5月 042010
 

カブトムシとクワガタムシの幼虫を10匹ほどもらったわけだが,自宅には昆虫を飼育するための道具は何もない.とりあえず,必要なものを揃えなければならない.

今は,実家からもらってきたままの状態で,洗面器にタオルをかけて,紙袋に入れて,ベランダに置いてある.

まず,飼育ケースを買わないといけない.自宅にあるのは,子供が野原を駆け回るときに使う小さな虫かごのみだから.

様々な飼育ケースが販売されているが,我が家の場合,「カブトムシとクワガタムシの幼虫を10匹ほど飼う」,「その成虫を飼う」という明確な目的があるので,この目的に合致する飼育ケースを探せばいい.早速,ネットで調査した.

どうやら,飼育ケース選びのポイントは2つあるようだ.1つは『サイズ(大きさ)』,もう1つは『機能(コバエ対策)』.


コバエシャッター(シーラケース)

飼育ケースのサイズ

1つめのサイズについては,「カブトムシ飼育ケースの選び方」というサイトの「カブトムシの飼育容器の選び方」が大変参考になった.幼虫や成虫の飼育数と,ケースのサイズが対応づけられていて,さらに必要なカブトムシ&クワガタムシ用マットの量も記載されている.以下に,表の一部分を引用しておく.

この表を見ると,幼虫を10匹ほど飼うなら,プラケース(大)を2つか,プラケース(ジャンボ)を1つということになる.成虫を10匹ほど飼うなら,さらにでかいケースが必要になるが,今はそこまで考えないことにする.

容量はプラケース(ジャンボ)1つの方がプラケース(大)2つよりも大きいのだが,面積(水平方向)を比較するとプラケース(大)2つの方が大きくなる.将来的に,かなり多くの成虫を飼育することになると予想しているわけだから,面積が大きい方がいいだろうし,何よりも,分離して飼育できた方がリスク管理がしやすい.さらに,あまりに大きい飼育ケースは置き場所に困るという切実な問題もある.

以上より,プラケース(大)を2つ購入することに決定した.

容器
飼育
可能数
(成虫)
飼育
可能数
(幼虫)
横幅
奥行
高さ
容量
必要
マット
(成虫)
必要
マット
(幼虫)
プラケース
2
2〜3
300mm
195mm
205mm
7.5L
1.5L
7.5L
プラケース
2〜3
5〜6
370mm
220mm
240mm
13L
5L
10L
プラケース
ジャンボ
6〜7
11〜12
450mm
300mm
330mm
35L
20L
35L


デジケース(ディ・キャッツ)

飼育ケースの機能(コバエ対策)

2つめの機能については,カブトムシやクワガタムシを飼育したいのであって,コバエやダニ,ノミを繁殖させたいのではないことが重要だ.特に,これは彼女対策として必要不可欠なポイントになる.実家からカブトムシとクワガタムシの幼虫を持って帰ってきた夜,「何これ?」と尋ねられ,長男が「カブトムシの幼虫!」と嬉しそうに答えたところ,嫌悪感全開のオーラを身にまとい,凄い嫌そうな顔をして,「え〜,なんで〜,ダニ出るやん」と一蹴された.長男も私も意気消沈.しかし,虫嫌いなのは仕方ないし,コバエやダニに悩まされるのは私も嫌なので,気を取り直して,飼育ケースやビートルマットを厳選することにした.

飼育ケースの選択に際して,機能面で重要なのは,コバエなどの侵入と脱出を許さないことだ.方法は簡単で,大きな穴を開けないこと.これしかない.コバエなどの侵入と脱出を阻止するためには,穴径が0.5mm以下でないとダメそうだ.もちろん,0.5mmなら十分というわけではなく,小さければ小さいほどよい.穴が空いていないと昆虫が窒息するので論外だが...

色々と検索&調査してみたところ,コバエシャッター(シーラケース)デジケース(ディ・キャッツ)の評価が高く,候補になった.デジケースがフタに小さな通気穴(通気口直径0.5mm)を多数開けた飼育ケースであるのに対して,コバエシャッターはシャッターの名にふさわしく,通気穴(通気口直径2mm)を開けた領域に不織布フィルタをかぶせるという二重構造だ.小さな虫を遮断するなら,フィルタの利用が有利だろう.

以上より,コバエシャッター(大)を2つ購入することに決定した.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>