4月 252010
 

本物の化石を発掘できるのが,かつやま恐竜の森での「恐竜化石発掘体験」だ.

昨年春頃から「恐竜化石発掘体験に行こう!」と言い続けながら,長女が4歳になるのを待っていたら,恐竜化石発掘体験のシーズンが終わってしまった.長男6歳が「早く化石を発掘しに行こうよ!」とやかましいので,再開される4月を待って,早速,福井県勝山市のかつやま恐竜の森へ行ってきた.

週末や祝祭日には,恐竜化石発掘体験は1日2〜3回開催されるようだ.朝,子供たちがダラダラしてしまうと,11:00開始(10:30受付)の体験には間に合わない可能性もあるので,慎重に13:30開始の午後の体験を予約しておいた.ところが,かつやま恐竜の森に到着したのが10時過ぎで,午前の体験にはまだ空きがあるということだったので,午前の恐竜化石発掘体験に変更してもらった.

集合時間までスギヤマリュウのローラー滑り台などで遊び,開始5分ほど前に,どきどき恐竜発掘ランドに行く.

どきどき恐竜発掘ランド@かつやま恐竜の森
どきどき恐竜発掘ランド@かつやま恐竜の森

まず,ベンチに座り,化石発掘についての説明を受ける.この恐竜化石発掘体験のために,フクイラプトルやフクイサウルスの化石発掘現場から,ジュラ紀(白亜紀だったか?)の岩石を運んできて,どきどき恐竜発掘ランドに置いてあるそうだ.本来なら専門家が必死になって探す石が,目の前に転がっているので,お手軽に化石を発掘できるというわけだ.しかも,発掘した化石は1人1つ持ち帰ることができる.ただし,石に含まれているのは基本的に植物か貝の化石で,もし貴重な動物の化石が発見されれば,それは持ち帰ることはできない.

ジュラ紀の岩石と言っても,そのすべてに化石が入っているわけではない.説明によると,化石が入っている岩石にはたくさん入っており,化石が入っていない岩石には全然入っていないのだそうだ.このため,大当たりの宝の石を見付けるのが肝心な作業になる.

ハンマーなど化石発掘道具とゴーグルを借りて,化石発掘に挑む.奥の方まで行って,とにかく化石が入っていそうな岩石を探す.もちろん,化石発掘経験なんてないので,どんな岩石がいいのかは知るよしもない.

恐竜化石発掘に熱中する長男長女@かつやま恐竜の森
恐竜化石発掘に熱中する長男長女@かつやま恐竜の森

黒くて脆い大きめの石を見付けた.ハンマーで叩かなくても,簡単に砕けるような石なのだが,表面には木か草の化石が見える.その石を長男と長女が奪い合いつつ砕いていると,違う化石が出てきた.丸みを帯びていて細長いので,どうも貝のようだ.

オレンジ色の帽子を被った指導員の方が近くに来られたときに,その石を見ていただいた.「ん〜,これは二枚貝の化石かな.」と言いながら,取り出したルーペで表面を見た後,「これは,◇○△※×△□▽の化石だね.いい化石を見付けたね〜.これと同じ化石が博物館にも展示してあるよ.もっと良いのだけどね.」と解説して下さった.化石の正式な学名を教えてもらったのだが,覚えるのは無理だった.

発掘した二枚貝?の化石@かつやま恐竜の森
発掘した二枚貝?の化石@かつやま恐竜の森

恐竜化石発掘体験は1時間.アッという間だった.ビニール袋にいっぱい石を入れておいたのだが,持ち帰れるのは1人1個だけだというので,二枚貝の化石ともう植物の化石を軍手に包んで持ち帰ることにした.

4月 252010
 

恐竜化石発掘体験に参加するため,福井県勝山市のかつやま恐竜の森までやって来た.駐車場は無料で,それほど混雑しているわけでもなかったので,昼食は公園の外で食べることにして,事前に探しておいた和食「グリル やまだ」へと向かう.

名古屋と言えば味噌カツだが,福井と言えばソースカツ丼なのだろうか.どこまで認知されているのかは知らないが,福井県立恐竜博物館で見た恐竜映画(アニメ)にまでソースカツ丼が登場していたので,少なくとも地元では名物の1つとして認知されているのだろう.

かつやま恐竜の森から「グリル やまだ」までは車で2〜3分.すぐ近くだった.しかも道を曲がる必要すらない.まっすぐ進んだらオレンジ色の看板が見えてきた.

駐車場に車をとめて店内へ,大衆食堂っぽいところだ.入口を入り,手前左側がカウンター,手前右側がテーブル席,奥が座敷になっている.テーブル席に座り,彼女と私はカツ丼,長男6歳は焼き肉定食(一番ゴージャス),長女4歳はちびっ子丼を注文する.普通?のカツ丼は存在しない.ここでカツ丼と言えばソースカツ丼になる.

