3月 302010
 

それでも外資系で働きますか―Inside Gaishi
ミッキー・グリーン,ミンディ・ヤマモト,津田倫男,洋泉社,2005

日本国内にある外資系企業の支社・支店に就職・転職したいと考えている人達を主なターゲットとして,実力主義,高給,大きな権限など,外資系に対して良いイメージを持っている人達に,「外資系はそれほど理想的な職場ではありません.確かに良い面もありますが,恐ろしく悪い面もあります.まずは実態を知って下さい.」と諭しているのが本書「それでも外資系で働きますか」と言えよう.

外資系企業に務めた経験が豊富な著者3名が外資系企業の実態を暴露する内容だが,外資系企業に務めたことがない私には,本書「それでも外資系で働きますか」に書かれている内容がどこまで外資系一般に通用するものなのか全くわからない.かなり偏った見方であろうという印象は持ったが,それでも,確かに書かれているような面もあるのだろう.

日系企業と外資系企業における上司と部下の関係の違いについて書かれた箇所がある.印象に残ったので,そこだけ引用しておこう.

部下の育成に気を配り,愛情を持ちながらも毅然として部下に接し,部下のミスを庇い,自分の手柄も部下に与えるという「理想の上司」(あるいは理想の「本ジャパ」)は,外資系では必ず躓く.

理由は以下の通りである.

第1に部下を育成しすぎると部下から寝クビを掻かれる(下克上).

第2に愛情をもって接すると,時に「セクハラ」と間違われる.

第3に毅然としすぎると部下に恐怖感を植え付けてしまい(これは外資系では悪いことではないが),部下が本音を漏らさなくなる.

第4に部下のミスを庇うと誰も評価しないばかりか,時に職を失う羽目に陥る.

最後に,部下に手柄を与えると取って代わられる.まったくもっていいことはないのである.

部下は適当に育成し,決して自分を脅かすようなレベルの高い仕事はさせないのが賢く,愛情も厳しさも不要である.彼らとはただ,淡々と接してさえすればよい.ただし,忠誠心は絶対的に要求しなければならない(少しでも裏切ったら,即,切る).部下のミスは部下に責任を取らせ,部下の手柄は自らのものとする,などが外資系で成功する最低の秘訣である.

仮に外資系の実態がこの通りなのだとすれば,そこで働きたいとは微塵も思わない.では日系ならいいのかと言われると,それは分からない.だから,大学で働いている.

はずれかもしれないが,斜め読みすれば十分な本だから,外資系企業に興味がある人は読んでみたらいいだろう.

ところで,かつては日本にそれなりの部隊を展開していた外資系が,日本には末端だけ残して,中国(香港を含む)やシンガポールにアジア拠点や環太平洋拠点を置くことが多いような気がする.俺は外資系だよ!という貴方,日本のプレゼンスを高めて下さい.それができないようでは,日本人が外資系に勤める意味がないのでは? 個人的な金儲けや働き甲斐が目的なら日本人である必要はないだろうし,外国人なら日本のプレゼンスなんてどうでもいいし.

目次

  • マイナーからメジャーになった外資系
  • 日本人病と在日外資系企業
  • 日本は外国人にどう映っている
  • それでも外資系で働く論理
  • 外資系で気持ちよく働くためのケーススタディ
3月 282010
 

ノーベル賞までもらって国際政治に絶大な影響力を持ったIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書も,今ではボロクソに言われて,トンデモ本の代表みたいになっている.IPCCも擬似科学者集団の烙印を押されたかのようだ.それもこれも,デタラメだらけの報告書を,あたかも科学的根拠に基づき,厳密な査読プロセスを経てまとめられたかのように偽装したためだ.これって,擬似科学の定義そのものでは...

2035年にヒマラヤ氷河が消失して下流域で重大な水不足が起こるという第4次報告書の記述は,無根拠で,政治的なでっち上げとされ,この記述が報告書に記載された過程は情報ロンダリングと糾弾されている.いわゆるグレーシャーゲート事件だ.このグレーシャーゲートを含むIPCCによる情報ロンダリングはIPCCゲートと呼ばれている.

