6月 302010
 

コバエシャッター(大)2つに新タイプビートルマットを敷き詰めて,一方の飼育ケースにカブトムシの幼虫5匹を,もう一方の飼育ケースにカブトムシの幼虫6匹を投入したのが5月上旬.

飼育ケースからカブトムシの幼虫のフンを取り除く作業を実施したのが6月上旬.

そして6月下旬,遂にカブトムシの成虫が昆虫マットの上に姿を現した!!

昆虫マット上に姿を現したカブトムシ
昆虫マット上に姿を現したカブトムシ

糞除去作業を実施してからの半月ほど,時々水分を確認する他は,ほとんど気にかけていなかったので,いつ成虫になったのかも,いつ地上に出てきたのかも不明だ.彼女に,昆虫ケースからゴソゴソと音がしてうるさいと言われて,初めて気が付いた.一方の飼育ケースのフタを開けてみると,カブトムシ成虫のオスが2匹とメスが2匹,合計4匹が確認できた.そのうち,オス1匹は地上に居残っていたが,オス1匹とメス2匹はすぐにマットに潜っていった.まだ成虫になって日が浅いと思うが,とりあえず,朽ち木と木のエサ皿を飼育ケースに入れて,昆虫ゼリーを置いてやる.

もう一方の飼育ケースについては,マット上に成虫の姿は確認できていない.それでも,飼育ケースの壁際に蛹室が3つあり,すべてカブトムシの成虫になっているようなので,近日中にマット上に出てくると期待している.

初めてマット上に成虫を確認した翌朝,長男6歳に「カブトムシが出てきたよ」と伝えると,飼育ケースに飛んでいき,早速,カブトムシをつまみ上げて,ゼリーのところへ強制移動させている.でも,カブトムシは食べない.まだ早いのだろう.

一方,遅れて起きてきた長女4歳は,「○○ちゃん,カブトムシに触りたいけど,触れない」と言う.長男に促されて,カブトムシの背中をツンツンとつついてご満悦だ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>