7月 312010
 

子供手当とか高速道路無料化とか,およそ本質的な問題とは思えない,些末なことばかりを政治家もマスコミも取り上げるのはなぜだろうか.声のでかい国民が自分のことしか考えない利己的な輩ばかりだからというのが答えだろうが,そうしているうちに,日本の将来には暗雲が立ちこめてきている.

先進国の中で最も教育投資をしていない国は日本である.GDPに対する教育予算の比が指標として取り上げられることが多いが,その指標において,日本は経済協力開発機構(OECD)加盟国中最下位である.もちろん,文部科学省は教育予算増額を求めるが,財務省は首を縦に振らない.

そのような状態にもかかわらず,日本の若者の学力は国際的に高い水準を維持してきた.これは義務教育を中心にした教育現場の努力によるものだろう.

しかし,経済協力開発機構(OECD)による国際学力調査(PISA; Programme for International Student Assessment)の結果では,日本の学力は低下傾向にあり,トップグループとは明らかな差があるとされている.日本の教育水準は高いというのは,もはや過去の幻影でしかない.

天然資源に恵まれず,左団扇の暮らしなど望めない日本では,政府が「科学技術立国」あるいは「物づくり大国」を標榜している.科学技術や物づくりで世界に貢献しようというわけだが,日本における科学技術や物づくりの担い手は誰だろうか.グローバル化が進むと,誰でもできる仕事は低賃金の地域に移動する.途方もない数の労働人口を抱える中国やインドで安価につくれるものを日本でつくろうとしても,それは経済的に成立しえない.日本以外ではつくれないものをつくるのが日本の物づくりであり,それを支える科学技術を開発できる研究者が日本には必要なのだ.そのような人材を輩出する責務は大学や大学院にある.

自分が大学に勤務しているということを割り引いても,大学における人材育成の重要性は揺るぎない.

ところが,大学における人材育成を強化するどころか,日本政府はそれとは逆の政策を推し進めようとしている.先日,大学で教職員宛に送付されたメールの書き出しを以下に示そう.

先般、閣議決定された「財政運営戦略」において「中期財政フレーム」が示されましたが、このフレームがそのまま実施されますと、国立大学法人運営費交付金(人件費・物件費ともに)が、平成23年度から毎年8%、今後3年間で計24%削減される可能性があります。

国立大学法人運営費交付金というのは,大学を運営するための基本経費のことであり,教職員の給料はもちろん,例えば学生の机や椅子などを購入するために使われる.既に猛烈な勢いで大学への予算は削減されてきたが,それを今後3年間でさらに計24%削減しかねないわけだ.文部科学省の試算では,削減額は3年間で約927億円に上り,仮に特定の大学への交付停止で削減を達成するなら,大阪大学と九州大学の2大学を潰すか,地方大学や小規模大学27大学を潰すかしなければならない規模になるという.

当然,「大阪大学と九州大学の2大学を潰す」などという決断を政府や役所ができるはずがない.名指しで地方大学や小規模大学を潰すこともできないだろう.そうすると,すべての大学で平等に運営費交付金を減らしましょうということになる.誰も責任を取らないと,全く戦略のない悪平等がすべてをダメにしてしまう.

大学で人件費を削ろうとすると,まず何をするか.企業と同じで,新規採用をやめることになる.誰かが定年退職しても,人員を補充しない.そうすると,組織は高齢化し,年を取った偉い先生ばかりで,若い研究者がいなくなる.そのような研究機関が素晴らしい成果を出せるはずもない.しかし,それが,これからの日本の大学の姿だ.

未来の日本のために,日本の大学をどうすべきなのか.正しく舵取りしないと,日本の衰退を加速させることになる.日本の大学に教育・研究機関としての魅力がなくなれば,優秀な人材は海外に活躍の場を求めるだろう.優秀でない人達は留まるほかない.つまり,泥舟から逃げ出せるのは優秀な人であり,このことが日本の大学の弱体化を加速させる.

