9月 012010
 

共催されているEuropean Congress of Chemical Engineering (ECCE)とInternational Congress of Chemical and Process Engineering (CHISA)に参加するため,チェコ共和国のプラハに来ている.プラハは5年ぶり,2度目の訪問だ.

ルフトハンザ航空で,関西国際空港からフランクフルトを経由してプラハへ.空港からは,学会が用意してくれたバスでホテルまで移動.片道15ユーロ.今回宿泊するホテルは,ECCE+CHISAの会場でもあるクラリオン・コングレス・ホテル・プラハだ.プラハの中心部,旧市街からは北東方向に少し離れており,メトロの共和国広場駅からは6駅目となる.それでも,メトロの駅に直結しているので,どこへ行くにも便利だ.

Clarion Congress Hotel Prague@プラハ
Clarion Congress Hotel Prague@プラハ

参加者数約1400人の会議を開催するホテルだけあって,かなり大きい.

宿泊する部屋は別館6階の一番奥だった.客室は広く近代的で,快適だ.有線および無線LANも使える.朝食付きの学会料金で,一泊98ユーロ.妥当なところだろう.

Clarion Congress Hotel Pragueの客室
Clarion Congress Hotel Pragueの客室

Clarion Congress Hotel Pragueの客室
Clarion Congress Hotel Pragueの客室

謎なのは,ウェイクアップ・コールだ.テレビで設定するようになっているのだが,設定した時間になると,テレビがつくわけでも,音楽がなるわけでもなく,ザーッという雑音がするだけ.おかしい.

クラリオン・コングレス・ホテル・プラハはショッピングモールに直結しており,そこにBILLAというスーパーがあるので,食べ物や飲み物を買うには非常に便利だ.お土産もここで買える.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>