7月 062010
 

ルーベンの駅からホテルまで歩いた.駅から市庁舎に続く広い道をまっすぐに進み,市庁舎のところで右に折れて,オープンカフェを横目に見ながら,スーツケースをゴロゴロと転がして石畳を進むと,ibis hotel Leuven Centrumに着く.

駅から市庁舎へ続く道@ルーベン, ベルギー
駅から市庁舎へ続く道@ルーベン, ベルギー

ブリュッセルのグランプラスにある市庁舎も凄かったが,ルーベンの市庁舎もとんでもなく壮麗な建物で,凝りすぎではないかというくらい凝った外観だ.

壮麗な市庁舎@ルーベン, ベルギー
壮麗な市庁舎@ルーベン, ベルギー

壮麗な市庁舎@ルーベン, ベルギー
壮麗な市庁舎@ルーベン, ベルギー

市庁舎の前の広場にオープンカフェがあり,非常に賑わっているが,市庁舎の横の道に入ると物凄い数のオープンカフェがある.行き止まりの道の奥にはステージが用意されていて,ここでイベントをやるらしい.

凄く広いオープンカフェ@ルーベン, ベルギー
凄く広いオープンカフェ@ルーベン, ベルギー

ホテルの近くでカラオケ屋を見付けた.店名はベートーベン.こんなところにまで進出しているとは,日本のカラオケは侮れない.

カラオケ屋を発見@ルーベン, ベルギー
カラオケ屋を発見@ルーベン, ベルギー

そのカラオケ屋の近くに工事現場があり,建物の外壁だけを巧妙に残して,それ以外を完全に改築しているところだった.歴史的な外観を保とうとする根性に敬意を表する.このような努力によって,ヨーロッパの美しい街並みが保たれている.京都も見習うべきだろう.

外壁だけを残した工事現場@ルーベン, ベルギー
外壁だけを残した工事現場@ルーベン, ベルギー

7月 062010
 

ブリュッセルから国際会議が開催されるルーベンへ列車で移動する.ICで約20分,ローカルで約40分かかる.ブリュッセル中央駅で切符を購入し,最初のルーベン行きのローカル列車に乗る.

各駅に停車しながら,のんびりと進んでいたが,列車が駅でもないのに停車したまま動かなくなってしまった.車内放送があったが,英語でないため理解できない.

しばらくすると,車掌さんらしき人が来て,「列車にトラブルがあって,これ以上は進めないので,逆向きに手前の駅まで引き返す.そこで別の列車に乗り換えてもらうが,ルーベンまでどのくらい時間がかかるかわからない」と説明してくれた.夜まではまだまだ時間があるので,特に焦ることもなく,のんびりと車内で待つ.他の乗客も全く動揺する様子はない.

15分くらい停まっていただろうか.遂に列車が逆向きに動き出した.写真はそのときに車窓から撮影したもの.のどかな風景だ.

ブリュッセルとルーベンの中間地点で列車が立ち往生@ベルギー
ブリュッセルとルーベンの中間地点で列車が立ち往生@ベルギー

手前の駅まで戻ったが,乗客が誰も降りようとしない.他の列車に乗り換えるという話だったので,私が怪訝な顔をしていたのだろう.後ろに座っていた人が,「このまま乗っていればいい」と教えてくれた.

結局,1時間ちょっとでルーベンに到着した.強い日差しの中,スーツケースを引き摺りながら,宿泊予定のホテルまで歩く.

7月 062010
 

1619年に製作されたブリュッセルの小便小僧は世界的に有名で,多くの観光客が訪れる.しかも,この小便小僧は裸ではなく,ちゃんと服を着ている.そればかりか,着替えもする.今回見学した小便小僧は,袖にベルギーの国旗をあしらった黄色のシャツにサングラスという出立ちだった.ちなみに,想像していたよりも小さかった.

小便小僧@ブリュッセル, ベルギー
小便小僧@ブリュッセル, ベルギー

フランスのルイ15世がこの小便小僧に衣装を送って以来,世界中から送られてきた小便小僧の衣装は数百にも及び,それらはすべてグランプラスにあるブリュッセル市立博物館に保管されている.

市立博物館(王の家)@ブリュッセル, ベルギー
市立博物館(王の家)@ブリュッセル, ベルギー

小便小僧の国際色豊かな衣装@ブリュッセル, ベルギー
小便小僧の国際色豊かな衣装@ブリュッセル, ベルギー

小便小僧の説明板に,様々な衣装を着た小便小僧の写真が掲載されている.その左端の写真に注目して欲しい.なんと,犬,猿,雉を従えた桃太郎だ.

桃太郎コスチュームの小便小僧@ブリュッセル, ベルギー
桃太郎コスチュームの小便小僧@ブリュッセル, ベルギー

これは面白いということで,どのような衣装があるのかを見るために,グランプラスにある市立博物館に行ってみた.世界中のありとあらゆる民族衣装があるという感じだったが,その展示室の一際目立つブースに,大名バージョン(鎧姿)の小便小僧と侍バージョン(羽織袴)の小便小僧がいた.ここでは,日本が存在感を示している.ところが,肝心の桃太郎バージョンの小便小僧はいなかった.

さて,前置きはこのくらいにして,本題に入ろう.ブリュッセルには,小便小僧だけでなく,小便少女がいる.一体どのような姿をしているのかと興味津々で,小便少女があるイロ・サクレ地区を訪れた.行き止まりの狭い路地に入ると,小便少女の像があった.

しばらく,絶句...いや,これはこれでいいのかと...

小便少女@ブリュッセル, ベルギー
小便少女@ブリュッセル, ベルギー