教育予算を単純に増やせばいいとは思わない.少なくとも大学に関しては,大学の責務を明らかにして,その責務を果たすために予算を使うべきだ.勉強もしない学生の面倒を税金でみる必要はない.保育園やレジャーランドと化した大学に,大学として税金を投入する必要もない.レジャーは本人の負担で楽しむものだ.もし本当に大学予算を削減する必要があるのであれば,限られた予算で最大の効果が得られるようにしなければならない.

大学はただのサービス産業ではない.ただのサービス産業は,顧客が大金を支払ってくれるなら喜んで我が儘を聞いてくれるだろうが,教育とはそのようなものではない.大学は,金を払って卒業証書を買う場所では決してない.日本の大学は大丈夫だろうか...

7月 292010
 

“PSE Asia 2010″という会議名称は略称で,正式には,”the 5th International Symposium on Design, Operation and Control of Chemical Processes”という.実際には,誰もこんな長い名前を使うことはなく,”PSE Asia”と呼んでいる.というか,正式名称を使うと,通じない恐れがある.

初回を京都で開催したのが,ちょうど10年前.当時は事務局の運営を外注するのではなく,全部,研究室でこなしていたので,凄く大変だったことを思い出す.論文査読も,昨今のようにウェブでスマートに行われたわけではなかった.国際会議の運営も着実に進化している.

記念すべき第一回PSE Asia 2000からの伝統で,この国際会議は,アジア地域の研究者,特に若手研究者に交流の場を提供するという趣旨が非常に明確になっている.シンガポールで開催された今回のPSE Asia 2010でも,その目的は達成されている.ただし,京都で開催した初めてのPSE Asiaが,日本,韓国,台湾の研究者が中心だったのとは随分と様子が異なり,今回はインド系の参加者が非常に多かった.シンガポールという立地や,NUSの教授陣にインド系が多いことの影響だろう.20カ国以上から200名以上の参加者があったそうで,会議の規模は大きくなっている.

前回,西安で開催されたときとは異なり,会議運営はしっかりなされていた.流石に,国際的に活躍しているスタッフの数が多いだけのことはある.

会議の内容については,2日目にあったプレナリー講演の内容が実に刺激的だった.機能に基づいたプロセス設計という新しいパラダイムを提示しようとするもので,物質の状態に着目して,原料から製品に至るまでのルートを最適化する.荒っぽく言うと,原料と製品を指定すると,古典的な単位操作だけでなく,反応蒸留なども導出してくれる.もちろん完成した技術ではないが,これは凄い.

その他の講演に関しては,玉石混淆だ.これは仕方ない.むしろ,それを狙っている国際会議なのだから.

さて,次回のPSE Asia 2013はマレーシアのクアラルンプールで開催されることが決まった.2012年にシンガポールでPSE(アジアだけでなく世界全体のプロセスシステム工学の国際会議)とIFAC ADCHEM(プロセス制御の国際会議)が開催されるため,3年後ということになったようだ.3年後には,各国の力関係もまた変化していることだろう.

会議終了後,最後の晩餐にクラークキーへ出掛けた.最後はやっぱりシーフードでしょうということで,再び,チリクラブも注文した.タイガービールだけでなく,いくつかの種類のビールを飲みまくって,フラフラになりながらタクシーでチャンギ空港へ.そして今,この文章を書いている.フライトは1:00AM.

7月 282010
 

今回の国際会議PSE Asia 2010には,プロセスシステム工学研究室卒業生で,修士と博士をシンガポール国立大学(NUS)で取得し,現在は東京大学に勤務している研究者も参加している.シンガポールに詳しい彼に,美味しいシーフードレストランに連れて行ってもらった.セントーサ島に近いハーバーフロントのビボシティ(Vivo City)にあるNo Signboard Seafoodだ.美味しいと評判のレストランらしく,シンガポール国内に6店舗,インドネシアに2店舗を展開している.