地球環境問題という重大な事柄を扱っているだけに,こういう不適切なことはして欲しくない.氷河が溶けているかどうかに関係なく,環境を守ろうという気持ちは大切なのに,そういう気持ちすら萎えさせてしまいかねない.

研究・技術に携わる者としては,IPCCを反面教師としたい.

ところで,いつもとぼけているかのように振る舞っている鳩山首相はどうするのだろうか.普天間の問題を抱えて,CO2どころではないか.そう言えば,最近,鳩山首相がORの研究者で論文も出していたというので,各種学会で彼のネタを聞くことが多い.

3月 272010
 

オフブロードウェイ発の超有名ミュージカル「コーラスライン」.ずっと観てみたいと思いながら,なかなか機会がなかったが,劇団四季が京都公演を決めたので,本日予約した.先日ウィキッド(WICKED)を予約したときは,彼女と2人で40分ほどかかったが,今日は彼女が出掛けていたため,1人で携帯電話と自宅の電話で奮闘.30分ほどでつながった.観劇は6月.楽しみだ.

3月 272010
 

自助論―人生の師・人生の友・人生の書
サミュエル・スマイルズ(Samuel Smiles),竹内均(訳),三笠書房,2003

努力,努力,努力しろ! 決意しろ! 意志を持て! 礼儀正しく,人格を磨け!!

本書「自助論」を要約すると,こうなると思う.実際,体得している人には,これで十分だろう.本書は,明治時代に「学問のすすめ」(福澤諭吉)と並び称された大ベストセラーであるそうだ.当時のタイトルは「西国立志編」で,本書「自助論」はその現代語訳版ということになる.自己啓発本の古典であり,世界的ベストセラーとして知られているらしい.

前半は,とにかく「努力しろ!」の一点張り.努力に加えて強調されているのが,意志および決意の重要性だ.

どんな分野であれ,成功に必要なのは秀でた才能ではなく決意だ.あくまで精一杯努力しようとする意志の力だ.

人間の意志というものは,方向などおかまいなくしゃにむに突き進んでいこうとする.したがって,意志に正しい目標を与え,適切な方向に舵をとるようにすることが肝心だ.肉欲や快楽の追求に向けられた意志はたちまち悪魔の本性を現し,知性はその卑しい奴隷となるだろう.だが逆に,善の追求に向けられた意志は名君と同じである.そこでは,知性が人間に最高の繁栄をもたらす家臣となるにちがいない.

強者と弱者の違い,偉人と取るに足りない人間との違いは,その人間が旺盛な活力と不屈の決意を持っているかどうかにかかっている.

(大英帝国下院議員ファウエル・バクストン)

後半になると,知識の話が登場する.

知識の価値とは,どれだけ貯えたかではなく,正しい目的のためにどれだけ活用できるかにある.

知識に関連して,読書についても言及されている.

単なる知識の所有は,知恵や理解力の体得とはまったくの別物だ.知恵や理解力は,読書よりもはるかに高度な訓練を通じてのみ得られる.一方,読書から知識を吸収するのは,他人の思想をうのみにするようなもので,自分の考えを積極的に発展させようとする姿勢とは大違いだ.

ショウペンハウエルも,その著作「読書について」において,「読書とは他人の考えた過程を辿る行為に過ぎず,多読する勤勉な人間は,次第に自分で考える力を失う」と言っている.

読書を自己啓発の手段と思いこんでいる人は多い.だが実際には,本を読んで時間つぶしをしているだけの話だ.

読書が時間つぶしとは,なかなか耳が痛い.しかし,本を読んで感激したところで,それが活かされなければ意味がないのも確かだ.考えながら読み,読んだことは身に付ける.これが大切だ.私がこうして読書のメモを残すのも,読むだけよりも書いた方が記憶に残るからだ.だからといって,身に付いているかと問われると心許ない.

中身を完全にマスターするまでは,その本を読破したなどと考えるな.

