

これが,例えばマヤ文明が壮大な遺跡のみを残して忽然と歴史から姿を消した理由とされる.いわゆる,アセンションだ.えっ,マジですか?と思うが...

さて,本書を読んで,私の日常生活も少しだけ変わった.変わったというか,変えた.何を変えたかというと,ご飯の食べ方だ.本書「聖なる予言」には次のような場面が描かれている.

彼はベンチにすわると,非常にゆっくりと食べ始めた.食物を何十回もかみながら,ときどき私を見てにっこりした.(中略)彼は何回か食物を口に入れて,注意深く食べた.

食物はエネルギーを得る第一の方法です.しかし,食物のエネルギーを全部吸収するためには,食物に感謝して,よく味わわなければなりません.味は入口です.あなたは味に感謝しなければなりません.食べる前にお祈りをするのは,そのためです.それもただ感謝するだけではなく,食事を聖なる体験にするためです.そうすれば,食物のエネルギーがあなたの体に入るようになります.

かなり早食いなので,改めようと思った次第だ.これだけではなく,人間関係を良くするヒント,育児のヒントなども書かれている.ストーリーも面白いし,読んでみたらいいと思う.

目次

  • 変化のきざし
  • 今という時
  • エネルギー
  • 権力闘争
  • 神秘体験
  • 過去の清算
  • 流れに乗る
  • 人との新しいかかわり方
  • 新しい文化

  One Response to “聖なる予言”

  1. [...] Chase Your Dream ! ? 聖なる予言 blog.chase-dream.com/2010/02/23/889 – view page – cached + IFPAC参加報告: QbD/PAT – Quality by Design/Process Analytical Technology + 港も凍り付くバルティモア * カテゴリー + IT/コンピュータ + レストラン/料理屋 + 教育/研究@大学 o 学会/国際会議/海外滞在 o 教育/講義 o 研究/技術開発 o 研究室情報 o 研究者生活/評価 o 大学入試/大学院入試/就職活動 o… Read more+ IFPAC参加報告: QbD/PAT – Quality by Design/Process Analytical Technology + 港も凍り付くバルティモア * カテゴリー + IT/コンピュータ + レストラン/料理屋 + 教育/研究@大学 o 学会/国際会議/海外滞在 o 教育/講義 o 研究/技術開発 o 研究室情報 o 研究者生活/評価 o 大学入試/大学院入試/就職活動 o 論文執筆/プレゼン/勉強方法 + 経済/政治/社会一般 + 趣味 + 食育/育児/教育 + 精神世界/スピリチュアル + 読書の記録(書評) + 未分類 + 旅行 o 海外旅行 # アメリカ # オーストラリア # カナダ # シンガポール # チェコ共和国 # トルコ # ドイツ # フランス # ブラジル # ベルギー # ポーランド # メキシコ # 韓国 # 台湾 # 中国 o 国内旅行 * Recent Comments + DreamChaser >> 死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた + ゲスト >> 死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた + Twitter Trackbacks for Chase Your Dream ! ? 喜嶋先生の静かな世界 on Topsy.com >> 喜嶋先生の静かな世界 + DreamChaser >> もう1つのコレクション: 海外旅行で集めたマグネット + Ishitobi >> もう1つのコレクション: 海外旅行で集めたマグネット * メタ情報 + ログイン + WordPress + Mandigo theme * メタ情報 + ログイン + Entries RSS + Comments RSS + WordPress.com View page [...]

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>