評判のNo Signboard Seafood@シンガポール
評判のNo Signboard Seafood@シンガポール

この元学生に言わせると,シンガポールに来たら,とにかくチリクラブを食べないとダメとのことだ.小紅楼海鮮(Red House)でペッパークラブを食べている場合ではないと.というわけで,時価のチリクラブを2匹注文してもらう.

No Signboard Seafoodのチリクラブ@シンガポール
No Signboard Seafoodのチリクラブ@シンガポール

ペッパークラブもチリクラブも非常に美味しいのだが,美味しさの種類が違う.ペッパークラブはブラックまたはホワイトのペッパーが効いたカニを味わうことに尽きるが,チリクラブの場合,カニはもちろん,カニの出汁が効いたチリソースが抜群に美味しい.このカニ味のチリソースを揚げパンにつけて食べるのだが,それに加えて,チリソースを炒飯にかけて食べるという技を教えてもらった.これは素晴らしい.機会があれば,是非どうぞ!

No Signboard Seafoodのカエル料理@シンガポール
No Signboard Seafoodのカエル料理@シンガポール

その他の料理もすべてお任せで,レモンソースの鶏の唐揚げ,野菜,エビを揚げたもの,カエルなどをいただいた.いずれも非常に美味しかった.

ちなみに,飲み物はタイガービール.

River View Hotel SingaporeからVivo Cityまではタクシーで行ったが,帰りはタクシー乗り場に長い行列ができていたため,MRTでホテルに戻った.

7月 272010
 

シンガポール到着日にシーフードレストランでペッパークラブなどをご馳走してくれたNUSの教授が,突然,学会会場で「インド料理は好きか?」と尋ねてきた.え?という顔をしていると,「ベジタリアンフードは嫌いか?」とたたみかけられる.「いや,何でも食べるけど」と答えると,「よし,バンケットに出席できないから,俺の代わりに,ベジタリアン用のVIPテーブルに座ってくれ」と言われた.私が怪訝そうな顔をしていたからか,「ベジタリアンフードの方がハイクオリティのはずだから」と説得する.

バンケット会場にVIPテーブルは3つあり,IPC(国際プログラム委員会)およびNOC(国内組織委員会)のメンバーと,プレナリー講演者が割り当てられている.この国際会議PSE Asia 2010に関しては,私は平民なので,隅っこで気楽にしていようと思っていたのだが...

夕方,バンケット会場に行くと,顔馴染みのNUSの偉い教授に,「お,ベジタリアン料理が好きなのか?」と言われる.「いやいや,興味はありますが,別に好きというわけじゃなくて,ここに座れと言われたので・・・」と答えると,ニコッとして「そうか,ベジタリアン料理に興味があるか.それは素晴らしい.よし,ここに座って」と促され,ステージの真ん前の特等席に座る.

参加者が席に着くと,特に堅苦しい挨拶などもなく,司会者からパフォーマンスについての紹介があった.マレーシアの伝統舞踊だそうだ.女性3人組による華やかな舞踊と,男性4人組によるアクロバティックな舞踊(これはマレーシアじゃなくてインドかも.よくわからない).特設ステージが大きく揺れている.

マレーシアの伝統舞踊@シンガポール
マレーシアの伝統舞踊@シンガポール

マレーシアの伝統舞踊@シンガポール
マレーシアの伝統舞踊@シンガポール

パフォーマンスが終わると,女性3人と男性4人がフロアに降りてきて,バンケット会場を物色し始めた.誰かがステージで踊ることになるらしい.

まあ頑張れよと思いながら様子を見ていると,男性4人組のダンスチームのリーダー(一人だけ衣装が緑色)が私の横に立って,「ステージに上がって」と促す.「いやいやいやいや,私はダメでしょ.ダンスなんてできないし」と抵抗するも,隣に座っていたNUSの偉い教授に「行ってこい」と言われて,これは踊るしかないなと覚悟を決める.

招待講演で1時間くらい話をする方がまだ気が楽だ...

それでも,貴重な体験をさせてもらえたことに感謝したい.

ちなみに,ステージに上げられて人前でダンスを踊るなんて,新婚旅行の時にスペインのアンダルシアでフラメンコを踊って以来だ.