普通サイズの(ソース)カツ丼@グリルやまだ
普通サイズの(ソース)カツ丼@グリルやまだ

カツ丼にはサラダと味噌汁がついてくる.カツのボリュームは十分だ.調子に乗ってカツ丼(大)なんて頼まなくて良かった.カツ丼は美味しいのだが,ソース味を食べ続けていると,やや飽きてきてしまう.これも私が年老いた証拠だろうか...

みんなカツ丼が大いに気に入ったようだ.長女のちびっ子丼はミニカツ丼で,小さく切ったソースカツがご飯にのっている.「おいしい!おいしい!」と言いながら食べていた.味噌汁の他に,ポテトチップスとリンゴ味の乳酸飲料がついていた.長男は焼き肉を食べながら,彼女のソースカツを横取りしていた.1枚以上食べたのではないだろうか.焼き肉も美味しく,彼女は絶賛していた.

グリルやまだ (かつ丼・かつ重 / 比島、勝山)
★★★☆☆ 3.0

4月 252010
 

恐竜化石発掘体験に参加するため,福井県勝山市のかつやま恐竜の森まで来たので,その敷地内にある福井県立恐竜博物館も見学する.

日本には恐竜がいなかったなんていうのは昔話で,福井県では,フクイサウルスという全長5m程度の草食恐竜の他,フクイラプトルという肉食恐竜の化石も発見されている.それらの化石に加えて,この福井県立恐竜博物館では,世界各地の30体以上の恐竜骨格(実物と模型)などが展示されている.骨格だけではなく,巨大な動く恐竜(大型復元ジオラマ)も展示されており,子供たちは吸い付けられていた.

恐竜に関する日本国内最大の博物館だけあって,なかなか見応えがある.

大きな銀色の球状の建物が目印だ.

4月 252010
 

昨年春頃から,「恐竜化石発掘体験に行こう!」と私から言い出しながらも,参加条件が4歳以上とのことなので,長女が4歳なってからねと言っていたら,恐竜化石発掘体験のシーズンが終わってしまった.長男6歳が「早く化石を発掘しに行こうよ!」とやかましいので,再開される4月を待って,早速,福井県勝山市のかつやま恐竜の森へ行ってきた.

事前に,恐竜化石発掘体験を予約する.週末や祝祭日は1日2〜3回開催されるようだ.午前の体験だと間に合わない可能性もあるので,慎重に午後の体験を予約しておく.

かつやま恐竜の森は朝8:30開園,かつやま恐竜の森内にある福井県立恐竜博物館は朝9:00開館だ.そんなに全力で早起きして行くほどのこともないと思い,朝7時頃に自宅を出発する.京都東ICから名神高速に乗り,北陸道の福井北ICで降り,ひたすら西へ.片道3時間強だった.高速道路料金が1050円なので助かる.

結婚するまでは,毎年何回も福井県勝山市に来ていた.スキージャム勝山で日帰りスキーを楽しむために.ところが,この10年間近く,勝山には来ていないと思う.以前にはなかった立派な道路ができていて,しかもそれがカーナビには登録されていなくて,驚いた.福井北ICからかつやま恐竜の森までの道路はガラガラ.ほとんど車が走っていない.ただ,ゴールデンウィーク中は渋滞するらしい.

かつやま恐竜の森の敷地内に入ると,恐竜がお出迎え.色々な恐竜がいて,子供たちは大喜び.

イグアノドン?@かつやま恐竜の森
イグアノドン?@かつやま恐竜の森

トリケラトプス@かつやま恐竜の森
トリケラトプス@かつやま恐竜の森

恐竜化石発掘体験の受付をしている公園管理事務所と恐竜博物館の間に広場があって,子供たちは早速,スギヤマリュウのローラー滑り台などで遊ぶ.そのローラー滑り台の終点では,ティラノサウルス?が大きな口を開いて待っている.

スギヤマリュウのローラー滑り台@かつやま恐竜の森
スギヤマリュウのローラー滑り台@かつやま恐竜の森

滑り台の下にティラノサウルス?@かつやま恐竜の森
滑り台の下にティラノサウルス?@かつやま恐竜の森

恐竜博物館を越えて,かつやま恐竜の森をさらに奥へ行くと,ティラノサウルス広場があって,そこには大きな遊具が設置されている.子供たちはティラノサウルス広場で夕方まで遊んでいた.

ティラノサウルス広場@かつやま恐竜の森
ティラノサウルス広場@かつやま恐竜の森

広い公園で遊具もあり,入園も駐車場も無料なので,近くに住んでいれば子供を連れてくるのに抜群の場所だろう.