5月 042010
 

カブトムシとクワガタムシの幼虫10匹ほどを育てるための飼育ケースについては,『サイズ(大きさ)』と『機能(コバエ対策)』の2要素を考慮して,評判のよいコバエシャッター(大)を2つ購入することに決定した.次は,このケースに入れる昆虫マットだ.


「ガス抜き済み」新タイプビートルマット

ビートルマット(昆虫マット)

とりあえず,ホームセンターで腐葉土を買ってきたらいいんじゃないのと気軽に考えていたのだが,どうやらそうでもないらしい.広葉樹か針葉樹か,昆虫に有害な物質が含まれていないかなどの問題がある.

それにしても,カブトムシやクワガタムシの飼育は一大ビジネスになっている.ビートルマットや昆虫マットで検索すると,オリジナル商品がこれでもかというほど出てくる.スポーツ選手のドーピングみたいなもので,各社,いかに大きな成虫を作れたか,いかに多くの卵を産ませたかを激しく競っている.とてもすべてを吟味できるような状況ではない.人気のありそうな(たくさん売れていそうな)商品に絞り込んで,詳細に評価してみた.

カブトムシとクワガタムシを育てたいといっても,決して昆虫マニアではなく(むしろド素人で),大きくなれば嬉しいが,大きさに拘っているわけでもない.カブトムシとクワガタムシの飼育に興味を持った長男がうまく幼虫を成虫へと育てられれば,それで十分だ.羽化したら,一部は小学校へ持っていきたいようだから,その願いも叶えてやりたい.ただ,自分自身が小学生のとき,自分で捕まえたカブトムシのツガイを飼っていたら,何も手をかけることなく幼虫が育つところまで進んだものの,蛹(サナギ)から羽化の段階で失敗して死んでしまった経験があるため,できるだけ失敗は避けたい.また,彼女対策として,コバエやダニの発生は徹底的に抑止したい.

というわけで,安い腐葉土ではなく,カブトムシ専用の「ビートルマット」を購入することに決めた.商品説明を読み,口コミなどを調べて,特定用途のビートルマットではなく,幼虫,成虫,採卵とカブトムシのライフサイクルを通して使用できるオールラウンドなもので,コバエやダニが発生しやすいと指摘されているものは避け,ニオイが気にならないと評価されているビートルマットを選択した.最終的に,これらの条件を満たしている中で,高価ではないビートルマットとして,「ガス抜き済み」の「新タイプビートルマット」を購入することにした.

飼育ケースの適正サイズとマット使用量を調べてみると,プラケース(大)1つあたり幼虫5〜6匹を飼育するとした場合,必要なマット使用量は10Lとなっている.今回,幼虫10匹程度をプラケース(大)2つで育てることにしているため,とりあえず,20Lのマットが必要になる.加えて,マットのストックがなく,購入したマットをすぐに使用したいため,到着後そのまま使える「ガス抜き済み」を選んだ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>