なお,普通の料理は食べていないため,比較はできないが,ベジタリアン料理は非常に美味しかった.これも貴重な体験だ.

7月 272010
 

シンガポール訪問は2回目なので,国際会議PSE Asia 2010のウェルカム・レセプションまで,大人しくホテルで仕事をしていようかと思っていたが,同行者がシンガポール初訪問だというので,ガイドを兼ねて,定番のシンガポール観光を繰り返してみた.

宿泊しているRiver View Hotelはシンガポール川沿いにあるので,川沿いを歩いて,まずはクラークキーへ.さらに,ボートキーを経由して,マーライオン・パークへと向かう.朝だったので,クラークキーの店も準備中だったが,マーライオン・パークは観光客であふれかえっていた.

マーライオンとカジノ@シンガポール
マーライオンとカジノ@シンガポール

マーライオンの向こう,マリーナ・ベイの対岸にそびえ立つのは新しくできたカジノだ.3つの高層ビルの上には,船をかたどった建造物が載っている.椰子の木か何かが並んでいるのが見えるが,そこはプールだそうだ.凄い...

ロングバーのシンガポールスリング@ラッフルズホテル
ロングバーのシンガポールスリング@ラッフルズホテル

マーライオンを見物した後は,ラッフルズホテルへ.ラッフルズ・アーケードに立ち寄り,そのままロングバーに向かう.昼前なので,まだ床は綺麗だ.ピーナッツの殻が散乱していない.とりあえず,シンガポールスリングを注文して,くつろぐ.

オーチャードのアイオン@シンガポール
オーチャードのアイオン@シンガポール

昼過ぎ,シティホール駅からMRTに乗って,オーチャード・ロードに向かう.このエリアには,ここ数年で新しい巨大ショッピングセンターがいくつもオープンしている.ルイヴィトンなど一流ブランドの店舗がすべてのショッピングセンターにあり,これで商売が成り立つのかと不思議に思うほどだ.

パラゴンの鼎泰豊で小龍包を食べて,ホテルに戻った.

7月 262010
 

シンガポールに到着した日の夜,シンガポール国立大学(National University of Singapore; NUS)の教授に夕食に連れて行っていただいた.

滞在しているRiver View Hotelまで迎えに来てもらい,そこから教授のLexusで,イースト・コーストのシーフードセンターへ.ちなみに,シンガポール国立大学の教員の給料は,日本の大学教員を遙かに凌ぐ.高等教育に力を入れて国力の向上に邁進する国と,教育費を削減している衰退中の国の違いだろう.週末のためか,中心部の渋滞が激しく,シーフードセンター界隈の道路も,そこの駐車場も,大混雑していた.

イースト・コースト・シーフードセンター@シンガポール
イースト・コースト・シーフードセンター@シンガポール

シーフードセンターでは,海岸沿いにシーフードレストランがズラリと並んでいる.どの店もパッと見た限りでは庶民的で,広いテラス席はぎっしりと埋め尽くされている.今回食事をしたのは,その中で教授が一番のお気に入りだというレストラン「小紅楼海鮮(Red House)」だ.テーブルから店内を眺めると,生簀(いけす)に巨大なエビやカニがいる.

小紅楼海鮮Red House@シンガポール
小紅楼海鮮Red House@シンガポール

注文はすべてNUSの教授にお任せ.こちらは供される料理をいただくのみ.実に気楽だ.注文したのは

  • 丸ごと揚げた魚のソースかけ: 種類はわからなかったが美味しかった.アッサリした白身でディープフライだから,スンホックかも.
  • タイ風のイカ: タイ風と聞いてびびったが,イカそのものはそれほど辛くなかった.たれには注意.
  • バター味の炒めたエビ: ロブスターではなく,車エビみたいなやつ.
  • ダック: なぜシーフードレストランでダックなのかはわからないが,これも美味しかった.
  • ブラックペッパー・クラブ: チリ・クラブと双璧をなすシンガポールの名物料理.これでもかと黒胡椒がかかっている.
  • 蒸した?カニ: 同じカニだが,あっさり味.日本で食べる味に近い.
  • タイガー・ビール: シンガポールでビールと言えばタイガー・ビール.