(大英帝国下院議員ファウエル・バクストン)

人間は,読書ではなく労働によって自己を完成させる.

その他,本書「自助論」に書かれている言葉のいくつかをメモしておこう.

真の教育の目的とは,他人の思想や考えをうのみにしたり頭に詰め込んだりすることではない.大切なのは知力を高め,有意義な人生を送れるよう務めることだ.そこでは,知識の量より知識を得る目的のほうがはるかに重要な問題である.われわれは,知恵を発達させ,人格を高め,より豊かで幸福で価値ある人生を送るために学ぶべきだ.

若い時代の不品行のいちばんの害は,健康を破壊することより,むしろ人間性をけがすことにある.道楽にふけった若者は,骨まで腐りきった大人になる.

若いころの利発さは,むしろ欠点にさえなりかねない.

国家の力,産業,文明−−これらの盛衰は国民1人1人の人間性にかかっているといえよう.

忍耐と努力こそがすぐれた人格形成に一番大切な要素である.

よい習慣を培えば,人格も立派にみがきあげられる.

「行動でも思考でも反復こそが力である」と確信していた詩人メタスターシオは,「人間においては習慣がすべてだ.美徳でさえも習慣にすぎない」とまで断言した.

自分の生き方を見直すのに大いに役立つ本であることは間違いない.

ベストセラーであり,かつ良書として知られる自己啓発書に共通しているのは,豊富な事例だ.本書「自助論」もそうであるし,「人を動かす」(デール・カーネギー,創元社)もそうだ.偉人伝を読むことが大切だとされることからも分かるとおり,抽象的に語られただけで理解し,実践できるほど人間は賢くはないのだろう.具体的な生き様を見せつけられることで,より深く心に刻まれる.共感を誘うために,実例が有効なわけだ.しかし,本書「自助論」で引用されている事例はピンと来ないものが少なくない.その理由は恐らく,登場人物がイギリス人に偏っていて,名前を聞いたことがなかったり,そもそも名前が書かれてすらいなかったりするためだと思われる.そういう観点からも,やはり「人を動かす」(デール・カーネギー,創元社)をお薦めしたい.あるいは,「人生論」(デール・カーネギー,創元社)でもよい.

目次

  • 自助の精神-人生は“自分の手”でしか開けない!
  • 忍耐-努力が苦でなくなる法
  • 好機は二度ない-人生の転機を生かす力
  • 仕事-向上意欲の前にカベはない!
  • 意志と活力-自分の使命に燃えて生きる!
  • 時間の知恵-「実務能力」のない人に成功はない
  • 金の知恵-楽をするためには汗をかけ!
  • 自己修養-頭脳と心・体の効率のよい鍛えかた
  • すばらしい出会い-人生の師・人生の友・人生の書
  • 信頼される人-人格は一生通用する最高の宝だ!
3月 262010
 

リメンバリング―失われている古代文明の記憶
ジェニファー,徳間書店,2009

内容云々のまえに,あまりにも読みにくい.縦書きと横書きを混ぜる必然性も理解できない...

刺激的なことも書かれているだけに勿体ない.

自分とつながり
自分を信頼し
自分に自信をもつことが必要である

つねにクエスチョンを投げかけてゆけば
どちらを選択するか
提示されるだろう

(中略)

すべてはクエスチョンであり意志である
その正しい選択には
自らの意志を信頼し
自らにクエスチョンをして
インスピレーションから
与えられたものを次々に
行動してゆこう

3月 252010
 

懇親会のアレンジを任されたので,全くの個人的な好みで桜田を選んだ.実は,先に予約の電話を入れたのは阪川だったのだが,8名の個室は空いていなかったため,桜田にした.桜田は,ご存じの通り,ミシュラン二ツ星の人気店だ.

平塚から京都に戻ったその足で桜田へ向かう.早く着きすぎたのだが,奥の座敷に通していただき,桜茶をいただく.春だなぁと.

