7月 252010
 

国際会議PSE Asia 2010に参加するためにシンガポールへ.

関西国際空港からチャンギ空港へはシンガポール航空を利用.エイビーロードのエアラインランキング2010では,機内サービス,機材設備,機内食,空港接客の4部門に加えて,総合満足度でも第1位となり,2年連続で5冠達成.機内エンターテインメントではトップを逃したものの,その強さは圧倒的だ.シンガポール航空は,とにかく安心して使える航空会社といえる.

今回は,学会の会場となるRiver View Hotel Singaporeに滞在する.チャンギ空港はMRTの駅と接続しているため,ホテルがMRT駅の近くなら迷わずMRTを利用するのだが,River View Hotel Singaporeは中途半端な場所にあり,最寄りのMRTチャイナタウン駅から徒歩で10分ほどかかる.このため,前回同様,チャンギ空港からはエアポートシャトルを利用した.片道S$9(630円)なので,まあ,リーズナブルだ.

シンガポール川沿いのRiver View Hotel
シンガポール川沿いのRiver View Hotel

River View Hotel Singaporeは,シンガポール川とハブロック・ロードに挟まれて建つ.近くに大型ホテルがいくつかあるが,ショッピングセンターなどはない.シンガポール川沿いに500mほど下った対岸にロバートソン・キーが,さらに400mほど行くとクラーク・キーがある.さらに行くとボート・キーがあり,シンガポール川がマリーナ・ベイに注ぐところにマーライオン・パークがある.ここまで歩けば,結構な散歩になる.実際,歩いたわけだが.

Havelock Roadに面したRiver View Hotelの玄関@シンガポール
Havelock Roadに面したRiver View Hotelの玄関@シンガポール

ホテルの目の前には,バス停がある.路線バスをうまく使えれば,結構便利なのかもしれない.ハブロック・ロードは広い道路で,シンガポール空港の観光バスなども通るようだ.

River View Hotelの客室@シンガポール
River View Hotelの客室@シンガポール

ホテルのレベルとしては,River View Hotel Singaporeは中級といったところか.きわめて普通だ.客室は広いが,簡素で豪華さはない.フロントの対応も普通.特に不満はないが,お薦めポイントがあるわけでもない.

前回2007年にシンガポールに来たときには,マンダリン・オリエンタルに宿泊したので,それと比較してはいけないのは重々承知しているのだが,それでもつい比較してしまう.

River View Hotelのプール@シンガポール
River View Hotelのプール@シンガポール

シンガポール川側の5階にプールがある.私は水着を持ってこなかったが,気持ちよさそうだ.

今回は学会会場ということでRiver View Hotel Singaporeを選んだが,このような制約がなければ,もう少しMRT駅に近いホテルが良いように思う.