前回シンガポールに来たときには,チリ・クラブもペッパー・クラブも食べる機会がなかったので,今回は初日に食べさせてもらえて幸運だった.これでシンガポールで思い残すことはない.

Red Houseのブラック・ペッパー・クラブ@シンガポール
Red Houseのブラック・ペッパー・クラブ@シンガポール

テーブルに運ばれてきたブラック・ペッパー・クラブは,とにかく大きかった.特に,ハサミの大きさが尋常ではなく,殻は非常に硬い.殻を割る道具でバリバリと殻を砕き,指をブラックペッパーとソースでネトネトにさせながら,カニの身にかぶりつく.凄く美味しい.

Red Houseの巨大カニ2匹目@シンガポール
Red Houseの巨大カニ2匹目@シンガポール

2匹目の巨大なカニは,蒸すか茹でるかしたような料理で,アッサリ味だった.大きさは,ブラック・ペッパー・クラブに負けていない.こちらも凄く美味しかった.

もう食べられませんというくらいにお腹一杯になったところで,再びLexusに乗ってホテルへ.

ご馳走になった翌日,NUSの教授には日本から持参したお土産を渡した.福寿園の抹茶を使ったお菓子だ.大したお礼にはなっていないけれども,気持ちだけ.

7月 252010
 

国際会議PSE Asia 2010に参加するためにシンガポールへ.

関西国際空港からチャンギ空港へはシンガポール航空を利用.エイビーロードのエアラインランキング2010では,機内サービス,機材設備,機内食,空港接客の4部門に加えて,総合満足度でも第1位となり,2年連続で5冠達成.機内エンターテインメントではトップを逃したものの,その強さは圧倒的だ.シンガポール航空は,とにかく安心して使える航空会社といえる.

今回は,学会の会場となるRiver View Hotel Singaporeに滞在する.チャンギ空港はMRTの駅と接続しているため,ホテルがMRT駅の近くなら迷わずMRTを利用するのだが,River View Hotel Singaporeは中途半端な場所にあり,最寄りのMRTチャイナタウン駅から徒歩で10分ほどかかる.このため,前回同様,チャンギ空港からはエアポートシャトルを利用した.片道S$9(630円)なので,まあ,リーズナブルだ.

シンガポール川沿いのRiver View Hotel
シンガポール川沿いのRiver View Hotel

River View Hotel Singaporeは,シンガポール川とハブロック・ロードに挟まれて建つ.近くに大型ホテルがいくつかあるが,ショッピングセンターなどはない.シンガポール川沿いに500mほど下った対岸にロバートソン・キーが,さらに400mほど行くとクラーク・キーがある.さらに行くとボート・キーがあり,シンガポール川がマリーナ・ベイに注ぐところにマーライオン・パークがある.ここまで歩けば,結構な散歩になる.実際,歩いたわけだが.

Havelock Roadに面したRiver View Hotelの玄関@シンガポール
Havelock Roadに面したRiver View Hotelの玄関@シンガポール

ホテルの目の前には,バス停がある.路線バスをうまく使えれば,結構便利なのかもしれない.ハブロック・ロードは広い道路で,シンガポール空港の観光バスなども通るようだ.

River View Hotelの客室@シンガポール
River View Hotelの客室@シンガポール

ホテルのレベルとしては,River View Hotel Singaporeは中級といったところか.きわめて普通だ.客室は広いが,簡素で豪華さはない.フロントの対応も普通.特に不満はないが,お薦めポイントがあるわけでもない.

前回2007年にシンガポールに来たときには,マンダリン・オリエンタルに宿泊したので,それと比較してはいけないのは重々承知しているのだが,それでもつい比較してしまう.

