7月 062010
 

1619年に製作されたブリュッセルの小便小僧は世界的に有名で,多くの観光客が訪れる.しかも,この小便小僧は裸ではなく,ちゃんと服を着ている.そればかりか,着替えもする.今回見学した小便小僧は,袖にベルギーの国旗をあしらった黄色のシャツにサングラスという出立ちだった.ちなみに,想像していたよりも小さかった.

小便小僧@ブリュッセル, ベルギー
小便小僧@ブリュッセル, ベルギー

フランスのルイ15世がこの小便小僧に衣装を送って以来,世界中から送られてきた小便小僧の衣装は数百にも及び,それらはすべてグランプラスにあるブリュッセル市立博物館に保管されている.

市立博物館(王の家)@ブリュッセル, ベルギー
市立博物館(王の家)@ブリュッセル, ベルギー

小便小僧の国際色豊かな衣装@ブリュッセル, ベルギー
小便小僧の国際色豊かな衣装@ブリュッセル, ベルギー

小便小僧の説明板に,様々な衣装を着た小便小僧の写真が掲載されている.その左端の写真に注目して欲しい.なんと,犬,猿,雉を従えた桃太郎だ.

桃太郎コスチュームの小便小僧@ブリュッセル, ベルギー
桃太郎コスチュームの小便小僧@ブリュッセル, ベルギー

これは面白いということで,どのような衣装があるのかを見るために,グランプラスにある市立博物館に行ってみた.世界中のありとあらゆる民族衣装があるという感じだったが,その展示室の一際目立つブースに,大名バージョン(鎧姿)の小便小僧と侍バージョン(羽織袴)の小便小僧がいた.ここでは,日本が存在感を示している.ところが,肝心の桃太郎バージョンの小便小僧はいなかった.

さて,前置きはこのくらいにして,本題に入ろう.ブリュッセルには,小便小僧だけでなく,小便少女がいる.一体どのような姿をしているのかと興味津々で,小便少女があるイロ・サクレ地区を訪れた.行き止まりの狭い路地に入ると,小便少女の像があった.

しばらく,絶句...いや,これはこれでいいのかと...

小便少女@ブリュッセル, ベルギー
小便少女@ブリュッセル, ベルギー

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>