9月 022010
 

オーケストラによるクラシックコンサートの翌日,チェコ産ワインを飲もうということになり,ストラホフ修道院の敷地内にあるペクロ(Peklo)というレストランへ出掛ける.

ストラホフ修道院はプラハ城のさらに西にあるため,宿泊しているクラリオン・コングレス・ホテル・プラハからは遠い.とりあえず,メトロでVysocanskaからMustekを経由してMalostranskaまで行き,そこからトラム22番に乗る.

トラムに乗ってペクロ(Peklo)へ@プラハ
トラムに乗ってペクロ(Peklo)へ@プラハ

地図と睨めっこしながら,ストラホフ修道院の近くでトラムを降りる.道に迷いながらも,ストラホフ修道院の入口に到着した.

ストラホフ修道院の入口@プラハ
ストラホフ修道院の入口@プラハ

ここにレストランがあると知っているから中に入るものの,知らなかったら決してわからないだろう.

ストラホフ修道院の敷地に入ると,所々にペクロ(Peklo)の看板が設置されている.その看板を頼りに,静かな林道を進む.

ストラホフ修道院にあるペクロ(Peklo)の看板@プラハ
ストラホフ修道院にあるペクロ(Peklo)の看板@プラハ

100mほど歩くと,大きな木の下に,小さな建物が見えてくる.入口があるだけの小さな建物だ.修道院の敷地にあるだけあって,雰囲気がよい.

ユニークなペクロ(Peklo)の入口@プラハ
ユニークなペクロ(Peklo)の入口@プラハ

扉を開けると,地下へと続く階段がある.その階段を下りて,矢印に従って狭い通路を進むと,レストランに出た.

雰囲気満点のペクロ(Peklo)店内@プラハ
雰囲気満点のペクロ(Peklo)店内@プラハ

ペクロ(Peklo)のあるこの場所は,12世紀頃にあった修道士会のワイン貯蔵庫だったそうだ.まさに穴場の洞窟レストランだ.凄く雰囲気がよい.

チェコワインTanzberg Mikulov@ペクロ(Peklo)
チェコワインTanzberg Mikulov@ペクロ(Peklo)

とりあえず,チェコのワインを注文する.4500円くらいの赤ワイン.

料理は,オニオン・スープとポーク・メダイヨンを選んだ.

ペクロ(Peklo)のオニオンスープ@プラハ
ペクロ(Peklo)のオニオンスープ@プラハ

普通にイメージするオニオンスープとは見た目が随分と違うが,味は濃くなく,非常に美味しかった.

ペクロ(Peklo)のポーク・メダイヨン@プラハ
ペクロ(Peklo)のポーク・メダイヨン@プラハ

ポーク・メダイヨンはクリームソースで,付け合わせはポテト.このポークも非常に美味しかった.

最後にエスプレッソをいただいた.チェコのワインと料理を満喫して,2人で2080Kc(1万円強).チップをはずんで,ペクロ(Peklo)を後にする.ビアホールで安いピルスナーや黒ビールを飲むことを思えば高くつくが,いくらチェコとは言え,ビールばかりでは芸がないので,このレストランはお勧めだ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>