6月 242010
 

以下は,私の自問自答の一部.

私自身,京都大学で研究に携わる一教員であるが,研究者が幸福であるための必要条件とは何だろうか.まず第一に挙げられるのは,『やりたい研究をやれる』ことだろう.そして,これだけではないだろうか.少なくとも,この条件を満たしていないようでは,つまり,やりたい研究をやれないようでは,研究者は幸福感を持てないだろう.

この条件の他に,誰でも思い付きそうなものとしては,

  • 有名な賞を受賞する
  • 十分な研究費がある

などがあるのかもしれない.実際,工業化学科の新入生に将来の夢を尋ねると,「ノーベル賞受賞」という回答が毎年必ずある.また,研究費獲得に明け暮れる研究者も少なくない.

しかし,これらは本質とは思えない.

受賞は,もちろん嬉しくもあり誇らしくもあることだろうが(私も賞はたくさんいただいてきた),あくまで研究成果を他者が評価した結果であり,自分の研究生活そのものではない.もし「受賞できなかったから私の研究は意味がなかった」と思うなら,そんな研究生活が幸福だったはずがない.ただの苦行だろう.少なくとも,私はそのような研究では幸せを感じられない.

研究費については,それを得るために,心底やりたいとは思えない研究をやらなければならないとしたら,幸せではないだろう.やはり,やりたい研究をやれることが第一のはずだ.

ここまでを認めたとして,では,どれだけの研究者がやりたいことをやっているだろうか.幸福な研究者だろうか.

幸い,私自身はハッピー&ラッキーな研究者生活を満喫しているが,みんなも同じだろうか.

もし幸せじゃないとしたら,どうしてだろうか.なぜ,やりたい研究がやれないのだろうか.何が邪魔をしているのだろうか.

例えば,「やりたい研究をやる自由がない」という場合があるかもしれない.もしそうなら,どうして,その場に留まっているのだろうか.やりたい研究をやれるところに行けばよいのではないだろうか.「そんなうまくいかない」などいくらでも反論がありそうだが,無理だと信じているのは本人の勝手ではないだろうか.研究者になれるくらいに頭がいい人なら,実行に移さない理由なんて何個でも列挙することができる.そうして,自分で自分を檻に閉じ込めているだけのことではないだろうか.もしそうなら,自分が思い付くかぎりの理由を一度書き出してみて,それが真実かどうかを批判的に吟味してみるとよいかもしれない.人は誰でも,生まれてから今までの間に,親や教師や社会から,様々な信念を植え付けられている.信念には本物もあれば偽物もあるだろう.いずれにせよ,もはや無意識のレベルで信じ切っているものなので,普段はどのような信念を自分が持っているかということにさえ気付かないはずだ.まず,それらを認識する必要がある.認識しさえすれば,不要な信念を捨てることもできるだろう.

例えば,「やりたい研究をやる研究費がない」という場合があるかもしれない.もしそうなら,研究費がないと愚痴をこぼす前に,やれることをやるのが先ではないだろうか.自分がそれをやるべきであることを信じて,今自分ができることに集中するなら,それが世のため人のためになるかぎり,必要な支援は得られるのではないか.それでもできないというなら,実はやりたくないか,やる気がないだけのことなのかもしれない.いずれにせよ,先と同様,自分の信念を問い質す必要がありそうだ.

例えば,「やりたい研究がわからない」という場合があるかもしれない.人生の目標や夢はわかりませんと答える学生も少なくないのだから,研究者が「やりたい研究がわからない」と言ったところで驚くにはあたらない.この場合は,目の前にあることに一生懸命に取り組むのがよいのではないだろうか.その中で,自分がしたいこと・したくないことを見極め,したいことをするようにすればよい.あるいは,そもそも研究者になることが自分の幸せと結びついていないのかもしれない.だから,やりたいと思えないのかもしれない.

研究以外の仕事も同様だろう.

他人の価値観を,社会の価値観を,自分に押しつける必要はない.ただし,世の中は因果応報だ.自分の行動には自分で責任を取る必要がある.いや,自分の思考には自分で責任を取る必要があると言うべきか.無意味な呪縛から,自分自身を解き放とう.

さあ,今この一瞬にも,私は選択をしている.この記事を書く書かない.アップロードするしない.すべての選択が,自分の意識を高める方向に為されますように.

あなたもそうだ.今のその選択が,あなたの意識を高める方向に為されていますように.

  2 Responses to “幸福な研究者になる条件”

  1. ちょうど,関連しそうなニュースを見掛けたので,メモ.

    以下,asahi.comより.

    日本人科学者、待遇に不満? 満足度調査で最下位に

    英科学誌ネイチャーは24日発行の誌上で、世界の科学研究者を対象にした待遇の満足度調査結果を公表した。比較可能な16カ国でみると、満足度が最も高かった国はデンマークで、最も低かったのは日本だった。中国やインドとともに、欧米諸国に比べて独立性に満足している人の割合の少なさが目立ったという。

    ネイチャー誌などに登録している研究者らに、給与、休日、健康、年金、労働時間など8項目の満足度を尋ねた。約1万600人から回答があり、欧米諸国や中国、インドなど計16カ国を比較した。

    8項目合わせて点数化したところ、日本の満足度は、1点満点に対して0.458点。デンマークは0.777点、全体の平均は0.594点だった。日本に次いで低かったのは中国、インドだったが、この2国は以前に比べて満足度が向上していると回答した人が多かったという。ただ、一般市民を対象にした他の調査結果と似通った傾向もみられ、国情が反映されている可能性もある。

    合計点に大きく影響したのは「周囲による指導」「給与」「独立性」の項目。日本は給与の満足度ではイタリア、フランスなどを上回ったが、独立性や周囲による指導、休日、労働時間の計4項目が16カ国で最低だった。

  2. 同じ題材の記事を,もう1つ.

    以下,毎日jpより.

    科学者満足度:デンマーク1位、日本最下位 英誌調査

    日本の科学者は主要国で最も不幸せ−−。こんな調査結果を、英科学誌ネイチャーが初めてまとめ、24日付で発表した。満足度1位はデンマークだった。日本人は他国に比べ、休日が少なく研究テーマの選択で裁量が小さいとして強い不満を抱いていた。科学技術立国を掲げる政府だが、科学者が将来の展望を抱けるような政策が求められそうだ。

    同誌は3〜4月、インターネットを使って、世界の科学者に「給与」「休日の取得」「産休・育休」など8項目の労働環境について、満足(1点)から不満(0点)で点数化してもらった。今回、日米欧や、科学技術が伸びている中国やインド、韓国の計16カ国の研究者約1万500人について分析した。

    それによると、日本は「休日」(0.424点)「労働時間」(0.448点)「研究テーマの独立性」(0.567点)「上司や同僚からの指導」(0.442点)の4項目で最下位を記録し、デンマークの点数の5〜7割だった。残りの「給与」など4項目も12〜15位にとどまった。

    デンマークに続いてオランダ、スウェーデンの科学者の満足度が高かった。

    科学技術政策に詳しい角南(すなみ)篤・政策研究大学院大准教授は「日本は、中印より施設面などの研究環境は劣らないはずだ。しかし満足度が低いのは、奴隷的な労働環境で将来性を見いだせていないためと言える。政府は危機感を持つべきだ」と指摘する。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>