7月 092010
 

ベルギー滞在最終日,遂にお土産購入に奔走する.有り難いのは,ベルギーチョコレートを買っておけば大丈夫ということだ.何を買ったらよいかわからなくて途方に暮れるというようなことにはならない.

まず,グランプラスに近いスーパーマーケットに行って,研究室の学生に配るチョコレートを購入する.大袋入りの安いチョコレートでもいいかと思ったが,いつもお世話になっているので,一人ずつ板チョコを購入する.ただの板チョコではない.ベルギー王室御用達のガレー(Galler)の板チョコだ.

自宅用に,コートドール(Cote D’Or)の板チョコ(彼女用)とワッフル(子供用)も購入した.さらに,いつもお世話になっている親戚用に様々な種類のベルギービールを購入した.無茶苦茶,重い.お土産すべてをスーツケースに詰め込んだとして,果たして重量制限にかからずにチェックインできるのか微妙だ.

ところで,このスーパーマーケットで感心したのが,買い物かごだ.普通に手で持つこともできるのだが,底にキャスターが付いていて,店内をコロコロと引っ張って歩くことができる.購入したビールとチョコレートの重さが尋常ではなかったので,この買い物かごに助けられた.

ばらまき用土産もベルギー王室御用達@ブリュッセル
ばらまき用土産もベルギー王室御用達@ブリュッセル

学生向けのお土産はスーパーマーケットで買える板チョコでよいとして,きちんとしたお土産はどうするか.もちろん,ブリュッセルには,ゴディバ(Godiva),ビィッタメア(Wittamer),ノイハウス(Neuhaus),ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)など高級ショコラティエが数多くある.しかし,どれも日本で買えてしまう.決して安くはないが,近所のデパートで売っているチョコレートをお土産でもらっても,あまり有り難くはないだろう.そう考えてしまうと,チョコレート選びは非常に難しくなる.

悩んだ挙げ句,希少性の高い高級チョコレートをお土産にすることに決めた.ベルギー王室御用達のマリー(Mary)だ.手作りチョコレートにこだわるMaryは,なんとブリュッセルに1店舗があるのみらしい.世界中に支店を持つ有名店に比べれば知名度は低いが,チョコレートの品質は折紙付きだ.

ベルギー王室御用達の高級チョコレート店Mary@ブリュッセル
ベルギー王室御用達の高級チョコレート店Mary@ブリュッセル

マリー(Mary)で,小さなボックス入りのチョコレートをいくつかと,板チョコを数種類購入した.約100ユーロ.支払いをしているときに,店員さんが,ガナッシュ・チョコレートを試食させてくれた.確かに,凄く美味しい.あとは,お土産を渡すまでに,暑さで溶けてしまわないことを祈るのみだ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>