River View Hotelのプール@シンガポール
River View Hotelのプール@シンガポール

シンガポール川側の5階にプールがある.私は水着を持ってこなかったが,気持ちよさそうだ.

今回は学会会場ということでRiver View Hotel Singaporeを選んだが,このような制約がなければ,もう少しMRT駅に近いホテルが良いように思う.

7月 242010
 

4月に「京都大学工学部3回生の実態調査結果: TurningPoint ARS」に書いたように,私が担当するプロセス制御工学という講義で,匿名のアンケート調査を実施した.それからおよそ3ヵ月経過した最後の講義で,再び,同じ内容のアンケート調査を実施した.前期も終わりが見えてきた今,学生の意識がどれだけ変化したか,あるいはしていないかを確認するためだ.

残念ながら,京都大学に入学したのは失敗だったとか,工業化学科にしたのは失敗だったとかいう学生は消滅してはいなかった.大学を辞めたいという学生も,単位を取れる程度にすら勉学に勤しんでいない学生もいる.しかしながら,アンケート結果によると,そのような学生の数は減少していた.ただ,解釈に注意を要するのは,講義に出席した学生のみを対象としたアンケート調査であるため,そもそも大学を辞めたくて勉強もする気がないような学生はアンケートに参加していない恐れがあるということだ.ドロップアウトしてしまっている可能性がある.それでも,アンケートを実施したのは講義最終回なので,やる気がない学生でも比較的出席している可能性は高いと思われる.

いつものように,独断と偏見に充ち満ちたコメントもしておいた.

京都大学や工業化学科を選んだのが失敗だったと思っているなら,どうして,そんなところでウジウジとしているのか.その道を選んだのは学生自身であって,大学でも教員でもない.自分の責任でやり直せ.他大学で改めてやり直すなどの根性がないなら,要するに自分の失敗の尻ぬぐいを自分でできないようなら,潔く,自分が選んだ今の環境で全力を尽くせ.ここは大学なんだから,勉強しろ.とまあ,こんな具合だ.

この約3ヶ月間に本を何冊読んだかも尋ねた.極めて遺憾ながら,全く読んでいない学生がいる.読書の大切さを説いても,やはり伝わらないか.

「誰しも自分以上のものの見方はできない」とショーペンハウエルが言い,「しょせん,人間は,自分が学べることしか学ばない」とゲーテがメフィストフェレスに言わせたのは正しい.

でも,残念なことばかりではない.刺激を受けて,頑張っている学生もいる.先が見えにくい世の中だが,自分が立派な人間になることを目指していれば,間違いはない.

7月 222010
 

今夏もポケモンの新しい映画が封切られ,新種のポケモン「ゾロアーク」などが登場し,「セブン-イレブン ポケモンスタンプラリー2010」が始まった.

このスタンプラリーでは,セブンイレブンの店舗に行って,台紙にポケモンのスタンプを押す.スタンプは合計24種類あり,店舗ごとに異なるスタンプが設置されている.4種類のスタンプを集めるとポケモンのシールが,8種類のスタンプを集めるとポケモンのポスターがもらえるという仕組みだ.

我が家の長男7歳と長女4歳も当然,参戦したいと騒ぐ.問題はいかに効率よくスタンプを集めるかだ.

この猛暑の中,歩いてセブンイレブンの店舗めぐりをするなんて考えられない.最低でも8店舗に行かなければならないのだから.子供2人を連れて自転車もありえない.こんなことに自動車を使うのは反社会的だ.そこで,夏休み期間中は市バスの小児運賃が無料になる京都市の「エコサマー」という制度を利用して,市バスでセブンイレブンの店舗を渡り歩くことにする.私は通勤定期券を持っているし,幼稚園児は元々無料だ.

