7月 012010
 

7つのチャクラ
キャロライン・メイス(著),川瀬勝(訳),サンマーク出版,2009

「直観医療」という言葉を初めて聞いた.訳者によると,著者のキャロライン・メイスが,自分で求めたのではないにもかかわらず,「直観医療者」,つまり,人の病がわかるという特殊能力をもつようになり,この力をとおして接した人々とのかかわりを通じて,魂と身体との関係に関する新しいモデルを形づくり,それを詳しく述べたのがこの本である.キャロライン・メイスの直観医療では,病気の身体的な側面だけでなく,その背後にある,病気の真の原因である霊的な核心まで知覚できるようだ.病は気からという,まさにその「気」が知覚できるわけだ.

著者は「まえがき」で次のように述べている.

この本を通して,読者のみなさんも,自分の身体を目で見るのと変わらぬほどはっきりと,気の言語で自分自身を思うことを学んでくれるのを願っている.そして,自分の肉体を大切にするのとまったく同じように,意識して霊体のほうもいたわってほしいと願っている.

本書の大部分は,7つのチャクラについての説明である.

  • 第一チャクラ: 物質世界についての学び
  • 第二チャクラ: セクシュアリティ,仕事,物欲についての学び
  • 第三チャクラ: 自我,人格,それに自己敬愛についての学び
  • 第四チャクラ: 愛,許し,慈しみについての学び
  • 第五チャクラ: 意志,自己表現についての学び
  • 第六チャクラ: 知性,直観,洞察,叡智についての学び
  • 第七チャクラ: 霊性についての学び

この7つの霊的な学びをきちんと意識して見つめる必要性と責任を無視すると,そのエネルギーが病気となって現れることもあると指摘されている.本書「7つのチャクラ」にはその具体例が数多く紹介されており,人間がどのようにして霊的に目覚めるかが示されている.

また,この7つのチャクラは7つの聖なる真理に対応しているとされる.

  • 第一チャクラ: すべてはひとつなり
  • 第二チャクラ: 互いを尊重すべし
  • 第三チャクラ: 自分を尊重すべし
  • 第四チャクラ: 愛は神なるものの力
  • 第五チャクラ: 個人の意志をすて,神なるものの意志に従うべし
  • 第六チャクラ: 真理のみを求めよ
  • 第七チャクラ: いまという瞬間に生きよ

スピリチュアル系の本なので,読みたくない人は無理して読む必要はない.まあ,そういう人は,このブログを読んでいることもないだろう.しかし,自分は何のために生きてるの?といったまともな疑問を持つような人であれば,本書から多くの気付きを得られるだろう.また,身体的に心理的に何か気になることがあるという人は,本書の「直観医療」という側面から有益な情報を得られるかもしれない.実際,がん,HIV,うつ病など深刻な状態から復活した人達の事例が数多く収録されている.

世の中には凄い人がいくらでもいるものだ.

目次

直観医療に目覚めたとき

  • 私の目覚めの旅
  • 気の医学と直観

7つのチャクラ―魂を生きる階段

  • 第1チャクラ―集団の力
  • 第2チャクラ―人間関係の力
  • 第3チャクラ―内面の力
  • 第4チャクラ―感情の力
  • 第5チャクラ―意志の力
  • 第6チャクラ―理性の力
  • 第7チャクラ―霊性とのつながり