8月 132010
 

長男が通う小学校では,一年生は自由研究をしなくても構わないらしい.ただ,担任の先生は,できれば何かに取り組んでもらえると嬉しいですと仰っていたそうだ.

小学校の夏休みが始まってから,自由研究について長男と相談した結果,カブトムシの観察に取り組むことになった.長男がカブトムシに興味津々であることに加えて,折角,幼虫からカブトムシを育てて,10匹以上の成虫を飼育し,たくさんの卵を産ませることもできたのだからというわけだ.

本日,家族総出で,その自由研究を仕上げた.

まず,オスとメスの成虫を飼育ケースから取り出して,テーブルの上に置き,様々な角度から観察する.頭と身体はどうなっているか,足は何本で,どこから生えているか,関節はいくつあるか,指はどうなっているかなど,私が質問をしながら,長男が紙に観察した結果を書いていく.また,ノギスでオスとメスの身体の大きさを計測する.この間,虫嫌いなママは別室にて待機.長女4歳は一緒に観察.同じテーブルで,カブトムシの絵を描いていた.その絵がかなり上手いのには驚いた.

長男の自由研究「かぶとむしのけんきゅう」成虫の観察
長男の自由研究「かぶとむしのけんきゅう」成虫の観察

続いて,幼虫→蛹→成虫→卵というカブトムシの一生をまとめるために,これまでに撮影した写真から合計9枚を選択する.これらの写真を紙に貼り付け,その下に説明文を書くことにする.紙に罫線を描くなどの下準備は私の担当,長男と一緒に説明文を考えて下書きを用意するのはママの担当,そして,写真を貼付した紙に説明文を書き込むのは長男の担当.一緒に写真を貼りたいという長女も手伝う.

長男の自由研究「かぶとむしのけんきゅう」写真と記録
長男の自由研究「かぶとむしのけんきゅう」写真と記録

長男の自由研究「かぶとむしのけんきゅう」写真と記録
長男の自由研究「かぶとむしのけんきゅう」写真と記録

9枚の写真すべてに説明文が書けたところで,表紙を作成する.私がタイトルを書くマス目を鉛筆で書いて,そこに長男がマジックで「かぶとむしのけんきゅう」と書いた.長男が絵本にしたいというので,色画用紙を表紙&裏表紙にして,そこに成虫の観察記録と写真説明の紙をはさむ.

長男の自由研究「かぶとむしのけんきゅう」絵本形式完成
長男の自由研究「かぶとむしのけんきゅう」絵本形式完成

紙に穴を空け,紐で綴じたら,出来上がり.素晴らしい自由研究になった.

何より,長男が自分の頑張りと絵本形式のレポートの出来映えに満足していたのがよい.新学期に先生に見せる前に,ジジババやいとこに見せてあげるそうだ.

  One Response to “カブトムシとクワガタムシ(13) 長男の自由研究”

  1. かぶ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>