さて,どうすれば市バスで最短時間でポケモンスタンプラリーを完結させられるだろうか.これは巡回セールスマン問題と呼ばれる最適化問題に似ているが,さらにレベルが高い.というのも,最低8店舗に行かなければならないのは確かだが,8店舗でスタンプラリーを終われる保証はないからだ.もし訪問した2つの店舗に同一のスタンプが設置してあれば,もう1店舗増やさなければならなくなる.仮に,計画通りに自宅近くに戻ってきた最後の8店舗目のスタンプがどこかと同じスタンプだとしたら,スタンプ1つのために,かなり遠くまで往復しなければならなくなるだろう.このようなリスクを考慮しなければならない.さらに,距離は事前に計測しておけば変化しようがないが,市バスで移動する場合,所用時間は交通状況に依存する.京都の市バスは時刻表通りには運行されず,本数の少ないバスを計画に組み入れると,バス停で長時間待ちぼうけをくらう恐れがある.スタンプの種類と市バスの運行に不確定性があるわけだ.そこまで考慮した最適計画を立案しなければならない.

市バスに乗ってポケモンスタンプラリーを最短時間で完結させよう in 京都

問題: 以下に示すような制約条件の下で,評価関数を最小化する行動計画を立案せよ.

評価関数: 自宅を出発してから,ポケモンスタンプラリーを完結させて,自宅に戻って来るまでの所要時間.

制約条件:

  • 8種類の異なるスタンプを集めなければならない.
  • 夏休み期間中の平日,土曜,休日のいつ実行してもよい.ただし,開始は9時以後,終了は18時以前とする.
  • セブンイレブンの店舗位置は事前にすべて正確に把握できる.
  • 各店舗にどのスタンプが設置してあるかは事前に全く把握できない.
  • 移動手段は市バスと徒歩のみとする.
  • 市バスの時刻表は参照できるが,交通状況によって時刻表通りに運行されるとは限らない.
  • 自宅の最寄りバス停は金閣寺道とし,自宅とバス停の間の移動時間は0とする.

夏休みの自由研究にどうでしょうか.

operations researchを専門にする大学院生になら解いてもらえるだろうか.まあ,この程度の意思決定問題に何らかの形で解答を与えられないようなら,およそ現実の重要な意思決定問題は解けそうにない.

この「セブン-イレブン ポケモンスタンプラリー2010」は8月15日まで実施されているので,8月上旬に見込みのある解答を提出してもらえれば,私が自分の身体を張って,評価値を測定します.最大3ケースくらいなら何とか...優勝者にはポケモンスタンプラリーでもらえるポケモンポスターをプレゼント!

7月 192010
 

梅雨が明けて,久しぶりに部屋の窓から月がくっきりと見えた.

「パパ〜,月やで! 月! 見たい見たい!」という長男7歳と長女4歳に促され,スコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セットを取り出してきて組み立てる.所要時間約3分.何と言っても,この手軽さが有り難い.

この天体望遠鏡を購入したのは約一年前.その経緯は「子供向け天体望遠鏡の選び方」にまとめてある.そこに書いた通り,スコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セットは優れた入門機だ.

さらに,安価かつコストパフォーマンスの高い,本格的っぽい天体望遠鏡がないものかと調べてみると,あった.スターライト・コーポレーションスコープテック・ラプトル50天体望遠鏡セット(屈折式簡易架台)がそれだ.販売価格は7,980円で,重量は三脚も含めて1.5kgしかない.激安だが,極めて良心的な作りで,世界天文年2009日本委員会が選定した世界天文年セレクションの望遠鏡部門でフレンドリー賞を受賞している.

まずは30倍の低倍率で月全体を観察する.視野に月全体がちょうど収まるくらいで,大きなクレーターがハッキリと観察できる.長男は「わぁー!凄い凄い!」と大喜びだが,代わってもらった長女は「・・・」.「○○ちゃん,見える?」と尋ねると,「見えな〜い」との返事.天体望遠鏡に近づくときに激突し,鏡筒をずらしてしまうようだ.

続いて75倍の高倍率で月面を観察する.小さなクレーターや山がクッキリと見える.実に興味深い.

子供に与えるおもちゃとして何か良いものはないかと考えている人がいたら,この天体望遠鏡はお薦めできる.値段もまさにおもちゃ並みだし.