全員が揃ったところで,百春という美濃のお酒を食前酒にいただき,食事開始.次々と運ばれてくる季節感のある料理は,いずれも非常に美味しかった.素材の味を活かす(単なる薄味ではない)と言われる京都にあっても,かなり薄味派の私だが,桜田の料理は素晴らしかった.今回は15000円の料理に,ビール,冷酒,焼酎などをお願いし,およそ1人19000円.お腹は一杯.これ以上は食べられません,飲めませんという状態.もちろん安くはないが,大満足だ.また訪れたい.

桜田 (懐石・会席料理 / 四条、烏丸、五条)
★★★★★ 5.0

3月 252010
 

仕事の関係で平塚を訪れ,そこで平塚駅南側にあるフレンチレストラン「マリー・ルイーズ」に連れて行っていただいた.比較的カジュアルに使えるフレンチという印象を受けた.料理は,見た目にも美しく,美味しくいただいた.

その日は,平塚駅北側の東横インに宿泊したのだが,そこから平塚駅を通り抜けて,マリールイーズに向かう途中,延々と続く壁に出くわした.案内してくれた方に「これは何ですか?」と尋ねると,河野邸とのこと.平塚で河野邸ということは,あの河野洋平,河野太郎の河野邸?と確認すると,その通りとのこと.立派な屋敷だ.レストランよりもむしろこちらに感心した.

マリールイーズ (フレンチ / 平塚)
★★★★ 4.0

3月 242010
 

23日に修士学位授与式,24日に卒業式がある.残念なことに,両日とも出張で不在となるため,研究室の修士課程修了生と学部卒業生にメールで挨拶文を送付した.ここに転載しておく.

まずは,修了・卒業おめでとうございます.修士課程の2年間あるいは4回生の1年間で,自分自身で実感できるほどに実力は向上しましたか.もちろん,研究者や技術者として,あるいは人間として一人前というわけにはいかないでしょうが,たとえ実感がなくても,頑張っただけのことはあります.短期的に成果が出た出なかったというレベルの話ではなく,因果応報の世に我々は生きているということです.

本年度は,

を通して,学生に私が言っておきたいことは伝えました.これ以上のことは私からは出てきませんが,特に就職する学生に向けて,自戒も込めて,いくつか想うことを述べておきます.

第一に,とにかく目の前にある仕事に全力を尽くして下さい.面白くないから手を抜くというのは恐らく最悪です.そんな中途半端な人物に大切な仕事は任せられないでしょう.自分がマネジメントする立場になったつもりで考え,行動して下さい.一途に努力する人に幸運の女神は微笑みます.同じ仕事をするにしても,嫌々ながら最低限度のことをするのと,その仕事を通していかに自分自身を成長させるか,その仕事にいかに付加価値を与えるかを考えながら全力で取り組むのとでは,たとえ同じ時間をかけたとしても結果は雲泥の差となるでしょう.繰り返しますが,因果応報の世に我々は生きています.自分を取り巻く環境は自分が作り出したものです.すべては自分の責任です.

第二に,この人生で自分が為すべきことは何か.これを自問自答して下さい.夢,理想,目的,どう呼んでも構いません.人生を無為に過ごすことのないようにと祈ります.

最後は私の勝手な願望です.諸君は極めて優秀であり,また極めて恵まれた環境で過ごしてきました.自分が受けている恩恵を自覚し,それに感謝すると共に,その恩に報いるためにも,自らの優秀さを存分に活かして,社会に何らかの形で貢献して下さい.そういう心意気を持って下さい.京都大学を卒業するような人材が私利私欲に走るようでは社会はおしまいです.

以上です.

最後になりますが,PSE研に来てくれたことに改めて感謝します.本当にありがとう.

はっきり言えるのは,大学院生だった頃の私に比べて,皆さんは遙かに優秀で実力があるということです.自信を持って研究室を去って下さい.

皆さんの人生が幸多きものでありますように.

3月 232010
 

先週末に学習机と椅子,それに電気スタンドが届いた.長男6歳は大喜びで,早速,ポケモンのデスクマットを敷いた真新しい机で勉強していた.

当然ながら,長女4歳も長男を真似て学習机で勉強したがる.そこで,小さな椅子を机の横に置いて,机の隅を使わせてもらう.

カリモクの学習机で勉強する長男と長女
カリモクの学習机で勉強する長男と長女

長女は「ようちえん」とかいう雑誌を広げて,プリキュアの間違い探しとかをするのだが,その雑誌が大きいので,「もぉ,○○ちゃん,邪魔.勉強の邪魔せんといてくれる!」と長男はご機嫌斜めだ.「だって,○○ちゃんも勉強したいもん!」と長女も負けてはいない.

学習机はカリモクのボナシェルタで,子供が成人した後に自分が使うようになることまで想定して,シンプルなデザインのものを選択した.

椅子は必ずしも木製に拘ることもないと考え,空気圧で座面を昇降できるキャスター付きのものを選んだ.似たような機能の木製椅子に比べると,価格は半分程度になる.どこのメーカーかは覚えていないが,イトーキとかコイズミとか,いわゆる学習机メーカーだったような気はする.

最後に,電気スタンド.これもデザイン重視で,カリモクのLED電気スタンドを選択した.球切れの心配がほとんどなく,省エネタイプなので,環境に配慮したとも言える.ただし,価格は非常に高い.たかが電気スタンドなのに2万円を越えてくる.椅子用の予算が電気スタンドに費やされた格好だ.

3月 232010
 

精華町川西観光苺園でのイチゴ狩りの後,私のしごと館を訪れた.

今年1月には,影絵遊びワークショップに参加し,劇団かかし座の影絵劇「三枚のおふだ」を観るために,私のしごと館を訪れた.今回は,カプラ(KAPLA)という積み木で遊ぶためだ.

積み木と言えば,我が家にはnaefやHABAの積み木がいくつかあるが,このカプラ(KAPLA)も以前から気になっていた.だが,このカプラ(KAPLA),かなり高価だ.買うとなれば,それなりの数を用意したくなるが,そうすると軽く数万円はかかる.そんなわけで,カプラ(KAPLA)で遊べるこの機会を活かそうと,予約受付開始と同時に申し込んだ.費用は1グループ500円.

会場に入ると,カプラ(KAPLA)で作られたキリンが目に飛び込んできた.凄い.

カプラ(KAPLA)のキリン@私のしごと館
カプラ(KAPLA)のキリン@私のしごと館

ちなみに,このキリンだが,途中で参加者によって壊されてしまった.写真撮影に夢中な母親が,周囲の確認を怠り,キリンに体当たりしたのだ.しかし,そのお陰で,大量のカプラ(KAPLA)を追加入手できたので,我々としては有り難かった.

開始時刻の14時になると,インストラクターの先生が,カプラ(KAPLA)の基本的な使い方を指導してくれた.さすがに上手だ.手際よく綺麗な作品が作られていく.さらに,その先生から,重要な心構えが述べられた.曰く,他人の作品も自分の作品と同じように大切にしましょう.曰く,誰かの作品を壊してしまったら,謝りましょう.曰く,誰かに自分の作品が壊されたとしても,いいよと許してあげましょう.ごもっとも.

カプラ(KAPLA)の指導@私のしごと館
カプラ(KAPLA)の指導@私のしごと館

説明が終わった後,まずは,できるだけ高く積み上げるようにとの指示が出た.我が家の4人もそれぞれカプラ(KAPLA)を積み上げた.長女4歳もかなり高く積み上げていたのには感心した.

その後,高く積み上げた作品を壊した上で,好きな作品を作るようにとの指示が出た.長男6歳は船,長女4歳は家を作った.

カプラ(KAPLA)で船を造る長男6歳@私のしごと館
カプラ(KAPLA)で船を造る長男6歳@私のしごと館

カプラ(KAPLA)で家を造る長女4歳@私のしごと館
カプラ(KAPLA)で家を造る長女4歳@私のしごと館

先日の影絵も非常に面白かったが,今回のカプラ(KAPLA)も非常に楽しんだ.こういうイベントを開催してくれる場があるというのは大変有り難いが,私のしごと館は今月末で閉館となる.